トップページ > 作家名一覧 > まから始まる作家名一覧 > 増田みず子

増田みず子

増田みず子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

増田 みず子(ますだ みずこ、1948年11月13日 - )は、日本の小説家。東京都足立区千住関屋町出身。本名、榛名みず子。
東京都立白鴎高等学校に入ったが、受験校の校風に反発して中退し、東京都立上野高等学校の定時制に再入学。のち、当時の心の傷跡を自伝的な作品『内気な夜景』の題材にした。東京農工大学農学部植物防疫科卒業。日本医科大学第二生化学教室勤務を経て「死後の関係」で小説家デビュー。
元来、男女問わず独身生活を主題とする作家だったが、1986年の『シングル・セル』はその到達点ともいうべき長編で、「シングル」という語が少し流行語となり、また話題となった。
近年は青山学院女子短期大学で創作を指導しながら、雑誌に短篇を発表している。最後の単行本は、2001年刊行の『月夜見』となる。
*1977年、「死後の関係」で新潮新人賞候補。
*1978年、「個室の鍵」で第79回芥川龍之介賞候補。
*1979年、「桜寮」で第80回芥川龍之介賞候補、「ふたつの春」で第81回芥川龍之介賞候補。
*1980年、「慰霊祭まで」で第82回芥川龍之介賞候補
*1982年、「小さな娼婦」で第86回芥川龍之介賞候補。
*1983年、「内気な夜景」で第89回芥川龍之介賞候補。
*1985年、『自由時間』で第7回野間文芸新人賞受賞。
*1986年、『シングル・ セル』で第14回泉鏡花文学賞受賞。
*1992年、『夢虫』で芸術選奨新人賞受賞。
*1993年、「顔」で第20回川端康成文学賞候補。
*1994年、「風草」で第21回川端康成文学賞候補。
*2001年、『月夜見』で第12回伊藤整文学賞受賞。
*2003年、「添い寝」で第29回川端康成文学賞候補。

受賞歴

増田みず子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2008.12.24 作家の読書道 第86回:枡野浩一さん

    口語調の短歌で、今の時代の人の気分を的確に表現し、圧倒的な人気を得ている枡野浩一さん。短歌以外にもエッセイや漫画評、小説などさまざまなジャンルで活躍、その世界を拡大させ続け、さらには膨大な知識量でも私たちを刺激してくれています。相当な読書家なのでは、と思ったら、ご本人はいきなり謙遜。しかしお話をうかがうと、意外な本の話、意外な読み方がどんどん出できました! 爆笑に次ぐ爆笑のインタビューをお楽しみください。

増田みず子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

chihio_No11グレランの課題の小説の話ふつうに続き気になるんやけど増田みず子て誰や
terasawa_takuya次の商品を購入しました:青木 健 『季刊文科 第71号 特集:増田みず子』 via @amazonJP https://t.co/rdgwQQfi7R
gohanzusi⑨色んな影響や憧れの頂点にあるのが増田みず子の小説切れ味は鋭いのにパンチは重い、そんな話が多いです理系畑だからか研究職の女性が主人公の作品も多い、とにかく人の孤独や感情の揺らぎをネットリネットリ(でも空気は乾いている)描くのがたまらんです おすすめは「水魚」と「月読見」
m_shenandoah@bitter100 一度増田みず子さんの短編でそれをやったけど、めっちゃしんどかったよ。
wak10.好きな作家:辻潤、稲生平太郎、増田みず子、景山民夫、ジョージ・オーウェル、J・G・バラード、モルデカイ・ロシュワルト好きな漫画家:岩明均、冬目景、植芝理一、黒田硫黄、遠藤浩輝(初期短編)、衛藤ヒロユキ、小路啓之、博内和代
aktagawa_senpyo[80A] 落選● 増田みず子「桜寮」 - 評・丸谷才一「前半のノイローゼへの執着は詰まらないが、後半のユーモアには注目すべきものがある。」 https://t.co/fZepRwWsbi
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
増田みず子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)