トップページ > 作家名一覧 > くから始まる作家名一覧 > 黒川創

黒川創

黒川創さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

黒川 創(くろかわ そう、1961年6月15日 - )は、日本の評論家・小説家。本名、北澤 恒。
評論家の北沢恒彦は父。編集グループSURE主催の北沢街子は妹。作家の秦恒平は叔父。劇作家・脚本家の秦建日子は従兄弟。 
京都市出身。同志社大学文学部卒業後、幼少期から知り合いだった鶴見俊輔に誘われ、「思想の科学」編集委員として評論活動を開始。1999年、「若冲の目」で小説家デビュー。以来、評論と小説活動を行っている。

受賞歴

黒川創関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

黒川創関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

consaba『期待と回想』鶴見俊輔(ちくま文庫)「わたしは不良少年だった」15歳で渡米、戦時下の帰国、戦後50年に及ぶ『思想の科学』の編集……自らの人生と思想を語りつくす。解説・黒川創 https://t.co/rab1KUXY8o #life954 #radiko #tbsradio
honyomu_pen似た者同士はソッポを向いて 対角線上のあなたに延長線上で出逢ったりして。『彼女のことを知っている』(黒川創/新潮社)なんか気になって読んでしまう黒川創さんです。バーで隣の見知らぬ人の会話に聞き耳を立てて そのまま反対側の知り合いに同じ話をしていたりする感じ。わかるかなぁ?
kyoto_np林静一と長い「戦後」 黒川創 https://t.co/GmYOmf76IS
keibunshabooks【1/20】黒川創『彼女のことを知っている』刊行記念トークイベント 黒川創×行司千絵「性」が人生にもたらすものを歳月とともに描きだす最新長篇小説をめぐり、京都新聞記者の行司千絵さんと黒川創さんが語りあいます。いよいよ明後日。… https://t.co/ohCdNvg7iN
sazankaQ黒川創『鶴見俊輔伝』(新潮社)を読み終えたものの、鶴見俊輔と別れ難く、今日吉祥寺で芝居を観た帰り、吉祥寺ブックスルーエで鶴見俊輔『期待と回想』(ちくま文庫)を購入(此処のブックカバーのファンなんですよ)。あら、うれしい。津野海太郎… https://t.co/U2BJSRyAEt
danae_liquid18.魔女の宅急便のシリーズと赤毛のアンのシリーズが小学校の図書館にあって、それを読んでいたような気がする。単行本で児童書っぽいけど少し大人向け、みたいな話を探していた記憶。黒川創『明るい夜』を初めて読んだのが5年生のころだったか
paiguniangao今日は四方田犬彦さんが勤務先に来てパゾリーニの講演をしてくださって、面白い話の後に一緒に飲みに行き、思いがけず黒川創さんもいらしていて、感動に打ち震えている。今夜はよく眠れそう。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    黒川創さんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)