トップページ > 作家名一覧 > ほから始まる作家名一覧 > 堀江敏幸

堀江敏幸

堀江敏幸さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

堀江 敏幸(ほりえ としゆき、1964年1月3日 - )は、日本の小説家、フランス文学者、早稲田大学教授。
岐阜県多治見市生まれ。岐阜県立多治見北高等学校を経て、早稲田大学第一文学部フランス文学専修卒業。東京大学大学院人文科学研究科フランス文学専攻博士課程単位取得退学。その間にパリ第3大学博士課程留学。
1994年より、フランス留学経験を随筆風に綴った『郊外へ』を白水社の雑誌『ふらんす』に連載。1995年に単行本化され、小説家デビューを果たす。 2001年、『熊の敷石』で第124回芥川龍之介賞受賞。2004年より明治大学理工学部教授、2007年に早稲田大学文学学術院教授に就任。2009年に早稲田大学短歌会会長に就任。

堀江敏幸新刊

  • 発売日
    2018年8月1日
  • 書名
    アンデル 2018年8月号
  • 発売日
    2018年7月28日
  • 書名
    その姿の消し方 (新潮文庫)
  • 発売日
    2018年6月11日
  • 書名
    オールドレンズの神のもとで

受賞歴

堀江敏幸関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

堀江敏幸関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

luisoitoi堀江敏幸の小説が大好きだが河岸忘日抄だけはなぜか完走できず、何度も真ん中あたりまで読み返していて多分一番時間をかけて読んでいる小説、読み終わりたくない
yukunoki1027堀江敏幸「河岸忘日抄」読了。読み終わってしまうと寂しい。ためらうことは誰にでもできることではないし、背中を押す圧をやり過ごすことこそ忍耐を必要とするのではないかと思った。途中から枕木さんの助言にすがってしまうようだった。
UkawaMatsu堀江敏幸の新刊が出ていたので読みたい
icchan0000諸々、心鬱屈することが多い日々、平凡社ライブラリーの堀江敏幸『書かれる手』と岩波文庫インゲボルグ『三十歳』を注文するも、どちらも在庫なしで取り寄せ。とりあえず堀江敏幸『ゼラニウム』を再読して気持ちを落ち着ける。明けない夜はないとしても、いつ明けるか解らない闇にはやはり不安も募る。
cakes_PR『熊の敷石』で第124回芥川龍之介賞受賞。他にも三島由紀夫賞、川端康成文学賞、谷崎潤一郎賞、読売文学賞など数々の文学賞を受賞し、現在は芥川賞の選考委員を務める作家・仏文学者の堀江敏幸さん。しかし、自身が書いているのは、小説かどうか… https://t.co/8bFG4SPDzl
DT_humanity代官山 蔦屋書店では9月に5夜連続の文芸フェスを開催!いずれも19時スタートで1500円です。9・10(月)の第一夜は堀江敏幸先生の「文学柔夜話(やわやわ)スペシャル!」。トーク70分、そのあとサイン会がございます。お申し込みは03-3770-2525(代表番号)へ!
togakukai◎過去の勉強会テーマ:文学江戸川乱歩『江戸川乱歩傑作選』小島信夫『抱擁家族』柴崎友香『きょうのできごと』西尾維新『掟上今日子の備忘録』堀江敏幸『雪沼とその周辺』宮内悠介『ヨハネスブルグの天使たち』エンデ『自由の牢獄』ドストエフスキー『地下室の手記』
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
堀江敏幸さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)