トップページ > 作家名一覧 > しから始まる作家名一覧 > 篠田正浩

篠田正浩

篠田正浩さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

篠田 正浩 (しのだ まさひろ、1931年3月9日 - ) は、日本の映画監督。株式会社表現社代表取締役、早稲田大学特命教授、日本中国文化交流協会代表理事、城西国際大学メディア学部客員教授。
1931年3月9日、岐阜県岐阜市で生まれた。岐阜県立加納高等学校を卒業後、早稲田大学第一文学部に進学。卒業後、松竹に入社した。
1960年代にかけて大島渚、吉田喜重とともに松竹ヌーベルバーグの旗手と呼ばれた。早々に会社と衝突して独立した二人と異なり、篠田は松竹にしばらく残った後、1966年にフリーになり、翌1967年に独立プロダクションの表現社を設立した。前衛的作品も辞さない大島や吉田に比べ、篠田は平易なサービス精神も持ち合わせており、独立後の60年代後半から70年代前半は『心中天網島』(1969年)や『無頼漢』(1970年)などの先鋭的な作品を独立プロから連発したが、70年代後半からは『はなれ瞽女おりん』(1977年)や『鑓の権三』(1986年)などの大手映画会社配給の大作が多い。1990年、『少年時代』で第14回日本アカデミー賞の作品賞・監督賞を受賞。カンヌ国際映画祭のコンペティション部門へは『写楽』(1995年)など3度の出品を果たした。2003年、大作『スパイ・ゾルゲ』を最後に映画監督からの引退を発表した。
また、1986年から1987年のTBS系列番組『日本が知りたい』ではキャスターも務めた。
2016年、京都国際映画祭2016で牧野省三賞を受賞。

受賞歴

篠田正浩関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

篠田正浩関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

furuka19篠田正浩によれば、吉村公三郎の名作を換骨奪胎した増村保造『暖流』に松竹助監督室では歓声がわき起こったという。重くのしかかった松竹大船の伝統を乗り越える道を示してくれた増村保造こそ松竹ヌーヴェルバーグの鉄砲玉だったと
haebaru@pinokodomonjyo @nauchan0626 小説を読む前に映画を見てよかったと思います。篠田正浩版もぜひご覧ください。
dtbkocc春日太一『美しく、狂おしく』ピンクの短パンに金ネックレスというブルーノ・マーズのような出で立ちで登場する篠田正浩が『暗殺』の打ち上げで岩下志麻から打ち明けられた二人の未来を予感する素朴な言葉にフリーズするところがかわいい。語りに飾りがないからどの撮影現場の描写も雰囲気がいい。
icu_0828シオノギ製薬 S胃腸薬CM。(1984)篠田正浩@retoro_mode https://t.co/y6UxFNkI8V
gaylakite昨夜やっとスコセッシ版のsilenceを見たが確かに飽きずに見られてそれなりに面白かったが篠田正浩版ほどのインパクトはなかったな。まああっちは丹波哲郎出てたからなあ。もうほとんど忘れたけど。。
ryaberyabe篠田正浩の卑弥呼を久しぶりに観た岩下志麻が奇妙で強烈な美を放っている https://t.co/pNHk4BxkS6
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
篠田正浩さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)