トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 赤江瀑

赤江瀑

赤江瀑さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

赤江 瀑(あかえ ばく、本名:長谷川 敬〈はせがわ たかし〉、1933年4月22日 - 2012年6月8日)は、日本の小説家。主に芸能や工芸の世界を舞台にした、耽美的、伝奇的な作風で、熱烈な支持者を持つ。
『オイディプスの刃』で第1回角川小説賞を受賞、『海峡』『八雲が殺した』で泉鏡花文学賞を受賞している。
*1933年 山口県下関市で、教員の両親の間に6人兄弟の次男として生まれる。本名:長谷川敬。戦争中は豊浦郡豊東村に疎開。
*1952年 溝口健二に憧れ映画監督を志し、日本大学藝術学部演劇科に入学。在学中は詩の同人誌「詩世紀」に参加。その後「個人的な芸術作業」への関心が深まって、映画への意欲が薄れ、1955年に中退する。
*1958年 ラジオドラマの懸賞募集に入賞したことをきっかけに放送作家となり、主にNHK中国管区のラジオ、TVドラマ、ドキュメンタリーなどを手掛ける。
*1968年 明治百年記念懸賞演劇脚本募集(毎日新聞社主催、松竹後援)に「大内殿闇路」(長谷川敬名義)を応募、最終選考13篇に残り「大劇場用演劇制作の力量を備えている」との選評で小説を書く決心をする。
*1970年 「ニジンスキーの手」を『小説現代』に発表し、小説現代新人賞を受賞。以後、中間小説誌などに作品を発表する。
*1972年 山口県芸術文化振興奨励賞を受ける。
*1973年 『罪喰い』で直木賞候補。
*1974年 『オイディプスの刃』で角川小説賞を受賞。
*1975年 『金環食の影飾り』で直木賞候補。
*1983年 『海峡』『八雲が殺した』で泉鏡花文学賞を受賞。
*2012年6月8日、心不全のため山口県下関の自宅で死去。1933|4|22|2012|6|8。

赤江瀑新刊

  • 発売日
    2019年9月5日
  • 書名
    オイディプスの刃 (河出文庫)

受賞歴

赤江瀑関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2016.7.30 【書評倶楽部】『炎と苗木』田中慎弥著には「壇ノ浦文学」の系譜が潜む 京セラ元会長・伊藤謙介

    気鋭の作家、田中慎弥氏は山口県出身だ。壇ノ浦をのぞむ風土は、中原中也や種田山頭火、金子みすゞなど、特異な作家を育んできた。なかでも耽美(たんび)派の俊英、赤江瀑のめくるめく情念の世界は、私をとりこにした。

  • 2012.12.19 作家の読書道 第132回:池井戸潤さん

    すべての働く人を元気にさせるエンターテインメント作品を発表し続け、昨年『下町ロケット』で直木賞に輝いた池井戸潤さん。幼い頃から「みんなが元気になる小説が書けたら」と思っていたのだとか。

  • 2012.6.18 赤江瀑氏死去

    赤江瀑氏(あかえ・ばく=作家、本名・長谷川敬=はせがわ・たかし)8日、心不全のため死去、79歳。故人の遺志で葬儀は行わない。喪主は弟、友紀(とものり)氏。

赤江瀑関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

sengaiakiyuki蘭奢待が出てくるフィクションで思い出すのが池田敏春監督の映画『くれないものがたり』だけど(赤江瀑の原作には出てこない)、「蘭奢待を焚くために足利義政は応仁の乱を起こし、織田信長は比叡山を焼いた」というなかなかトンデモな説明があったのを憶えている。
kowloonet即位関連で剣の話をTLでみかける度に赤江瀑の「草薙剣は沈んだ」を思い出すのでKindleで出てないか探したら元々入ってた「美神たちの黄泉」も赤江氏自選の「夜叉の舌」も電子化ないっぽい…他タイトルの短編集に収録されてる可能性あるけど表題作以外の収録作わかりづらい;
smokecompanyH) 『オイディプスの刃』(赤江瀑/河出文庫)を読了。これは久しぶりにこれちょっと読んで…!となっている。何だろTLの人に通じる感じで言うと、一本の樹木があって、乾いた風の吹く方向に荒々しく伸びる枝が寿行なら、青緑の水面に艶やかで滴るような色で低く伸びる枝が赤江瀑。
mariririn6『赤江瀑を透して向こうを見ると、外界が歪むのである。そうして、歪んだ情景が心地よくなる。そこに身を添わせていたくなる。』解説にあった皆川博子の追悼文が美しすぎる。河出文庫、復刊ありがとう! https://t.co/bWwNXWyNhy
ehonfbot起きぬけにホテルのベッドで飲んだたっぷりと冷えた牛乳。熟れたバナナ。熱いシャワー。開いた三面鏡の奥で待ちかまえ、いきなり眩しい河のようにあふれて走ったきんいろの密かな太陽。(禽獣の門 赤江瀑)
ita_suruga@n1c0_0217 反応いただき、ありがとうございます!!これは難しいぞ(笑)いろんな作家さんが大好きですし、少なからず身にはなっていると思うのですが。強いて言えば赤江瀑さんかな。ニッチすぎる…
gekogekoそうまの女たちは何を買うのかな。確か赤江瀑も河出にあるな…
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
赤江瀑さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)