トップページ > 作家名一覧 > くから始まる作家名一覧 > 黒川創

黒川創

黒川創さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

黒川 創(くろかわ そう、1961年6月15日 - )は日本の評論家、小説家。本名、北澤 恒。
評論家の北沢恒彦は父。編集グループSURE主催の北沢街子は妹。作家の秦恒平は叔父。劇作家・脚本家の秦建日子は従兄弟。 
京都市出身。同志社大学文学部卒業後、幼少期から知り合いの鶴見俊輔に誘われ、「思想の科学」編集委員として評論活動を開始。1999年、「若冲の目」で小説家デビュー。
1999年『若冲の目』で第21回野間文芸新人賞候補。2001年『もどろき』で第14回三島由紀夫賞候補。「もどろき」で第124回芥川龍之介賞候補。2002年「イカロスの森」で第127回芥川賞候補。2005年『明るい夜』で第18回三島賞候補。2008年『かもめの日』で第21回三島賞候補。2009年『かもめの日』で第60回読売文学賞受賞、『明るい夜』で京都水無月大賞受賞。2013年『暗殺者たち』で第26回三島賞候補。2014年、『国境[完全版]』で第25回伊藤整文学賞(評論部門)受賞。2015年『京都』で毎日出版文化賞受賞。

受賞歴

黒川創関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

黒川創関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Namimagazine津野海太郎著『花森安治伝 日本の暮しをかえた男』の評者は黒川創さん!/原発には「商品テスト」ができるのか?(波2013年12月号)https://t.co/UL7Pu0TkGH
kaifusayoshi1日の八文字屋ライブで、豊田勇造の「困った時の道しるべ、ひとりはディランでもうひとりはあなた《鶴見俊輔》」を聴いた。ないものねだりだが、叙事詩的に(ご免なさいね)膨らませて2番、3番と続けて欲しい。黒川創「鶴見俊輔伝」(『新潮』連載中)が単行本として上梓された後に期待出来るかも。
chiharuwatabe1920年代〜30年代NY及びアメリカの東海岸にどういう日本人がいてどういう生活をしていたのか、調べる本がないかと行き当たったのが『日米交換船』鶴見俊輔、加藤典洋、黒川創 著、新潮社2006年刊。めっぽう面白い。https://t.co/C246iO84t5
beck33a【かもめの日 (新潮文庫)/黒川 創】を積読本に追加 → https://t.co/kJ82CdB6Xf #bookmeter
arishima_takeo黒川創によれば、鶴見俊輔の処女作は23歳のときに自費出版で出した『哲学の反省』(1946年)になるそうだが、これは復刊、或いは、どっかに所収されているのだろうか。読みたい。
phos_bookcafe続・小説『暗殺者たち』や、2045年の日本を舞台にした『岩場の上から』などの著者である鎌倉在住の作家、黒川創氏が自作を語る催しの案内が鎌倉文学館より届きました。先に案内したイベント展示チラシと共にフリーコーナーにあるので興味のある… https://t.co/Ctr6zsfBG9
kamakura_bunko1鎌倉文学館 春の文学館イベント「自作を語る『黒川創』」作家の黒川創氏が『岩場の上から』をはじめ、地震の作品についてお話しします。日時:3月13日(火)14時~15時、講師:黒川創氏(作家)、会場:鎌倉文学館1階講座室、定員20… https://t.co/l5rv9shQ8I
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
黒川創さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)