トップページ > 作家名一覧 > ほから始まる作家名一覧 > 堀江敏幸

堀江敏幸

堀江敏幸さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

堀江 敏幸(ほりえ としゆき、1964年1月3日 - )は、日本の小説家、フランス文学者、早稲田大学教授。
岐阜県多治見市生まれ。岐阜県立多治見北高等学校を経て、早稲田大学第一文学部フランス文学専修卒業。東京大学大学院人文科学研究科フランス文学専攻博士課程単位取得退学。その間にパリ第3大学博士課程留学。
1994年より、フランス留学経験を随筆風に綴った『郊外へ』を白水社の雑誌『ふらんす』に連載。1995年に単行本化され、小説家デビューを果たす。 2001年、『熊の敷石』で第124回芥川龍之介賞受賞。2004年より明治大学理工学部教授、2007年に早稲田大学文学学術院教授に就任。2009年に早稲田大学短歌会会長に就任。
堀江ゼミの出身者には朝井リョウなどがいる。2007年に自身の作品「送り火」(『雪沼とその周辺』所収)がセンター試験国語の問題に出題された際に、試験監督としてその様子を見守っていたというエピソードがある。

堀江敏幸新刊

  • 発売日
    2019年10月25日
  • 書名
    掌篇歳時記 秋冬
  • 発売日
    2019年10月18日
  • 書名
    戸惑う窓 (中公文庫 ほ)
  • 発売日
    2019年8月10日
  • 書名
    子午線を求めて (講談社文芸文庫)

受賞歴

堀江敏幸関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

堀江敏幸関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kumashika36それにしても遠藤周作さんの「深い川」ドストエフスキーの「カラマーゾフの兄弟」カラマーゾフのアリョーシャの言葉の深みの欠片を教えてくれた「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」村上春樹さん。「雪沼とその周辺」堀江敏幸さん。ディープリバー
lmng112外ではまだ嵐が吹き荒れる中、ふくよかなアルバムを何枚か流し堀江敏幸さんの本を読んでいる 良い作品を聴くと自然と呼吸が深くなる 身体に酸素が回り雑念が消えふーっと、穏やかな気持ちになる
sora_mitsu昨日まで、夜の読書に堀江敏幸『燃焼のための習作』を読んでいた。読み終えたくなくて、読み進むほどに読むペースが落ちていった。雷雨に降り籠められた一室での会話劇。今年も乾いた秋を迎えているこの地で、この本を読む間は、雨の気配がずっと傍らにあるようだった。
mitsukinotweetダディとママは二人で一つのスマホでAmazonプライム観てて私は一人読書。雨降る山の中で読む堀江敏幸さん なかなかいい。
Man_with_a_MC佐々木敦との対談で円城塔が「普通の書き方に近づきたいんですけど。だから僕はもう堀江(敏幸)さんみたいになりたいわけですよ」とか「『雪沼とその周辺』みたいな感じに、行こうとしてるわけですよ」とか言ってる。「いや、なんかボウリングのピンとかを淡々と描く。泣ける」って言ってる。
superOtter_manフリーター浪人時に通っていた予備校のセンター現代文のテキストに,『 雪沼とその周辺 』( 堀江敏幸・著 )の中の一作が載ってたな.
honeycomb_hあ、堀江敏幸さんの『雪沼とその周辺』は読みましたね。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
堀江敏幸さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)