トップページ > 作家名一覧 > ほから始まる作家名一覧 > 堀江敏幸

堀江敏幸

堀江敏幸さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

堀江 敏幸(ほりえ としゆき、1964年1月3日 - )は、日本の小説家、フランス文学者、早稲田大学教授。
岐阜県多治見市生まれ。岐阜県立多治見北高等学校を経て、早稲田大学第一文学部フランス文学専修卒業。東京大学大学院人文科学研究科フランス文学専攻博士課程単位取得退学。その間にパリ第3大学博士課程留学。
1994年より、フランス留学経験を随筆風に綴った『郊外へ』を白水社の雑誌『ふらんす』に連載。1995年に単行本化され、小説家デビューを果たす。 2001年、『熊の敷石』で第124回芥川龍之介賞受賞。2004年より明治大学理工学部教授、2007年に早稲田大学文学学術院教授に就任。2009年に早稲田大学短歌会会長に就任。
堀江ゼミの出身者には朝井リョウなどがいる。2007年に自身の作品「送り火」(『雪沼とその周辺』所収)がセンター試験国語の問題に出題された際に、試験監督としてその様子を見守っていたというエピソードがある。

堀江敏幸新刊

  • 発売日
    2018年11月2日
  • 書名
    傍らにいた人
  • 発売日
    2018年11月2日
  • 書名
    フランス文学を旅する60章 (エリア・スタディーズ)

受賞歴

堀江敏幸関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

堀江敏幸関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

V_7k0_S雪沼とその周辺/堀江敏幸これを大会で読んだ高校放送朗読部門出身者は同世代ですどうぞよろしく。短編集。1文がメチャクチャ長いのに不思議とストンと落ちてくる説得力があります。こういう文章が好きです。 https://t.co/LqyOQHjd34
ratiohecate2今回ツイキャスで取り上げる作品は以下の通りです。堀江敏幸「雪沼とその周辺」町屋良平「青が破れる」島本理生「リトル・バイ・リトル」他にも読了済み作品をちょっと取り上げたりするのでお楽しみいただけたら幸いです https://t.co/GYvBxxrDMs
Iwanamishoten2/17毎日新聞「今日の本棚」に,赤坂憲雄『武蔵野をよむ』( https://t.co/VhqqeKM37V )の書評(堀江敏幸さん)が掲載されました.☞ https://t.co/Co5DDyZl23 「独歩の作品を,文学の領… https://t.co/aA0PdQUDOz
akutagawa_syou「なんとなく」という感覚に支えられた違和と理解。そんな人とのつながりはあるのだろうか。フランス滞在中、旧友ヤンを田舎に訪ねた私が出会ったのは、友につらなるユダヤ人の歴史と経験、そして家主の女性と目の見えない幼い息子だった。芥川賞受賞作『熊の敷石』堀江敏幸
pigmanmoss@kangarooharuki はは、何か逆にドストエフスキー読みたくなってきた!(笑)ちなみに大江先生もそうだけど、オレ、堀江敏幸も結構くじけるんだよねー。どうしても寝てしまう(笑)良いと聞いて何冊か買ったんだけど、読了できたの… https://t.co/RPxp0RbY6L
renart0727いつか、純文学界隈のみをターゲットにした東京ホテイソン風漫才を作って、大滝瓶太先生と滑り倒したいな(「いぃーーーーーーーーや、コンビニ人間の発行部数ぅ!!!!!!!」とか「いぃーーーーーーーーや、堀江敏幸の選評の構成力ぅ!!!!!!!」とか言う)
ralutake”独歩の散策は、時代と空間、さらに季節を限定した現在の旅だったが、それは昔の武蔵野へのまなざしの継承なのか断絶なのか" / 1件のコメント https://t.co/dAwrp4IOpZ “今週の本棚:堀江敏幸・評 『武蔵野をよむ… https://t.co/giAOAql96O
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
堀江敏幸さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)