トップページ > 作家名一覧 > なから始まる作家名一覧 > 中山可穂

中山可穂

中山可穂さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

中山 可穂(なかやま かほ、1960年(昭和35年) - )は、日本の小説家。1960年、愛知県名古屋市生まれ。早稲田大学教育学部英語英文科卒業。大学卒業後に劇団を主宰、作・演出・役者をこなすも、のちに解散となる。芝居をやめてからの空白の5年間を経て、30歳頃から会社員をしながら小説を書きはじめる。
1992年に「ルイジアンヌ」でTOKYO FMショート・ストーリー・グランプリを受賞。1993年に、マガジンハウスへ持ち込んだ『猫背の王子』でデビュー。1995年、「天使の骨」で第6回朝日新人文学賞を受賞。2001年、『白い薔薇の淵まで』で第14回山本周五郎賞を受賞。2002年、『花伽藍』が第127回直木三十五賞候補作品となる。
女性同士の恋愛(レズビアン)をテーマにした、切なくて純度の高い作品が多いのが特徴。初期の頃は過激な性描写とともにこのテーマを徹底的に追求する作品群で知られていた。しかし、『ケッヘル』以降、作品世界を広げ、女性同士の恋愛だけでなく、男女の恋愛や男性同士の恋愛、親子愛や広く人間愛をテーマとした作品も数多く発表している。作家自身は「ビアン作家」と呼ばれることを嫌悪しており、レズビアン小説の枠を超えた、骨太のストーリー性を有する、人間存在の根源に迫る意欲的な作品を発表し続けている。硬質で繊細な文章と、他に類を見ない濃密かつ切実な作風で知られ、極めて寡作ながら、読者の熱い支持を集めている。2001年の山本周五郎賞受賞以後、文学賞や文壇づきあいとは無縁で、マイペースな執筆活動を行っているため「孤高の全身恋愛小説家」と称されることが多い。

中山可穂新刊

  • 発売日
    2018年7月24日
  • 書名
    娘役 (角川文庫)
  • 発売日
    2018年3月24日
  • 書名
    男役 (角川文庫)

受賞歴

中山可穂関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2015.3.18 作家の読書道 第158回:中山可穂さん

    人間の魂の彷徨や恋愛を鮮烈に描き出す中山可穂さん。昨年にはデビュー作『猫背の王子』にはじまる王寺ミチル三部作の完結編『愛の国』を上梓、今年は宝塚を舞台にした『男役』が話題に。実は宝塚歌劇団は、10代の中山さんに大きな影響を与えた模様。そんな折々に読んでいた本とは、そして執筆に対する思いとは。

中山可穂関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

ako2001たいへん個人的な妄想ですが、中山可穂さん原案で女性のボンドとか見たいよー、ボンドガールもいっぱい!
lily_novel中山可穂『感情教育』 複雑な家庭環境に育った理緒と那智。ふたりが出会ったとき、すでに那智は世間的には恵まれた家庭を持つ一児の母となっていた。宿命の恋人に出会うまでの互いの道のりと、狂おしく愛し合うふたりを見舞う過酷な試練を描く。
bookmark_SHIORI三分間用の砂時計が落ちるのに、二分しかかからないことはないし、四分かかることもない。三分の砂時計はきっちり三分で落ちるようになってるんだ。【サグラダ・ファミリア[聖家族] /中山可穂】
yusabibutaキャ~❤️大好き❤️大好き❤️好きな作家中山可穂角田光代本谷有希子湊かなえ女性ばっかし。 https://t.co/Zi7HasYy1O
miyama__akira中山可穂さんの『娘役』を読んだ。あいにく宝塚には興味が持てないのだけれど、コメディタッチのやくざものとしても読めるので、ふふふと笑ってしまった(嫌なことがあってくさくさしていたのが少し中和できた)。昔懐かしの『セーラー服と機関銃』がめだか組だったのに対して、こちらは小鰐組。
zyarinnやっぱ百合小説は中山可穂とサラ・ウォーターズが二大巨匠だと思うんです。
Guthrie_kaitenサラウォーターズと中山可穂は避けて通ってはいけない道と勝手に思ってる、というか読まねば勿体無い。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
中山可穂さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)