トップページ > 作家名一覧 > くから始まる作家名一覧 > 久世光彦

久世光彦

久世光彦さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

久世 光彦(くぜ てるひこ、1935年4月19日 - 2006年3月2日)は、日本の演出家、小説家、実業家、テレビプロデューサー。テレビ制作会社「株式会社カノックス」創業者。テレビドラマ、小説ともに受賞多数。
歌謡曲作詞や脚本家としてのペンネームに市川 睦月(いちかわ むつき)、小谷 夏(こたに なつ)、林 紫乃(はやし しの)など。なお、兄は元参院議員・金融再生委員長を務めた久世公堯。
当時の東京市杉並区阿佐谷生まれ。
父親は陸軍軍人で転属により、小学校2年のとき北海道札幌市へ移り、終戦の年に両親の故郷・富山県富山市へ疎開し、その後高校卒業まで富山で育つ。富山市立西田地方小学校、富山大学教育学部附属中学校、富山県立富山高等学校、東京大学文学部美学美術史学科卒業後、ラジオ東京(現・TBS)入社。同期に、鴨下信一・柳井満・山本文郎らがいる。
演出家、プロデューサーとして『寺内貫太郎一家』、『時間ですよ』などテレビ史に残る数多くのテレビドラマを製作した。1979年、不倫スキャンダルが週刊誌で公となり、TBSを退社。1980年に制作会社「カノックス」を設立。
1987年に出版された処女作『昭和幻燈館』を皮切りに、作家活動を本格的に開始。小説・評論・エッセイなど幅広く執筆活動を行った。50歳を過ぎてのスタートにもかかわらずその活躍はめざましく、独自の耽美的な作風を確立して多くの文学賞を受賞。他にドラマ制作現場で文字通りの「戦友」だった向田邦子を巡るエッセイが人気を博した。
2006年3月2日、虚血性心不全のため都内の自宅で死去。1935|4|19|2006|3|2。生前はどんな病気でも入院することを嫌っていた。軽い糖尿病を患っていたほか、数年前には副交感神経関係の手術を受け、脳梗塞からの回復の途上でもあったが、死の直前まで仕事を抱えており、多くの関係者を驚かせた急死だった。2006年3月6日自宅にて通夜、翌3月7日、東京都文京区護国寺桂昌殿にて告別式が営まれた。弔辞は、小林亜星と作家の伊集院静の二人が読んだ。
2010年12月、没後から約5年を経て、妻・朋子が久世との出会いからその人柄、突然の別れまでを綴ったエッセイ『テコちゃんの時間-久世光彦との日々』を上梓した。

久世光彦新刊

  • 発売日
    2018年5月24日
  • 書名
    皆川博子の辺境薔薇館: Fragments of Hiroko Minagawa
  • イラストレーター
    林由紀子
  • 発売日
    2018年2月1日
  • 書名
    もうすぐ絶滅するという煙草について

受賞歴

久世光彦関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2009.12.1 きらら著者インタビュー 宮木あや子『太陽の庭』

    美しい人たちのことを、美しい文体を意識しながら書くことが楽しいです。  濃密で深く、耽美な世界を雅な文章で描きだす宮木あや子さん。最新作『太陽の庭』は、そんな彼女の真骨頂ともいえる幻想的な少女小説。しかし、後半はそこに現実の生々しさが入り込み、意外な様相を呈していく。本書につまったさまざまなエッセンス、それらを抽出してみると……。

  • 2007.3.1 きらら熱烈インタビュー 第20回 道尾秀介 さん

    小説を書くときは、いつも自分以外の読者は想定していません 「きらら」12月号でも取り上げた全国の書店を巻き込む、道尾秀介さんの『向日葵の咲かない夏』フェア。

  • 2001.12.31 作家の読書道:第7回 川上 弘美さん

    大人気の「作家の読書道」第7回目に登場するのは、今年「センセイの鞄」で谷崎潤一郎賞を受賞された川上弘美さん。編集部は、三鷹を訪ね、「うんうん」と頷き、澄んだ文章そのままのたおやかな言葉で話される川上さんのお話に耳を傾けました。

久世光彦関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

claustroman久世光彦が少年時代に血を流して傷つく剣士の挿絵を見て密かに性的興奮を覚えていたというエッセイを読んでからこれに近いものがいわゆるシゴキにはあるのではないかという思うようになった
boobookwords明るいところを過ぎればその先には必ず湿っぽくて暗いところがあり、楽しいことがある翌日にはどうしてかちゃんと嫌なことが待っている。美しいものの裏に回ってみれば、きっとがっかりするようなものがこっちを見て笑っている。(『怖い絵』久世光彦p125)
mitakattyan暑い・・・夏・・・夏といえばコバルトブルー・・・コバルトって言ったらあなた・・・コバルトの季節の中で・・・あれ?これ秋の歌じゃね?ってかコバルトって鉱物じゃね?鉄族元素・・・まあ、作詞が久世光彦だしいいか#ジュリー… https://t.co/PGxR5uIODt
ichidozan常田富士男さんのご冥福をお祈りいたします。常田さんといえば小生らの世代だと、どうしてもまんが日本昔話の語りが真っ先に思い出されますが、個人的には久世光彦さんのドラマでタモリとコンビの漫才師役が印象に残ってます。
henchinsaihttps://t.co/JifDUNeYdp 久世光彦演出のドラマで売れない漫才コンビの片割れを演じていたことを覚えてる人はどれだけいるやら。コンビ名が「アリスとテレス」で相方がタモリ❗エキセントリックを期待されての起用だった… https://t.co/3xMR3DoDQW
mysterybot2少年というものは、えてして〈恥〉の意識で連帯するものである。(『「死の鳥」からの帰還』/久世光彦)
wlb922『蕭々館日録』久世光彦/毎夜、〈蕭々館〉で繰り広げられる文学談義や名文暗誦合戦。芥川龍之介・菊池寛・小林征次郎。大正というほんのわずかな「小春日和」を過ごした作家たちの、無邪気な姿。それが5歳の女の子の視点で語られる。いつまでも青春の延長を続けた文士たちの物語。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
久世光彦さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)