トップページ > 作家名一覧 > まから始まる作家名一覧 > 丸谷才一

丸谷才一

丸谷才一さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

丸谷 才一(まるや さいいち、1925年(大正14年)8月27日 - 2012年(平成24年)10月13日)は、日本の小説家、文芸評論家、翻訳家、随筆家。
主な作品に『笹まくら』『年の残り』『たった一人の反乱』『裏声で歌へ君が代』『女ざかり』など。文字遣いは、1966年から74年までを除いて、歴史的仮名遣いを使用。日本文学の暗い私小説的な風土を批判し、軽妙で知的な作品を書くことを目指した。小説の傍ら『忠臣蔵とは何か』『後鳥羽院』『文章読本』などの評論・随筆も多数発表しており、また英文学者としてジョイスの『ユリシーズ』の翻訳などにも携わった。座談や講演も多く、「文壇三大音声」(〜おんじょう)の一人と自負していた。
1925年、山形県鶴岡市馬場町乙三番地にて、開業医・丸谷熊次郎(1956年死去、74歳)とその妻・千(せん。1978年死去、85歳)との間に次男として誕生。1932年、鶴岡市立朝暘第一尋常小学校に入学、1938年、同小学校を卒業、旧制鶴岡中学校(現・山形県立鶴岡南高等学校)に入学、1943年、同中学校を卒業。中学在学中に勤労動員を体験して軍への嫌悪感を募らせる。当時の優等生は陸軍士官学校か海軍兵学校に進むことを期待されていたにも関わらず、校長の勧めを無視して上京して東京の城北予備校に1年間通学(1943年4月から1944年春)。予備校時代に作家の安岡章太郎と知り合う。1944年、旧制新潟高等学校文科乙類に入学。百目鬼恭三郎と知り合う。1学年上には編集者・作家の綱淵謙錠がいる。
1945年3月、召集(学徒動員)によって山形の歩兵第32連隊に入営し、8月15日は青森で迎え、9月に復学する。1947年3月、新潟高等学校 (旧制)を卒業。
1947年4月、東京大学文学部英文科に入学。中野好夫、平井正穂のもとで主に現代イギリス文学を研究、ジェイムズ・ジョイスを知り大きな影響を受ける。1950年3月、卒業。卒業論文は「James Joyce」(英文)。4月、同大学院修士課程に進む。修士課程時代には桐朋学園で英語教師としても勤務しており、当時の教え子には小澤征爾や高橋悠治がいたgroup="注"|「小澤征爾だって高橋悠治だって、わたしが声を張り上げて『それは猫であるべくあまりに大きすぎるからライオンにちがひない』なんてことを教えてやつたのである」と丸谷は述べている。なお丸谷と開高健 、井上光晴 は「文壇三大音声」と呼ばれていたという。。1951年1月、東京都立北園高等学校講師(1954年3月まで)。
1952年1月、篠田一士、菅野昭正、川村二郎らとともに季刊同人雑誌『秩序』(白林社)を創刊。その第1号に短編小説「ゆがんだ太陽」を掲載した。また同誌2号から7号に『エホバの顔を避けて』を連載。4月、杉並区にある高千穂高等学校の講師となる。5月、グレアム・グリーンの『ブライトン・ロック』を『不良少年』の邦題で翻訳、筑摩書房より刊行。以後英文学の翻訳を行う。
1953年9月、國學院大學の専任講師となる。1954年の春まで、同人雑誌「現代評論」の同人仲間であった山口瞳が同じ学校の学生として在籍していた。1954年4月、國學院大学助教授に昇進。ここで中野孝次らと知り合うgroup="注"|「わたしの二十代の末から十数年間の国学院時代――と名づけてゐるのですが、その国学院時代のわたしの生活にいちばん縁の深いのはこの三人(注・橋本一明、菊池武一、佐藤謙三)でした。この三人に、安東次男さんと中野孝次と永川玲二とを加へれば、わたしのあのころの、学校教師としての生活が全部出て来る。」と丸谷は述べている。。また、桐朋学園の非常勤講師となる。同年10月、東大英文科の同級生で演劇批評家の根村絢子と結婚。戸籍上は根村姓を継いだ。
1960年10月、初の長編小説『エホバの顔を避けて』を刊行。1961年、『声』1月号に小説「うぐいす笛」を発表した(単行本未収録)。『東京新聞』1961年2月から1971年3月まで、時評「大波小波」を匿名で掲載。『文藝』1962年3月号から1963年7月号まで、時評「回転木馬」を匿名で掲載。1962年、『秩序』8月号に小説「花田の帯」を発表した(単行本未収録)。『芸術生活』8月号に小説「薔薇」を発表した(単行本未収録)。1963年、『芸術生活』5月号に小説「夢の契り」を発表した(単行本未収録)。1964年、ジェイムズ・ジョイス『ユリシーズ』を永川玲二、高松雄一と共訳・刊行(上・下)。1965年3月、國學院大學を退職。東京大学英文科非常勤講師として4月より2年間「ジェイムス・ジョイス」を講義。1965年7月5日付から1967年7月12日付まで毎月2回、『読売新聞』に「貝殻一平」の名前で「大衆文芸時評」を連載。『群像』1965年12月号から1969年1月号まで、時評「侃々諤々」を匿名で掲載。1966年7月、長編小説第2作『笹まくら』を、10月、評論集『梨のつぶて』を刊行(新仮名遣いを使用)。1967年、『笹まくら』で河出文化賞を受賞。『鐘』刊行。1968年3月『年の残り』発表、7月に同作品で第59回芥川賞受賞。
1972年4月、長編第3作『たった一人の反乱』を刊行し話題となる。12月、同作品で第8回谷崎潤一郎賞受賞。以後ほぼ10年に1作のペースで長編小説を刊行する。1973年4月、評論『後鳥羽院』を刊行し翌年読売文学賞受賞。1974年7月、中編小説『横しぐれ』発表。これ以降の著作は歴史的仮名遣いを使用。1975年、「四畳半襖の下張事件」において、被告人野坂昭如の特別弁護人として出廷。
1982年8月、長編第4作『裏声で歌へ君が代』刊行。1984年4月から10月まで、東京大学文学部講師をつとめる。1985年、評論『忠臣蔵とは何か』を発表し、忠臣蔵における御霊信仰とカーニバル性について国文学者、諏訪春雄と論争を行う。同作品はこの年の野間文芸賞を受賞した。1988年、『樹影譚』で川端康成文学賞受賞。1990年、『文藝』1月号に小説「墨いろの月」を発表した(単行本未収録)。1991年、種田山頭火を扱った『横しぐれ』の英訳(デニス・キーン訳、『''RAIN IN THE WIND''』)がイギリスのインディペンデント外国小説賞特別賞受賞。
1993年1月、長編第5作『女ざかり』を刊行、ベストセラーとなる、翌年には吉永小百合主演で映画化。1993年から1995年、『紅葉全集』岩波書店 全12巻+別巻1 の編者の1人となり、その第6巻 多情多恨 青葡萄 1993年 の解説を執筆した。1995年、鶴岡市名誉市民に推戴される。1998年、日本芸術院会員に選出。1999年、評論『新々百人一首』が刊行し翌年に大佛次郎賞受賞。1990年、『新潮』2月号に小説「今は何時ですか?」を発表した(単行本未収録)。
2003年11月、長編第6作『輝く日の宮』が第31回泉鏡花文学賞を受賞。2004年1月、2003年度朝日賞を受賞。2006年10月27日、文化功労者に選ばれる。2010年2月、ジェイムズ・ジョイスの『若い藝術家の肖

