トップページ > 作家名一覧 > たから始まる作家名一覧 > 種村季弘

種村季弘

種村季弘さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

種村 季弘(たねむら すえひろ、1933年(昭和8年)3月21日 - 2004年(平成16年)8月29日)は、日本の独文学者、評論家である。
古今東西の異端的・暗黒的な文化や芸術に関する広汎な知識で知られ、クライストやホフマン、マゾッホなど独文学の翻訳の他、内外の幻想小説や美術、映画、演劇、舞踏に関する多彩な評論を展開し、錬金術や魔術、神秘学研究でも知られる。これに関連して、吸血鬼や怪物、人形、自動機械、詐欺師や奇人など、歴史上のいかがわしくも魅力的な事象を多数紹介。他方幸田露伴、岡本綺堂、泉鏡花、谷崎潤一郎をはじめとする日本文学にも深く精通し、晩年は江戸文化や食文化、温泉文化などの薀蓄をユニークなエッセーに取り上げている。
稀代の「博覧強記」として知られ、教え子の諏訪哲史は種村を “二十世紀の日本の人文科学が世界に誇るべき「知の無限迷宮」の怪人” と評している(自身が編纂した『種村季弘傑作撰Ⅰ・Ⅱ』の解説にて)。
仏文学者で評論家の澁澤龍彦との交流でも知られ、澁澤とともに日本における「幻想文学」のジャンル的な確立に貢献した。
東京市豊島区池袋に生まれる。東京都立北園高等学校を経て、1951年(昭和26年)に東京大学教養学部文科二類(現在の文科三類)入学。同級に松山俊太郎、石堂淑朗、阿部良雄、吉田喜重、藤田敏八、井出孫六などがおり前者2名とは終生深い交流があった。1953年(昭和28年)、東京大学文学部美学美術史科進学。1954年(昭和29年)、東京大学文学部独文科に転科。在学中は東京大学学生新聞編集部に所属。1957年(昭和32年)に卒業後、財団法人言語文化研究所附属東京日本語学校(現:学校法人長沼スクール東京日本語学校)に就職。
1958年(昭和33年)9月、光文社に入社。『女性自身』編集部を経て書籍部で単行本の編集にあたり、手塚治虫、田宮虎彦、結城昌治、梶山季之たちを担当。1960年(昭和35年)に光文社を退社し、フリーとなる。1964年(昭和39年)、駒澤大学専任講師。1965年(昭和40年)、グスタフ・ルネ・ホッケ『迷宮としての世界』を矢川澄子と共訳、三島由紀夫から絶賛推薦され出版した。1968年(昭和43年)、東京都立大学助教授となる。
1968年に初の単行本である評論集『怪物のユートピア』を刊行。1969年(昭和44年)の『ナンセンス詩人の肖像』では、ルイス・キャロル、エドワード・リア、モルゲンシュテルン、ハンス・アルプらの生涯と作品を紹介。ザッヘル=マゾッホなど多くのドイツ語圏の作家を翻訳、紹介した。澁澤龍彦や唐十郎らと共に1960年代 - 1970年代の、アングラ文化を代表する存在となる。
1971年(昭和46年)、都立大学を退職。1977年(昭和52年)、旧西ドイツのヴォルプスヴェーデに滞在。1978年(昭和53年)、國學院大學専任講師となり、1979年(昭和54年)に助教授を経て、1981年(昭和56年)に教授。教え子に芥川賞作家となった諏訪哲史がいる。
1995年(平成7年)、中世ドイツの女子修道院長ヒルデガルト・フォン・ビンゲンについて書いた『ビンゲンのヒルデガルトの世界』で芸術選奨文部大臣賞、斎藤緑雨賞受賞。1996年(平成8年)「温泉主義ストーンズ」で小原庄助賞を受賞、1997年(平成9年)、トゥウォルシュカ『遍歴 約束の土地を求めて』で日本翻訳出版文化賞を受賞、1999年(平成11年)、著作集『種村季弘のネオ・ラビリントス』で27回泉鏡花文学賞受賞。2001年(平成13年)、國學院大學を退職。
2004年(平成16年)8月29日、胃癌により湯河原町で死去。享年71。

受賞歴

種村季弘関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

種村季弘関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

fantastique_tanホッケのマニエリスム関係の書物は、種村季弘さんと矢川澄子女史の名訳で読めるから、是非読むといいわ。ホッケは「マニエリスム」を古典主義に反発した全ての藝術にその名前を冠しているみたいね。そこらへん、三島由紀夫のいう「デカダンス」とアナロジーに見ることができるかもしれないわ。
LSELR_botワルデマールによると、大プレイボーイは性的アヴァンチュールなどは大して眼中にはなくて、もっぱら相手の精神力を略奪することにあいつとめる猟人だそうである。/種村季弘「吸血鬼幻想」
minoru_tsubaki語り口は、初期の谷崎や佐藤春夫、牧野信一、稲垣足穂、正岡容、久生十蘭等のスタイルの絢爛たるコラージュ。背景は何もないレンガ色の下町の焼跡。【★種村季弘 怖るべき子供たちの夢 椿實】
allreviewsjp「まんまと「坐忘」にされてしまっている。やっぱり書評にならなかった。」坐忘録(美術出版社) - 著者:堀内 正和 - 種村季弘@spanart_galleryによる書評 ALL REVIEWS #書評 https://t.co/4TTGtxDBTc
otr_hakushindoおたるBook Art Week 2017会場:博信堂書店。種村季弘『書物漫遊記』。#小樽 #おたるBookArtWeek https://t.co/FlshsnE8ma
rerel3583吸血鬼に関する本で一番好きなのは種村季弘の「吸血鬼幻想」
pantryboy@NadjaMu 國學院ですかね。種村季弘『畸形の神』なくば俺の修論(鍛冶神=錬金術師=殺人鬼=不具者としてのメタル・ミャージシャン)もなかった! 種からクルティウスを習うなんて羨ましい。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
種村季弘さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)