トップページ > 作家名一覧 > ほから始まる作家名一覧 > 堀江敏幸

堀江敏幸

堀江敏幸さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

堀江 敏幸(ほりえ としゆき、1964年1月3日 - )は、日本の小説家、フランス文学者、早稲田大学文学学術院教授。
岐阜県多治見市生まれ。岐阜県立多治見北高等学校を経て、早稲田大学第一文学部フランス文学専修卒業。東京大学大学院人文科学研究科フランス文学専攻博士課程単位取得退学。その間にパリ第3大学博士課程留学。
1994年より、フランス留学経験を随筆風に綴った『郊外へ』を白水社の雑誌『ふらんす』に連載。1995年に単行本化され、小説家デビューを果たす。 2001年、『熊の敷石』で第124回芥川龍之介賞受賞。2004年より明治大学理工学部教授、2007年に早稲田大学文学学術院教授に就任。2009年より早稲田大学短歌会会長を務める。
堀江ゼミの出身者には朝井リョウやカニササレアヤコなどがいる。2007年に自身の作品「送り火」(『雪沼とその周辺』所収)がセンター試験国語の問題に出題された際に、試験監督としてその様子を見守っていたというエピソードがある。

受賞歴

堀江敏幸関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

堀江敏幸関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

koyama3333333堀江敏幸を読んだ。ま、描写は緻密で印象に残る表現も少しはあったけど、だから何?っていう作品で、それが無理やりこじつければ同時代性ということなんだろうけど、もう二度と読む必要はない。
tonton1965渡部直巳は堀江敏幸を評価してるのかな。高級な村上春樹みたいな感じがするんだが
akutagawa_syou「なんとなく」という感覚に支えられた違和と理解。そんな人とのつながりはあるのだろうか。フランス滞在中、旧友ヤンを田舎に訪ねた私が出会ったのは、友につらなるユダヤ人の歴史と経験、そして家主の女性と目の見えない幼い息子だった。芥川賞受賞作『熊の敷石』堀江敏幸
honnotane_com@wakkyhr 堀江敏幸さんは、新潮文庫に所収されている『おぱらばん』なども、入口としてはとても読みやすいです。
honnohamumushi堀江敏幸『河岸忘日抄』を読む。以前読んでいたとき、私は躊躇うことを忙殺していたのか、うわ滑っていた言葉が、今は静かに積もる。進まない船で暮らし、書物のイメージや他者の言から織りなす躊躇いの思考運動。逡巡とは、〈生き続ける〉ことなの… https://t.co/d2zzRRSafi
kae_poneあと、巻末エッセイを書いてる堀江敏幸という作家さんが最近ネットでたどり着いた先の文章なんかにも時々出てきて、運命を感じるのでこれを読んだら開拓していくつもり。
LibrarySapporo『音楽のよろこび』#吉田秀和 音楽評論の第一人者の初めての対談集。「最高の演奏家」など、半世紀に及ぶ、柴田南雄、遠山一行、武満徹、堀江敏幸ら全11人と。音楽評論の…買う : https://t.co/aOpUIitun4https://t.co/EOCMlo1uxZ
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
堀江敏幸さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)