トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 石牟礼道子

石牟礼道子

石牟礼道子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

石牟礼 道子(いしむれ みちこ、1927年(昭和2年)3月11日 - 2018年(平成30年)2月10日)は、日本の小説家・詩人・環境運動家。
=
左|サムネイル|代用教師をしていたころ(1943年)右から2番目が石牟礼
石牟礼道子は1927年3月11日白石亀太郎(当時34歳)と吉田ハルノ(当時24歳)の長女として、熊本県天草郡河浦町(現・天草市)に生まれる。父や祖父は石工であり、道子という名は道路が完成することを予祝して、 家族全員が考えて、名付けられた。三か月後には、葦北郡水俣町へ帰り以後そこで育つ。1930年に水俣町栄町に引っ越す。1934年に水俣町第二小学校に入学。小学二年生の時に初めて小説を読む。その時に読んだのは、中里介山の『大菩薩峠』であった。二年生の終わりごろ、山を売っていた祖父が事業に失敗し、栄町の自宅が差し押さえられ、水俣川河口の荒神通称「とんとん村」に引っ越す。水俣町立第一小学校に転校、舟で学校に通う。1940年に小学校を卒業し、水俣実務学校(現 熊本県立水俣高等学校)に入学。このころから歌を作り始める。1943年に卒業し、佐敷町の代用教員錬成場に入る。二学期より、田浦小学校に勤務する。この頃、宮沢賢治の『雨ニモマケズ』を知り、深く感銘を受ける。 代用教員時代の19歳の時、小学校にあった亜ヒ酸で自殺を試み、未遂に終わる。

受賞歴

石牟礼道子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

石牟礼道子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

yellowhomeins独演「椿の海の記」抄+座談会「石牟礼文学の可能性」~石牟礼道子のための新たな声の文学が、登場したのである。―田中優子~https://t.co/mxnFaWUjUt
koike_youjiTwitterでもたびたび紹介してきた、石牟礼道子『椿の海の記』(河出文庫)ですが、例えば河出書房新社のサイトには、> 『苦海浄土』の著者の最高傑作と紹介されています。本当に美しいもの、哀切なもの、神々しいもの… https://t.co/rmsI0gByvD
eslite_japan#誠品選書梯久美子『この父ありて』文藝春秋石牟礼道子、茨木のり子、島尾ミホ、田辺聖子など、戦中世代の9人の女性作家と父との関係がテーマ。女は家にいるものとされ、男尊女卑の風潮が強かった時代、父を見つめるまなざしが「書く女」たち… https://t.co/qcSzziE1Yi
harinezm2022ひと棚開店!本をいっぱい並べてきました~。「苔ボトル」「苔玉と苔 育て方ノート」、石牟礼道子さんの「あやとりの記」、ちくま文庫の「つげ忠男コレクション」、「たのしい写真」、「ロボット・イン・ザ~」シリーズなどなど。左の「ピアノカリンバ」はすぐに行先が決まってしまいました。
premgeetu@iwasabi47 石牟礼道子さんの本は今年何冊か買って夢中になって読みました。柳田さんも掘り出したら長くなりそうですね。
putyan88歳の思想史家・渡辺京二が語る「作家・石牟礼道子の自宅に通った40年」 #石牟礼道子 #渡辺京二 #文藝春秋 #文春オンライン https://t.co/NBsMmMb5UR
culpa_ck石牟礼道子さんが解説文を寄せてらして刺さったという描写を挙げている。……わかる…!と頷くしかなかった。わかる。彼女には刺さるに違いなかった。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    石牟礼道子さんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)