丸谷才一新刊

  • 発売日
    2018年6月29日
  • 書名
    ああ、犬よ! 作家と犬をめぐる28話

受賞歴

丸谷才一関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

丸谷才一関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

tsutsui193412年に87歳で亡くなった丸谷才一さんと同じで、私も何もしないのが唯一の健康法です。
baconzulu@MIYAKE_ryutaro こんばんは。三宅様。私の考える「あっち」では「無い方」を説明するのが早いかと。失われてしまいつつある「ゐ」「ゑ」等の音を大事にする方。何事かを伝えるとき、漢字の形を大事にする方。丸谷才一、石川淳… https://t.co/XKYDYcc03l
rigyakuひょっとしたら丸谷才一よりも以前に堀田善衛の『ルイス・カトウ・カトウ君』の以下のところを読んでたので、旧仮名は書かれた通りに発音するもんだという考えがある。自分でも旧仮名を書く機会には少なくとも古来の発音を半分意識して書く https://t.co/dSViOglAZ9
qmabungaku【線結び】次の川端康成賞を受賞した小説と作者の正しい組み合わせを選びなさい[A.玉、砕ける|B.樹影譚|C.寺泊][1.水上勉|2.開高健|3.丸谷才一]→A-2、B-3、C-1
shogosurfこの図は信用を会計士目線で可視化したもので、要するに信用をお金に例えてPLとBSに当てはめたものだ。丸谷才一や齋藤孝も本に書いていたが、誰かが言っていたことを自分のホームグラウンド(ゆたさん @utahs_on の場合は会計)で… https://t.co/3Yk5hJ7PXm
misaco7thheaven直近で読んだ順・「教団X」中村文則・「挨拶はむづかしい」丸谷才一・「ナンシー関大全」ナンシー関 #あなたの3冊ツイートキャンペーン
a_word_zそれから、これは男が女に言ふのか、女が男に言ふのかわからないけれど、どつちでもよささうね、「奥山の千本道」なんてささやくのよ。これは「お前様には迷ひました」つて意味。 [丸谷才一/輝く日の宮]
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
丸谷才一さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)