トップページ > 作家名一覧 > げから始まる作家名一覧 > 玄月

玄月

玄月さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

玄月(げんげつ、1965年2月10日 - )は日本の小説家。父母は朝鮮人。
本名は玄 峰豪(현 봉호)。
現在は、大阪南船場で文学バー「リズール」を経営している。
大阪市生野区出身。大阪市立南高等学校卒業。様々な職業を経験した後、自営業。大阪文学学校にて同人誌「白鴉」を発行し執筆活動を始める。
1998年、「舞台役者の孤独」が『文學界』1998年下半期同人雑誌優秀作に選ばれる。1999年、同人誌『樹林』406号掲載の「おっぱい」で第121回芥川賞候補。2000年「蔭の棲みか」で第122回芥川賞受賞。

受賞歴

玄月関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2018.4.23 徳島文学協会 が「徳島文學」創刊 小説の書き手の養成目指す

    郷土の文芸発展に向けて昨年5月に発足した徳島文学協会が「徳島文學(ぶんがく)」=写真=を創刊した。小説の書き手の養成を目指した新たな文学運動と位置付け、創刊号には県内在住の会員や、ゆかりの作家による小説11編のほか、短歌、俳句などを収録。今後、年1回の発行を予定している。

  • 2017.2.27 「温泉と文学」熱く 芥川賞作家3人が別府大学でシンポ

    別府市の別府大学で26日、「温泉と文学」をテーマにしたシンポジウム(大分合同新聞社後援)があった。玄月(げんげつ)さん(52)、吉村萬壱(まんいち)さん(56)、藤野可織さん(37)の芥川賞作家3人が温泉地との関わりについて意見を交換。湯煙たなびく泉都の魅力についてもざっくばらんに語り合った。

  • 2017.2.19 シンポジウム:温泉と文学考える 関西在住の芥川賞作家3人招き 別府大で26日

    関西在住の芥川賞作家3人を招いて「温泉と文学」を考えるシンポジウムが、26日午後1時から別府市北石垣の別府大で開かれる。3作家には「私が温泉で読みたい本」を3冊ずつ事前に選んでもらい、楽しい討論会にしたいという。入場無料で事前申し込み不要。

玄月関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kurotuki245010秒で止めろ!玄月さんの結果は、【11.10秒】みんなもやってみて! https://t.co/qy2UiVWRQq #体内時計チェック
akutagawa_syou大阪市東部の下町にある、迷路のような集落。そこに隠棲するソバン老の右手首は、戦争で吹き飛ばされた。朝鮮人の元軍人が補償を求めて提訴したという新聞記事が、彼の過去を蘇らせ、集落に事件を呼ぶことに…。芥川賞受賞作『玄月』蔭の棲みか
raisen_bot_qmaNo.659 次の1990年代の芥川賞受賞者と受賞作品の正しい組み合わせを選びなさい⇒柳美里―家族シネマ、平野啓一郎―日触、玄月―蔭の棲みか
raisen_bot2_qmaNo.173 次の1990年代の芥川賞受賞者とその受賞作品の正しい組み合わせを選びなさい⇒目取真俊―水滴、平野啓一郎―日蝕、玄月―蔭の棲みか
SakiSakulaところでゾルテさんてだあれ?とお思いのかたは是非景山玄都さん(@kageyamakuroto)の月魔女をご覧ください。金髪おっぱい美女の魔女の子とハーネス触手神父と妹を探しているオールバックのイケメンがおりますhttps://t.co/SUTFpUPjjM
persian_pardeis@yatsuyaguruma お読みいただき感想どうもありがとうございますm(_ _)m 遊圭はしかし、なかなか玄月との安全な距離感が掴めないのが今後の悩みです( ´ ▽ ` )
yatsuyaguruma実は、この巻から遊圭の作品での立ち位置が随分変わりました。前巻まではイケメン宦官にして皇帝の友人である玄月にしてやられる子供として描かれていましたが、前巻の終わりからこの巻にかけて、二人の関係にも変化が訪れています。わたしとしては、今の二人の関係性がすごく好き。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
玄月さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)