トップページ > 作家名一覧 > よから始まる作家名一覧 > 吉田知子

吉田知子

吉田知子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

吉田 知子(よしだ ともこ、1934年2月6日 - )は、日本の小説家。
夫は詩人の吉良任市。
静岡県浜松市生まれ。名古屋市立女子短期大学経済科卒業。本姓は吉良。祖父は陸軍少将・蟹江冬蔵、父は陸軍中佐・蟹江元(はじめ)。新京(現・長春)、満州北部のナラムト等で幼年時代を過ごす。終戦時は樺太の豊原に居住しており、1947年に引き揚げる。父はソ連軍に連行され銃殺刑となったことがあとで分かった。
伊勢新聞名古屋支局の記者、浜松市の高校教諭を経て、1957年吉良任市と結婚。この間劇団にも所属し、戯曲の上演許可を求めて三島由紀夫に手紙を出し書簡が往復した。1963年より吉良任市と同人誌『ゴム』にて活動。1966年、『新潮』に「寓話」を発表して文壇デビュー、1970年、「無明長夜」で芥川賞受賞。1985年、『満洲は知らない』で女流文学賞、1992年、短篇「お供え」で川端康成文学賞、1998年、『箱の夫』で泉鏡花文学賞受賞。
2000年、第53回中日文化賞受賞。

受賞歴

吉田知子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

吉田知子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

world_wordbot一歩だけでも前進(吉田知子
kanon_miduki最後に収録されてる吉田知子先生のお供えも良かったな 今村夏子さんと系統が似ているかもしれないことから小川洋子さんの好みがはっきりとわかる
harusasameme吉田知子の短編『お供え』は、謎が提示される冒頭からそれを探っていくうちにあらゆる物事がよくわからなくなって、そのままクライマックスで終わるのでいいですよ。文庫ならこれに収録されている。https://t.co/s9iYKAYqlA https://t.co/ImosjSclVz
fuwari_s_h_t13面白そう…!手に入れると、とうとう吉田知子さんの「お供え」を収録している蔵書が3冊になるわけですが…… https://t.co/IPfAjYWlHJ
kakari01「そう言えばこのあいだ判明したんですけど、最上啓示が洗濯洗剤のCMに出ていた時期と吉田知子が『無明長夜』で芥川賞を取った時期って被ってるんですよ」「ええーっ、マジですか!!」という会話を正井さんと普通にしてきたけど何処からも突っ込みが入らなかったですよ、昭和四十五年頃の話ですね。
genericdogs娑婆に出てきた真魚さん捕まえておにくを食べてきたんだよ〜。読んでもいない吉田知子の『極楽船の人びと』の話で死ぬほど盛り上がってしまった。極楽船乗車チェッカーとして働いてゆきたい。ちょうたのしかった…! https://t.co/f5WMMgYH0B
chloe19790324吉田知子『お供え』を買った。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
吉田知子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)