トップページ > 作家名一覧 > ほから始まる作家名一覧 > 堀江敏幸

堀江敏幸

堀江敏幸さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

堀江 敏幸(ほりえ としゆき、1964年1月3日 - )は、日本の小説家、フランス文学者、早稲田大学教授。
岐阜県多治見市生まれ。岐阜県立多治見北高等学校を経て、早稲田大学第一文学部フランス文学専修卒業。東京大学大学院人文科学研究科フランス文学専攻博士課程単位取得退学。その間にパリ第3大学博士課程留学。
1994年より、フランス留学経験を随筆風に綴った『郊外へ』を白水社の雑誌『ふらんす』に連載。1995年に単行本化され、小説家デビューを果たす。 2001年、『熊の敷石』で第124回芥川龍之介賞受賞。2004年より明治大学理工学部教授、2007年に早稲田大学文学学術院教授に就任。2009年に早稲田大学短歌会会長に就任。
堀江ゼミの出身者には朝井リョウなどがいる。2007年に自身の作品「送り火」(『雪沼とその周辺』所収)がセンター試験国語の問題に出題された際に、試験監督としてその様子を見守っていたというエピソードがある。

堀江敏幸新刊

  • 発売日
    2019年12月12日
  • 書名
    深淵と浮遊 現代作家自己ベストセレクション (講談社文芸文庫)
  • 発売日
    2019年11月12日
  • 書名
    ユリイカ2019年12月臨時増刊号 総特集=装幀者・菊地信義
  • 発売日
    2019年10月25日
  • 書名
    掌篇歳時記 秋冬

受賞歴

堀江敏幸関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

堀江敏幸関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

DT_humanity代官山蔦屋書店では五夜連続の「文芸フェス2020春の陣」を開催!いずれも19時開始で1500円。3/5(木)の第4夜はクラフト・エヴィング商會・吉田篤弘さん・浩美さん×堀江敏幸先生のトークショー「ラジオ・やわやわ」です。ご予約は0… https://t.co/bkdpkIsz9x
akutagawa_syou「なんとなく」という感覚に支えられた違和と理解。そんな人とのつながりはあるのだろうか。フランス滞在中、旧友ヤンを田舎に訪ねた私が出会ったのは、友につらなるユダヤ人の歴史と経験、そして家主の女性と目の見えない幼い息子だった。芥川賞受賞作『熊の敷石』堀江敏幸
moikahvila【2.29喫茶ひとりじかん】堀江敏幸『雪沼とその周辺』を読む。ゆりの木通り読書会のご案内|岩間 洋介(Moi) #note https://t.co/axlb5AODFr
af9_hu永遠に続いていて欲しくて読むのを途中でやめた作品、堀江敏幸/その姿の消し方 もだ。 そちらは泣く泣くじっくり読み終えたけど…(最高の経験だった…)
end_of_hitsuji堀江敏幸さん『その姿の消し方』フランスの古物市で入手した絵はがきに書かれた詩の作者アンドレ・ルーシェを追う小説。不明の輪郭をなぞっていく語り手と周辺の人々の対話や、詩の考察・発見によって浮かんでくるルーシェの姿は曖昧なスケッチに… https://t.co/Wc8w95nJNs
Namimagazine堀江敏幸著『その姿の消し方』刊行記念インタビュー!/幻の「詩人」を求めて(波2016年2月号)https://t.co/jTsnggHMOd
makeanovel米国の小説の筋書きを堀江敏幸さんが紹介してたやつ思い出す。細菌兵器の実験所のマウスが1匹だけ脱走して貯水槽に落ちてそこの水を飲んだ人が感染して、全員即死みたいになってとかいう話だったような。武漢にそういう研究所があるのはやはり単なる偶然だとは思えいなと。故意か事故かはしらんけど。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
堀江敏幸さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)