トップページ > 作家名一覧 > ほから始まる作家名一覧 > 堀江敏幸

堀江敏幸

堀江敏幸さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

堀江 敏幸(ほりえ としゆき、1964年1月3日 - )は、日本の小説家、フランス文学者、早稲田大学教授。
岐阜県多治見市生まれ。岐阜県立多治見北高等学校を経て、早稲田大学第一文学部フランス文学専修卒業。東京大学大学院人文科学研究科フランス文学専攻博士課程単位取得退学。その間にパリ第3大学博士課程留学。
1994年より、フランス留学経験を随筆風に綴った『郊外へ』を白水社の雑誌『ふらんす』に連載。1995年に単行本化され、小説家デビューを果たす。 2001年、『熊の敷石』で第124回芥川龍之介賞受賞。2004年より明治大学理工学部教授、2007年に早稲田大学文学学術院教授に就任。2009年に早稲田大学短歌会会長に就任。

堀江敏幸新刊

  • 発売日
    2017年3月22日
  • 書名
    バン・マリーへの手紙 (中公文庫)
  • 発売日
    2017年1月26日
  • 書名
    音の糸

受賞歴

堀江敏幸関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

堀江敏幸関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

akutagawa_syou「なんとなく」という感覚に支えられた違和と理解。そんな人とのつながりはあるのだろうか。フランス滞在中、旧友ヤンを田舎に訪ねた私が出会ったのは、友につらなるユダヤ人の歴史と経験、そして家主の女性と目の見えない幼い息子だった。芥川賞受賞作『熊の敷石』堀江敏幸
shinko_kai芥川賞選考委員の「受賞のことば」、最後は堀江敏幸さん(第124回)。堀江さんは「精神生活のなかで『小説』が重要な位置を占めている」にもかかわらず「書き手としての私は、漠然とした総意にもとづく『小説』の型」を弾いてしまうため、受賞に「驚きも、喜びもひとしお」だったそうです。#芥川賞
araryo0504【雪沼とその周辺 (新潮文庫)/堀江 敏幸】「送り火」はセンター試験の問題になっているけれど、「習字で告白」とネタ扱いされてしまっているのはとてももったいないので、過去問解く前にこれを読んだほう… → https://t.co/oEpiFO6lId #bookmeter
togakukai明日は文学勉強会を行います。題材は堀江敏幸「送り火」(『雪沼とその周辺』に収録)です。#稲学会 #togakukai #アカデミックサークル #早稲田 #文学 #勉強会 #読書会 #堀江敏幸 #送り火 #雪沼とその周辺
FBbasara堀江敏幸もいつか読まなきゃなあと思ってる いつだか『熊の敷石』は読んだけどさっぱりだったから。今なら読めると思う。
higashin本日はこれから青山一丁目で堀江敏幸さんの『なずな』(集英社文庫)の読書会です。お子さん参加OKの読書会という私にとっては初のこころみ。どんなふうになるかな。
comeonkamo堀江敏幸『雪沼とその周辺』にでてくる中華料理店(ラーメン店といった方がいいのか迷う)がすきで。中華料理店なんだけど、ハヤシライス(自家製でなく缶詰のデミグラスソースを使っている)なども作る…ところとか、いいな。近所で働く人が昼ごはんを食べにくるような、夫婦で営む、町の中華料理店。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
堀江敏幸さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)