トップページ > 作家名一覧 > ほから始まる作家名一覧 > 堀江敏幸

堀江敏幸

堀江敏幸さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

堀江 敏幸(ほりえ としゆき、1964年1月3日 - )は、日本の小説家、フランス文学者、早稲田大学教授。
岐阜県多治見市生まれ。岐阜県立多治見北高等学校を経て、早稲田大学第一文学部フランス文学専修卒業。東京大学大学院人文科学研究科フランス文学専攻博士課程単位取得退学。その間にパリ第3大学博士課程留学。
1994年より、フランス留学経験を随筆風に綴った『郊外へ』を白水社の雑誌『ふらんす』に連載。1995年に単行本化され、小説家デビューを果たす。 2001年、『熊の敷石』で第124回芥川龍之介賞受賞。2004年より明治大学理工学部教授、2007年に早稲田大学文学学術院教授に就任。2009年に早稲田大学短歌会会長に就任。

堀江敏幸新刊

  • 発売日
    2018年1月18日
  • 書名
    作家と楽しむ古典 土左日記 堤中納言物語 枕草子 方丈記 徒然草
  • 発売日
    2017年12月1日
  • 書名
    アンデル 2017年12月号
  • 発売日
    2017年10月1日
  • 書名
    アンデル 2017年10月号

受賞歴

堀江敏幸関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

堀江敏幸関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

jimbunshoin津島佑子コレクション『大いなる夢よ、光よ』が発売されました。囚われなき情愛を通じて、人生を再び歩み始めるための道程を描く傑作。解説は堀江敏幸さん。『悲しみについて』『夜の光に追われて』とあわせて三部作を構成していますが、どの作品か… https://t.co/TipmK7LkzZ
inamura_do『河岸忘日抄』 堀江敏幸(新潮社2005)を再読し始める。『オープン・シティ』 テジュ・コール(新潮社2017)と並行して読み進める。
momijipt近代文学、特に海外文学に詳しい人に、何を読めばいいか指南してほしいなぁそういう選書サービスがあったら課金するのになぁと考えて、春樹さんと堀江敏幸さんがそういうのやってた(翻訳のシリーズ)と自己完結してしまったんだけど、選書サービスしてくれる人がいればお金出す。
takeharu811本屋へゆきたい。あと堀江敏幸さんのご講演をまた、聴きたい……。8月に聴いたのがほんとうにすてきで。お声を聴くだけで内心きゃーきゃードッカンドッカンだったんですよ、もう。他の方が声優さんのトークイベントなどで盛り上がってらっしゃる気持ちが、たぶんあのとき初めて実感できました。→
AwardAuthor「なんとなく」という感覚に支えられた違和と理解。そんな人とのつながりはあるのだろうか。フランス滞在中、旧友ヤンを田舎に訪ねた私が出会ったのは、友につらなるユダヤ人の歴史と経験、そして家主の女性と目の見えない幼い息子だった。芥川賞受賞作『熊の敷石』堀江敏幸
siro_xx堀江敏幸(41)芥川龍之介「蜜柑」: 日本経済新聞 https://t.co/bcTjJjBRyo 檸檬の話ししながら蜜柑の話ししてる…
toiwata(傍らにいた人)堀江敏幸(41)芥川龍之介「蜜柑」  気鬱な世界を変えた投擲:日本経済新聞 https://t.co/UCZr6BflN6 "先刻までの暗色が一転、「暖な日の色」になって世界の鼓動がはじまる。「私」は「一切を了解した」。"
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
堀江敏幸さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)