トップページ > 作家名一覧 > つから始まる作家名一覧 > 辻邦生

辻邦生

辻邦生さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

辻 邦生(つじ くにお、1925年(大正14年)9月24日 - 1999年(平成11年)7月29日)は、日本の小説家、フランス文学者。
東京市本郷区駒込西片町に生まれる。父はジャーナリストで薩摩琵琶の伴奏家・辻靖剛、母は鹿児島県の医家の出身。辻家の本籍地は山梨県東八代郡春日居町国府(現笛吹市)で、代々の医家。9月24日生まれだったことから、「くにお」と名付けられる。
1930年(昭和5年)に名古屋へ転居し、1932年(昭和7年)に東京へ戻り、赤坂区に住む。赤坂小学校から旧制日大三中を経て、湯河原に疎開時に一浪し、1944年(昭和19年)に旧制松本高等学校理科乙類へ入学、翌年には文科乙類へ転科し、信州大学となった1949年(昭和24年)まで過ごした。寮生活において斎藤宗吉(北杜夫)と知り合い終生交流し、回覧雑誌や句会を行い、演劇にも親しみ脚本執筆、出演もした。なお、辻が先輩として出会ったが、留年のため卒業年次では後輩である。信州大学卒業後は、東京大学文学部仏蘭西文学科へ入学。大学では渡辺一夫に師事する一方、民生ディーゼル工業(当時、現・UDトラックス)宣伝部嘱託として働き、父の新聞も手伝い記者の仕事もしている。1952年(昭和27年)に卒業し同大学の大学院へ進学。卒業論文は「スタンダール論-ヴィクトリースからメラニーへ」。卒業の翌年に、辻佐保子(旧姓後藤、のち名古屋大学名誉教授、ビサンツ美学美術史専攻)と結婚。立教大学助教授、学習院大学文学部フランス文学科(現・フランス語圏文化学科)教授等を歴任し、後年まで教鞭を執る。学習院大学の同僚に粟津則雄、白井健三郎、福永武彦、山崎庸一郎等がいる。
1957年から1961年までフランス・パリに留学。フランスに向かう船中で加賀乙彦と知り合う『加賀乙彦自伝』。滞在中は、しばしば森有正の元を訪ねた。1960年、小説「ハンニバルの城」(のち「城」と改題)の原稿を北杜夫へ送る。北がこれを埴谷雄高へ渡し、帰国後の1961年、辻の小説作品としては初めて「城」が『近代文学 (雑誌)』に発表される。1963年、『廻廊にて』で近代文学賞。以後『安土往還記』や『背教者ユリアヌス』などの歴史小説で、様々な文学賞を受けた。その活躍から小川国夫、加賀乙彦とともに「73年三羽烏」と称されたが、江藤淳がこれらに丸谷才一も加えた4人を「『フォニイ』考」(「フォニイ」は「空っぽでみせかけだけで、インチキでもっともらしい」の意)で批判したため、江藤と平岡篤頼の間で「フォニイ論争」を引き起こした。1981年(昭和56年)、父の死去を機に辻家の家系を探訪。山梨県立図書館に所蔵されていた「辻家文書」(現在は山梨県立博物館所蔵)などを参照して小説「銀杏散りやまず」として発表。西行の生涯を描いた歴史小説『西行花伝』で谷崎潤一郎賞を受賞。1996年、日本芸術院会員。1999年、別荘がある軽井沢滞在中に心筋梗塞による心不全のため急逝。戒名は禅林院文覚邦生居士。2004年より『辻邦生全集』(新潮社)が刊行された。
ほかに美術・演劇や映画評などの評論も数多く残している。信濃毎日新聞で連載したエッセイは、「死ぬまで続ける」の言葉どおり、急逝の直前まで続き、『辻邦生が見た20世紀末』として出版されている。
後年はパリ5区、Rue Descartesに位置するポール・ヴェルレーヌが没した建物の左隣に在住した。没後はヴェルレーヌと並び記念プレートが掲げられている。

辻邦生新刊

  • 発売日
    2018年3月23日
  • 書名
    背教者ユリアヌス(四) (中公文庫)
  • 発売日
    2018年1月23日
  • 書名
    背教者ユリアヌス(二) (中公文庫)
  • 発売日
    2017年12月22日
  • 書名
    背教者ユリアヌス(一) (中公文庫)

受賞歴

辻邦生関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

辻邦生関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

1read_read_read辻邦生の描く歴史上の人物が好きかっこいいから
MFWbotそうよ。今様に没入し、今様を好く。この好きの心のなかを日が移り夜が動く。好きのなかに生が包まれ死が包まれ、果ては六道さえも好きのなかを巡っている。見事な、小気味よい生き方であろうよな (西行花伝/辻邦生)
Giy0qiY5XQHsZZi@kamiumach 辻邦生氏の「背教者ユリアヌス」を読むと、宗教を政治権力に使うクズが沢山出てユリアヌスさん可哀想や!となってくる。勿論そんなクズは一部で、大多数は純粋に信仰を貫く人々。残念なことにそのクズが圧倒的影響力を持っている為、迫害やむなしになる。
stalinorgan1944周りが参考書を見つめるなか、けに氏は不真面目なので辻邦生の短編を眺める
uyuuyuns辻邦生『春の戴冠』遠近法を〈悪魔の洞窟〉〈冷酷な箱〉と言うボッティチェリの言葉にオルハン・パムク『わたしの名は赤』が思い起こされた。遠近法とは人間の眼が見た世界の表現に過ぎない。人間の脳が処理した世界。神の目に映る世… https://t.co/HdZoBmwwLl
numatarokurou2訳あって5月から新聞を読んでいないので、空いたスペースを埋めるように、長編小説を読み込む。『鳩の撃退法』を読了したので、次は学生時代から読もう読もうと思いつつ読まずにいた、辻邦生の『背教者ユリアヌス』だ。と思いつつ、その前に、… https://t.co/MVzABkuQ6q
tomaru0614辻邦生井上靖みたいな詩的なタイプの歴史小説の中編を多くものした作家あまり面白くはないなあ司馬なんかの方が面白い
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
辻邦生さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)