トップページ > 作家名一覧 > とから始まる作家名一覧 > 鳥越碧

鳥越碧

鳥越碧さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

鳥越 碧(とりごえ みどり、1944年5月17日 - )は、日本の小説家。女性。福岡県北九州市生まれ。1967年、同志社女子大学学芸学部英文学科(英文学専攻)卒業。商社勤務を経て、1990年、尾形光琳の生涯を描いた『雁金屋草紙』により、第1回時代小説大賞(株式会社講談社主催)を受賞、小説家デビューを果たす。以降、多数の時代小説を上梓している。
2013年10月14日、同志社同窓会の120周年記念講演会で、講演を行い、『めぐり逢い 新島八重回想記』の執筆に関して、「当初は、執筆する意欲があまりなかったが、新島襄と八重が、群馬と会津にいながら、どのように出会ったかを考えたときに興味が湧き、執筆の過程では、襄の熱意に感動した」と語った。
雁金屋草紙(1991年1月 講談社 / 1993年9月 講談社文庫)
あがの夕話(1991年10月 講談社)
後朝 和泉式部日記抄(1993年10月 講談社 / 1997年9月 講談社文庫)
百恋一首(1994年4月 講談社)
萌がさね 藤原道長室明子相聞(1996年8月 講談社 / 2000年9月 講談社文庫)
想ひ草(2001年4月 講談社)
蔦かずら(2002年1月 講談社)
衣小夜がたり(2002年7月 日本放送出版協会)
一葉(2004年2月 講談社 / 2005年2月 講談社文庫)
漱石の妻(2006年5月 講談社 / 2013年6月 講談社文庫)
兄いもうと(2007年7月 講談社)
*【改題】兄いもうと 子規庵日記(2014年8月 講談社文庫)
花筏 谷崎潤一郎・松子 たゆたう記(2008年11月 講談社 / 2014年12月 講談社文庫)
波枕 おりょう秘抄(2010年2月 講談社)
建礼門院徳子(2011年10月 講談社)
めぐり逢い 新島八重回想記(2012年11月 講談社)
秘恋 日野富子異聞(2014年12月 講談社)

受賞歴

鳥越碧関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

鳥越碧関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

qma_jidaigeki_bNo.91 (線)次の時代小説大賞を受賞した作品と作者の正しい組み合わせを選びなさい⇒雁金屋草紙―鳥越碧、流人群像 坩堝の島―藤井素介、わが胸は蒼茫た―大久保智弘
kenkoutai_chan読んだときのウワ〜〜ッ!って衝撃をいまだに思い出せるようなのはこころと金閣寺と鳥越碧の一葉と北村薫のスキップターンリセットとか、(よみきれていないんですが)北方謙三の三国志とか!小さいころよく読んでたのは重松清で、小さいころはウーンだったけどいま読むと超いい〜なのは江國香織です
kodanshabunko【本日 #悪妻の日】鳥越碧著『漱石の妻』潔癖症で重度の神経症の漱石と、大らかで大雑把な鏡子の夫婦生活は戦場そのものだった。鏡子はなぜ悪妻と呼ばれたのか? 二人はどうして別れなかったのか? 余人には窺い知れない夫婦の絆を妻の視点で描… https://t.co/vS34Luv9De
NonEffect_bot363.(ラ)1990年に『雁金屋草紙』で第1回時代小説大賞を受賞【鳥越碧】とりごえみどり「このミステリーがすごい!大賞」を『十三髑髏』で受賞2017年10月に「このミステリーがすごい!大賞」大賞を取った作家【蒼井碧】あおいぺき
honzuki_jp児玉清氏を真似するわけではないですが、本書を読んで本当に生身の一葉がぼくの中に入り込んできました。 『一葉/鳥越碧/講談社』 https://t.co/7eNAs1jhXk #本が好き
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
鳥越碧さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)