トップページ > 作家名一覧 > しから始まる作家名一覧 > 篠田正浩

篠田正浩

篠田正浩さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

篠田 正浩 (しのだ まさひろ、1931年3月9日 - ) は、日本の映画監督。株式会社表現社代表取締役、早稲田大学特命教授、日本中国文化交流協会代表理事、城西国際大学メディア学部客員教授。
1931年3月9日、岐阜県岐阜市で生まれた。岐阜県立加納高等学校を卒業後、早稲田大学第一文学部に進学。卒業後、松竹に入社した。
1960年代にかけて大島渚、吉田喜重とともに松竹ヌーベルバーグの旗手と呼ばれた。早々に会社と衝突して独立した二人と異なり、篠田は松竹にしばらく残った後、1966年にフリーになり、翌1967年に独立プロダクションの表現社を設立した。前衛的作品も辞さない大島や吉田に比べ、篠田は平易なサービス精神も持ち合わせており、独立後の60年代後半から70年代前半は『心中天網島』(1969年)や『無頼漢』(1970年)などの先鋭的な作品を独立プロから連発したが、70年代後半からは『はなれ瞽女おりん』(1977年)や『鑓の権三』(1986年)などの大手映画会社配給の大作が多い。1990年、『少年時代』で第14回日本アカデミー賞の作品賞・監督賞を受賞。カンヌ国際映画祭のコンペティション部門へは『写楽』(1995年)など3度の出品を果たした。2003年、大作『スパイ・ゾルゲ』を最後に映画監督からの引退を発表した。
また、1986年から1987年のTBS系列番組『日本が知りたい』ではキャスターも務めた。
2016年、京都国際映画祭2016で牧野省三賞を受賞。

受賞歴

篠田正浩関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

篠田正浩関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

vissel_meigen「かつて映画監督の篠田正浩さんが『監督とは魂と魂のエージェントである』という言葉を聞きすごく印象に残っている。監督に就任するにあたり、選手の魂、サポーターの魂、そしてスタッフの魂を一つにできるように心がけたつもりでいた」加藤寛 #vissel
eigakantokubot篠田正浩 監督作品 桜の森の満開の下
DarkKnight_jp篠田正浩版とスコセッシ版「沈黙−サイレンス−」放り込む勇者TV局がいれば沈黙祭りになるんですけれども。 https://t.co/cTeIbWaL6S
aku_yu_bot(前tweetからの続き)[篠田正浩の言葉]毒を盛られたお岩の顔が変容していく壮絶な場面に、メリヤスと呼ばれる長唄が聞こえてくるのですが、その二つのシーンが私のなかではダブるのです。-『こだわり人物伝』(2008)
higedouraku@gou_tanabe 小島剛夕先生の『首斬り朝』文庫版の解説で篠田正浩監督が漫画表現の凄さを語ってます。田辺先生は草野球どころかメジャーで通用してます!新作楽しみにしてます(*´∀`*) https://t.co/R0qVtbfEXK
rinkogun“リタイアメン”紹介 川中健次郎 東京ザットマン、銀幕少年王を経て、87年より燐光群に参加。当たり役・小泉八雲を演じた『神々の国の首都』では国内外で多くの都市をまわる。篠田正浩監督『写楽』、原田眞人監督『日本のいちばん長い日』『関… https://t.co/CmdstqaUup
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
篠田正浩さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)