トップページ > 作家名一覧 > りから始まる作家名一覧 > 李恢成

李恢成

李恢成さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

李 恢成(り かいせい、イ・フェソン、ko|이회성、1935年2月26日 - )は、日本の小説家。樺太真岡郡真岡町出身。
1945年の敗戦後、家族で日本人引揚者とともに樺太より脱出。長崎県大村市の収容所まで行き、朝鮮への帰還を図ったが果たせず、札幌市に住む。このとき、樺太に姉を残留させたことが、その後の作品内でもトラウマとして残っていたことが語られている(在樺コリアン参照)。
北海道札幌西高等学校から、早稲田大学第一文学部露文科に進学。大学時代は留学生運動の中で活動していた。大学卒業後、最初は朝鮮語による創作をめざしたが果たせず、日本語での活動を志す。朝鮮新報社などに勤めたが、その後は朝鮮総連から離れ、1969年の群像新人文学賞受賞を期に作家生活に入る。
1972年に『砧をうつ女』で芥川賞。代表作に『見果てぬ夢』『百年の旅人たち』など。
1970年にひそかに訪韓した後、芥川賞受賞後の1972年に再び訪韓する。このときは朝鮮籍であった。しかし、その後は長期にわたって韓国政府当局から入国を拒否される。ふたたび韓国入国ができたのは、1995年11月のことであった。その後も、国籍問題を理由に何度も韓国当局との間で入国をめぐるやりとりがあった。
1998年には金大中政権発足を機会に、韓国国籍を取得する。この経験と、韓国籍取得にからんで金大中政権の発足によって大韓民国は民主化したと表現した李恢成に対し、朝鮮籍を「北でも南でもない『準統一国籍』」と考える作家・金石範が批判し、両者は雑誌媒体を通して論争を繰り広げた。

受賞歴

李恢成関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

李恢成関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

akutagawa_syou和服にパラソルをさして、日本から母は帰って来た。貧しいなかをおおらかに生きた母の生涯を清冽な文体で描く鎮魂の譜。芥川賞受賞作『砧をうつ女』李恢成
spooooonge_bom尹東柱の 道 と李恢成の またふたたびの道続いているのですね、見えないだけで。
ykuwahata@tanodano 李恢成さんの本と合わせて参考書にさせていただきます
tanodano@ykuwahata サハリンはガスがとれるので、経済発展が著しいらしいです。行った時から15年経ってますから、ずいぶん変わったでしょうね。コリア系の方と直接話す機会もありました。あるご夫婦は「李恢成は私たちの誇りだよ」とおっしゃっていましたね。
inthewall81ちなみに、後藤明生と李恢成の李浩哲をめぐる喧嘩の話、後藤論で言及している見たことないので、あまり知られていないのだろうか。『イムジン江をめざすとき』に後藤への言及があるというのは後藤自身のエッセイで知ったんだけれども。
orionaveugle李恢成さんは、自分は「引き揚げ」者ではないというアイデンティティがあり、また近頃は「地上生活者 第六部」の執筆に専念しておられ、欠席とのこと。「地上生活者」とは、卒論で扱ったドストエフスキーへのアイロニー。
yomu_kiku李恢成「サハリンへの旅」挫折。緊張感あるのを期待してたが淡々としてて乗れなかった。初出時に読んでたら感想違ったかも。そういえばチェーホフにもサハリン紀行があったがあれも挫折した。よっぽどサハリンとは相性悪いようだ。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
李恢成さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)