トップページ > 作家名一覧 > なから始まる作家名一覧 > 中山可穂

中山可穂

中山可穂さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

中山 可穂(なかやま かほ、1960年(昭和35年) - )は、日本の小説家。1960年、愛知県名古屋市生まれ。早稲田大学教育学部英語英文科卒業。大学卒業後に劇団を主宰、作・演出・役者をこなすも、のちに解散となる。芝居をやめてからの空白の5年間を経て、30歳頃から会社員をしながら小説を書きはじめる。
1992年に「ルイジアンヌ」でTOKYO FMショート・ストーリー・グランプリを受賞。1993年に、マガジンハウスへ持ち込んだ『猫背の王子』でデビュー。1995年、「天使の骨」で第6回朝日新人文学賞を受賞。2001年、『白い薔薇の淵まで』で第14回山本周五郎賞を受賞。2002年、『花伽藍』が第127回直木三十五賞候補作品となる。
女性同士の恋愛(レズビアン)をテーマにした、切なくて純度の高い作品が多いのが特徴。初期の頃は過激な性描写とともにこのテーマを徹底的に追求する作品群で知られていた。しかし、『ケッヘル』以降、作品世界を広げ、女性同士の恋愛だけでなく、男女の恋愛や男性同士の恋愛、親子愛や広く人間愛をテーマとした作品も数多く発表している。作家自身は「ビアン作家」と呼ばれることを嫌悪しており、レズビアン小説の枠を超えた、骨太のストーリー性を有する、人間存在の根源に迫る意欲的な作品を発表し続けている。硬質で繊細な文章と、他に類を見ない濃密かつ切実な作風で知られ、極めて寡作ながら、読者の熱い支持を集めている。2001年の山本周五郎賞受賞以後、文学賞や文壇づきあいとは無縁で、マイペースな執筆活動を行っているため「孤高の全身恋愛小説家」と称されることが多い。

中山可穂新刊

  • 発売日
    2018年3月24日
  • 書名
    男役 (角川文庫)

受賞歴

中山可穂関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2015.3.18 作家の読書道 第158回:中山可穂さん

    人間の魂の彷徨や恋愛を鮮烈に描き出す中山可穂さん。昨年にはデビュー作『猫背の王子』にはじまる王寺ミチル三部作の完結編『愛の国』を上梓、今年は宝塚を舞台にした『男役』が話題に。実は宝塚歌劇団は、10代の中山さんに大きな影響を与えた模様。そんな折々に読んでいた本とは、そして執筆に対する思いとは。

中山可穂関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

sk_2_sakyo三聖句 | 洲央 #pixiv https://t.co/OxSykPTxbp なにかを彷彿とさせる文章だと考えてみたら中山可穂さんだ。とても静かなお話でした。
fujihideyukiブログ更新。 ジゴロ/中山可穂(2003) https://t.co/n8B9wZTkaS
tonarino_wtsk以前TLで見た中山可穂さんの「弱法師」読んだらもの凄く良かった…!卒塔婆小町は話しかけられてもガン無視で一気読み。キリキリと張り詰めていく空気に目が離せなくなった。弱法師はましましとてぃくみで脳内再生して美しいわたさくパラレル… https://t.co/PnHNlcqzhz
ktmukudoriでも、なんだろう。私この人の作風嫌いじゃない。むしろ好きだな。描写の仕方が凄く丁寧で、かつ比喩が面白い。良い面も悪い面も、しっかり伝わってくるような。中山可穂さん、おススメです
eri_new_me@__Ulysses ほんとにそう思います…!私は「悲歌」で初めて中山可穂さんを知ったんですが気がついたら泣いてました…
bloom_into_yuri百合小説は中山可穂先生のものに限る
mother1x2「恋がいつか必ず終わるものなら、恋人同士になるのはやめましょう。この世で最も美しい友になりましょう」中山可穂さんを知らなかった当時、後の恋人となるあの子が、私とは友人よりも深い友人で居たいと言いながらこの一節を説いてくれたことがあるのね、今じゃとても大切な友達だよ、不思議だね。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
中山可穂さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)