トップページ > 作家名一覧 > げから始まる作家名一覧 > 玄月

玄月

玄月さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

玄 月(げん げつ、1965年2月10日 - )は、日本の小説家、教育者。大阪芸術大学客員教授。執筆活動の傍ら大阪南船場で文学バー「リズール」を経営している。
大阪市生野区出身。大阪市立南高等学校卒業。1994年(平成6年)10月より2年間大阪文学学校在籍し、その後修了生たちと共に同人誌『白鴉』を創刊し執筆活動を始める。
1998年(平成10年)、「舞台役者の孤独」が『文學界』1998年下半期同人雑誌優秀作に選ばれる。1999年(平成11年)、同人誌『樹林』1998年10月号にて掲載された「おっぱい」で第121回芥川賞候補に選ばれる。翌年2000年(平成10年)には、『文學界』1999年11月号にて掲載された「蔭の棲みか」で第122回芥川賞を受賞する。2004年「運河」で第30回川端康成文学賞候補。2016年「三井愛子の悩みごと」で第42回川端康成文学賞候補。また、織田作之助賞青春賞の選考委員も務めていた。
また、2011年(平成23年)1月31日には、文学バー「リズール」を開店する。これは玄月が「本好きで、文学を愛する人たちが横のつながりを持てる場を」と企画したものであり、同じく芥川賞受賞者である辻原登や吉村萬壱らが企画に賛同して出資や蔵書の寄贈をして開店したものである。なお、店名の「リズール」は、フランス語で読書家を意味するものであり、辻原が命名した。

受賞歴

玄月関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2018.4.23 徳島文学協会 が「徳島文學」創刊 小説の書き手の養成目指す

    郷土の文芸発展に向けて昨年5月に発足した徳島文学協会が「徳島文學(ぶんがく)」=写真=を創刊した。小説の書き手の養成を目指した新たな文学運動と位置付け、創刊号には県内在住の会員や、ゆかりの作家による小説11編のほか、短歌、俳句などを収録。今後、年1回の発行を予定している。

  • 2017.2.27 「温泉と文学」熱く 芥川賞作家3人が別府大学でシンポ

    別府市の別府大学で26日、「温泉と文学」をテーマにしたシンポジウム(大分合同新聞社後援)があった。玄月(げんげつ)さん(52)、吉村萬壱(まんいち)さん(56)、藤野可織さん(37)の芥川賞作家3人が温泉地との関わりについて意見を交換。湯煙たなびく泉都の魅力についてもざっくばらんに語り合った。

  • 2017.2.19 シンポジウム:温泉と文学考える 関西在住の芥川賞作家3人招き 別府大で26日

    関西在住の芥川賞作家3人を招いて「温泉と文学」を考えるシンポジウムが、26日午後1時から別府市北石垣の別府大で開かれる。3作家には「私が温泉で読みたい本」を3冊ずつ事前に選んでもらい、楽しい討論会にしたいという。入場無料で事前申し込み不要。

玄月関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

akutagawa_syou大阪市東部の下町にある、迷路のような集落。そこに隠棲するソバン老の右手首は、戦争で吹き飛ばされた。朝鮮人の元軍人が補償を求めて提訴したという新聞記事が、彼の過去を蘇らせ、集落に事件を呼ぶことに…。芥川賞受賞作『玄月』蔭の棲みか
LpBTgZz50xkSOOT#大切な事なので3回言いますここで、吐き出します・玄月は宦官だ・玄月は宦官だ・玄月は宦官だ最近、欲求不満せいか迷走気味だわ
gypsophila_74@amayoi_kkk 描いた当初受けっぽかったのに最近攻めの顔してるんだけどどうしたの玄月…???(スペキャ)小太刀は攻めでいて欲しい
ruigigo_bot長月 ≒菊秋(きくあき)菊月(きくづき・~げつ)玄月(げんげつ)授衣(じゅい)太衝(たいしょう)無射(ぶえき)【秋(しゅう)】季秋・晩秋・暮秋・涼秋※陰暦の9月
EgNPinFv4UP6wty「玄月を幸せにする会」は繊細で情緒不安定だけど自分を曲げない「碇シンジ」タイプ! -あなたもやってみよう【エヴァンゲリオンキャラクター診断】#エヴァンゲリオンキャラ診断 https://t.co/QCvnrzGxsy「逃げち… https://t.co/lmC2eg5a9L
mizuna_2531@kagurozuki 玄月さん!おはようございます~☀️
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
玄月さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)