トップページ > 作家名一覧 > よから始まる作家名一覧 > 吉田知子

吉田知子

吉田知子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

吉田 知子(よしだ ともこ、1934年2月6日 - )は、日本の小説家。
夫は詩人の吉良任市。
静岡県浜松市生まれ。名古屋市立女子短期大学経済科卒業。本姓は吉良。祖父は陸軍少将・蟹江冬蔵、父は陸軍中佐・蟹江元(はじめ)。新京(現・長春)、満州北部のナラムト等で幼年時代を過ごす。終戦時は樺太の豊原に居住しており、1947年に引き揚げる。父はソ連軍に連行され銃殺刑となったことがあとで分かった。
伊勢新聞名古屋支局の記者、浜松市の高校教諭を経て、1957年吉良任市と結婚。この間劇団にも所属し、戯曲の上演許可を求めて三島由紀夫に手紙を出し書簡が往復した。1963年より吉良任市と同人誌『ゴム』にて活動。1966年、『新潮』に「寓話」を発表して文壇デビュー、1970年、「無明長夜」で芥川賞受賞。1985年、『満洲は知らない』で女流文学賞、1992年、短篇「お供え」で川端康成文学賞、1998年、『箱の夫』で泉鏡花文学賞受賞。
2000年、第53回中日文化賞受賞。

受賞歴

吉田知子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

吉田知子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

world_wordbot一歩だけでも前進(吉田知子
kelmscott_masai『調味市七物語』各編について、オマージュした作品をまとめました。記載がないものは「吉田知子作品全般」とお考えください。「門」→「門」(『お供え』)「白線あるき」→「迷蕨」(『お供え』)「日常的生徒会」「日常的銅像/正井」→『日常的隣人』【次に続く】
ikka0w0吉田知子を知らなくても楽しめる、モブサイコホラーアンソロが東京文フリにて初売りだそうです!一作一作が本当に読み応えがあって、とてつもなくオススメ!! RT
mkmob100吉田知子×モブサイコ100胡乱なホラーアンソロジー「調味市七物語」関東初売り11/24 #文学フリマ 東京では【キ7】&【ツ17】の2箇所で頒布いたします!! ぜひお手に取ってご覧ください〜!! サンプル→… https://t.co/AVmTKx8h9q
kakari01黒澤蜜さんくらいになるともう二次創作だって言ってるのにモブサイキャラ一人も出ないんですが、説得力の強さが引きつけてくるのは間違いなくモブサイコ100の世界観だし超格好良い二次創作なんですよ!!調味市を吉田知子の世界に漬けたらどんな… https://t.co/pjTmc10dMB
kuromitsu5はい、吉田知子×モブサイコ100とこのメンバーのアンソロという状況で気の狂い具合をちょっと見誤った私は「モブサイキャラが一人も出てこないモブサイ二次」というさらに気の狂った作品を寄稿しました! 戦前の調味市が舞台の伝奇ものです! 謎のご好評を頂きホッとしております!
harusasameme「吉田知子もモブサイコも境界が揺らいだりこの世のものではない何かに触れたりするから似たようなもの」と主張したのですが、彼岸と此岸を隔てたような顔をされた。両方読めばたぶんわかるって、わかるとは……?最初に読むなら講談社文芸文庫の『… https://t.co/vaZHWHytmW
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
吉田知子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)