トップページ > 作家名一覧 > こから始まる作家名一覧 > 小嵐九八郎

小嵐九八郎

小嵐九八郎さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

小嵐 九八郎(こあらし くはちろう、1944年7月31日 - )は、秋田県能代市出身の小説家、歌人。 本名、工藤永人。
神奈川県立川崎高等学校、早稲田大学政治経済学部卒業。大学在学中から新左翼運動に身を投じ、社青同解放派で活動し、通算5年の服役経験を持つ。歌人としての筆名は米山信介だったが、現在は小嵐九八郎に統一。「未来」短歌会にて岡井隆に師事。方言を大胆に取り入れた軽快な作風を、小説においても短歌においても統一している。
1992年、『鉄塔の泣く街』で第106回直木三十五賞候補。
1993年、『清十郎』で第108回直木三十五賞候補。
1994年、『おらホの選挙』で第110回直木三十五賞候補、『刑務所ものがたり』で第16回吉川英治文学新人賞受賞。
1995年、『風が呼んでる』で第112回直木三十五賞候補。

受賞歴

小嵐九八郎関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

小嵐九八郎関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

geldfeldのち、小嵐九八郎「蜂起には至らず(新左翼死人列伝)」でこれが言及されていることを知る。小嵐のこれは面白い書だった。ある人から教えてもらう。
yume06200408遠い風近い風[小嵐九八郎]最も冷える声 - 秋田魁新報 https://t.co/fMoOtves1N
sakigake遠い風近い風[小嵐九八郎]最も冷える声 https://t.co/KxJLxwK6MI https://t.co/asbtjhatXb
HerriotItou昔、腹を抱えて笑いながら読んだ本が、行方不明になって25年ぶりにご対面した。自分の書棚というか段ボール箱からはまだ見つけてはいないのだけれど、移動図書館の閉架書庫にあった。『おらホの選挙』小嵐九八郎著 講談社刊がその本だ。津軽の方言と風習と選挙があんべ良く混ざりあってんのしゃ。
JPmysteryBD小嵐 九八郎(こあらし くはちろう、1944年7月31日 - )『鉄塔の泣く街』『おらホの選挙』
toshoshimbun【目次⑦】◆連載◆娯楽トンボの眼(小嵐九八郎)、本が好き!、読書絵日記(秋竜山)、〈ディストピア=現実〉論(藤田直哉)、シネマの吐息(睡蓮みどり)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
小嵐九八郎さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)