トップページ > 作家名一覧 > ほから始まる作家名一覧 > 堀江敏幸

堀江敏幸

堀江敏幸さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

堀江 敏幸(ほりえ としゆき、1964年1月3日 - )は、日本の小説家、フランス文学者、早稲田大学教授。
岐阜県多治見市生まれ。岐阜県立多治見北高等学校を経て、早稲田大学第一文学部フランス文学専修卒業。東京大学大学院人文科学研究科フランス文学専攻博士課程単位取得退学。その間にパリ第3大学博士課程留学。
1994年より、フランス留学経験を随筆風に綴った『郊外へ』を白水社の雑誌『ふらんす』に連載。1995年に単行本化され、小説家デビューを果たす。 2001年、『熊の敷石』で第124回芥川龍之介賞受賞。2004年より明治大学理工学部教授、2007年に早稲田大学文学学術院教授に就任。2009年に早稲田大学短歌会会長に就任。
堀江ゼミの出身者には朝井リョウなどがいる。2007年に自身の作品「送り火」(『雪沼とその周辺』所収)がセンター試験国語の問題に出題された際に、試験監督としてその様子を見守っていたというエピソードがある。

堀江敏幸新刊

  • 発売日
    2018年11月2日
  • 書名
    傍らにいた人
  • 発売日
    2018年11月2日
  • 書名
    フランス文学を旅する60章 (エリア・スタディーズ)
  • 発売日
    2018年8月1日
  • 書名
    アンデル 2018年8月号

受賞歴

堀江敏幸関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

堀江敏幸関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

maruyaessai東大仏文科の卒業論文は日本語で書いて、フランス語の要約を添へる。長く仏文の教授であつた菅野昭正は、日本語の文章が最も巧みな学生として、奥本大三郎、鹿島茂、堀江敏幸の三人をあげた。なるほど、と納得のゆく顔ぶれである。蛇は寸にして何とやらであつたわけか。『蝶々は誰からの手紙』
honzuki_jp本と共に感じた温度、匂い、音、景色、五感で感じた細やかな記憶から呼び起こされる感情を巡る、硬質で美しい随想。 『傍らにいた人/堀江敏幸/日本経済新聞出版社』 https://t.co/AGCCWVz8PY #本が好き
T_TanedaボカロP kemu(堀江晶太)の父親、特定かな芥川賞作家 堀江敏幸名字同じ、共通して岐阜県生まれ父親としても違和感ない年齢同じ芸術系統、ほぼ確定だろうな https://t.co/33SZEieoQm
hirakuk書籍部にて、『彼方の本 間村俊一の仕事』(筑摩書房)を購う。好きで購う本の装幀が間村さんであることが多い。本書に「「とびどく」を持たない山猫」という一文を寄せている堀江敏幸さんしかり、種村季弘さんしかり。本書はそんな間村さんの作品集であり、創作論や俳句まで収められている。
ttchar堀江敏幸『河岸忘日抄』。https://t.co/IzMO2cixSR今年のクリパのプレゼント本にもしました。架空のフランスの川岸を舞台に緩やかに物語が進行していきます。ちびりちびりと日常を忘れて味わうように読むのにこれほど適した… https://t.co/5CbtF6FGRD
Henako2 #猫町倶楽部で課題本にして欲しい 代理にてつぶやきます! 名古屋猫町のカノンさんより。堀江敏幸さんの『河岸忘日抄』。やりましょう‼️宜しくお願いします。 https://t.co/px7lMUIWap
Labrad28そして予約していたヒュプネロートマキア・ポリフィリとh●nt●の3%還元で買った堀江敏幸作品がしこたま届いた。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
堀江敏幸さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)