トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 泡坂妻夫

泡坂妻夫

泡坂妻夫さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

泡坂 妻夫(あわさか つまお、1933年5月9日 - 2009年2月3日)は日本の推理作家、小説家。東京都千代田区(当時東京市神田区)出身。東京都立九段高等学校卒。筆名の"泡"の旁は正しくは"己"ではなく"巳"。本名は厚川 昌男(あつかわ まさお)。筆名は本名のアナグラムである。
東京・神田で「松葉屋」の屋号を持つ紋章上絵師(もんしょううわえし・和服に家紋を描き入れる専門の絵師)の家に生まれる。定時制で高校に通いながら約5年の会社勤めを経て、家業を継いで上絵師として働く。家業の傍ら幻影城新人賞に応募した短篇『DL2号機事件』が佳作入選して1976年に43歳で作家デビューした。
その逆説を多用する作風から「日本のチェスタトン」と呼ばれた。また、劇中で用いられているトリックのタネを書籍自体に施した『しあわせの書』や、袋綴じされているページを切り開くと内容が変化する『生者と死者』など、紙媒体でしか成立しない仕掛けを施した、遊び心と技巧が一体となった作品がある。
文章中に繰り返し符号「々」を使用しないことが知られている。
作中で活躍する探偵役としては、亜愛一郎、曾我佳城、ヨギガンジー等。作品世界はすべて繋がっているらしく、ある作品の登場人物が別シリーズの作品にチラリと登場したり、時代小説にも先祖らしき人物が現れたりする。シリーズを終了させる際にパーティ場面を設定して、これまでの全主要人物が一堂に会する恒例のパターンなど、こまかな遊びがファンを喜ばせている。
また、泉鏡花文学賞を受賞した『折鶴』、直木賞を受賞した『蔭桔梗』などは、職人の世界を舞台にした「人情もの」小説である。
奇術愛好家兼奇術師としても有名であり、1968年に第2回石田天海賞を受賞している。また、自身の名を冠した奇術の賞に厚川昌男賞がある。
作家活動と並行して家業の紋章上絵師の仕事も続け、その経験・知識から、家紋についての本も著している。
2009年2月3日、急性大動脈解離のため東京都内の病院で75歳で他界した。15年ぶりのシリーズ再開で、死の前日まで執筆した『ヨギガンジー、最後の妖術』が絶筆となった。

泡坂妻夫新刊

  • 発売日
    2018年3月6日
  • 書名
    迷蝶の島
  • 発売日
    2018年1月9日
  • 書名
    妖盗S79号 (河出文庫)
  • 発売日
    2017年12月1日
  • 書名
    夢裡庵先生捕物帳上 (徳間文庫)

受賞歴

泡坂妻夫関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2017.3.16 『人間じゃない』綾辻行人

    1987年9月5日。

  • 2016.2.8 雑誌「幻影城」に短編3本 謎の大型新人、実はあの作家

    超大作ファンタジー「グイン・サーガ」などで知られる作家の栗本薫(1953~2009)が、江戸川乱歩賞を受賞して小説家デビューした1978年に、別の名前で小説を発表していたことがわかった。

  • 2015.4.14 ミステリー作家 泡坂妻夫を総特集

    和服に家紋を描き入れる紋章上絵師とアマチュアマジシャンの顔を持ちながら、小説を書けば奇想天外なトリックで読者を煙に巻く――『文芸別冊 泡坂妻夫(あわさかつまお)』(河出書房新社)は、2009年の没後も根強い人気を持つミステリー作家を総特集。

泡坂妻夫関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Gyaradusはじめての袋とじは『生者と死者』(泡坂妻夫)でしたが、買った時点ですでに袋とじが開けられていてがっくりしました。マナーの悪い客がいるんですねブックオフって
mahiro_megane@mako_821 作品としてのベストは他の作品だろうけど、泡坂妻夫で一冊選べって言われたら、僕はこれを選ぶね
mystery_hyt今度、真護くんに泡坂妻夫『奇術探偵曾我佳城全集』(講談社文庫)を貸す予定だ。
masha9040明日は三川ミリさんの神楽坂西洋館か泡坂妻夫さんの11枚のとらんぷを読み切ってしまいたいな
hit4boy泡坂妻夫『妖女のねむり 』超常現象を扱っていながら、すっきりとこれを解いてみせます。でかい風呂敷を、あっという間に畳まれてしまったようです。殺人事件の顛末より、こちらの決着のつけ方が興味深いですね。奇術師でもある作者ならではの作品。 https://t.co/ZoaVxhydzz
tomoyukimagic@okuharayumagic マジックの世界を舞台にしたミステリの最高峰といえば、泡坂妻夫さんの『11枚のトランプ』、あの昭和感覚 (^^;) 今の世代に通じるのかなあ。
ISAOHIKETA泡坂妻夫「凧をみる武士ー宝引きの辰捕者帳」文春文庫江戸の町を見下ろす三枚の大凧には、なぜか小判が結びつけられていた……。表題作ほか、古道具屋で見つかったご禁制品の謎(「とんぼ玉異聞」)など、江戸情緒溢れる事件に神田千両町の辰親分が挑む。逸品四編の競演です。(解説)長谷部史親
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
泡坂妻夫さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)