トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 石牟礼道子

石牟礼道子

石牟礼道子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

石牟礼 道子(いしむれ みちこ、1927年3月11日 - 2018年2月10日)は、日本の作家。
熊本県天草郡河浦町(現・天草市)出身。水俣実務学校(現 熊本県立水俣高等学校)卒業後、代用教員、主婦を経て1958年谷川雁の「サークル村」に参加、詩歌を中心に文学活動を開始。1956年短歌研究五十首詠(後の短歌研究新人賞)に入選。
代表作『苦海浄土 わが水俣病』は、文明の病としての水俣病を鎮魂の文学として描き出した作品として絶賛された。同作で第1回大宅壮一ノンフィクション賞を与えられたが、受賞を辞退。
1993年、週刊金曜日の創刊に参画。編集委員を務めたが「手伝いをしただけ」である事を理由に2年で辞任している。
2002年7月、新作能「不知火」を発表。同年東京上演、2003年熊本上演、2004年8月には水俣上演が行われた。
1986年5月には穴井太(俳人・故人)の世話により句集「天」(天籟俳句会)を刊行。
代表句「祈るべき天とおもえど天の病む」「死におくれ死におくれして彼岸花」がある。2018年2月10日午前3時14分、パーキンソン病による急性増悪のため、熊本市の介護施設で死去。1927|3|11|2018|2|10。

石牟礼道子新刊

  • 発売日
    2020年3月5日
  • 書名
    なみだふるはな (河出文庫)
  • 発売日
    2020年2月15日
  • 書名
    石牟礼道子<句・画>集 色のない虹
  • イラストレーター
    石牟礼道子

受賞歴

石牟礼道子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

石牟礼道子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

sh401_bちよちゃんは もう仏さま/「ばんか(挽歌)」石牟礼道子
75bs2月26日に入荷した注目本(1/6)石牟礼道子『[完全版]石牟礼道子全詩集』(石風社)https://t.co/v1fXAs3Im2 https://t.co/v99LaPfy6j
shuujiiijima石牟礼道子が期待していた文化人類学への言葉。 https://t.co/rR2c50JIR2
lark_spur_わたしの次の予期せぬブームは沖縄に続いて水俣病らしくて本日この手に石牟礼道子さんの本が3冊来てしまった。
MU130GD文章の上手い下手は実はよくわからない時もあるけど、最近石牟礼道子の文章を読んだら、上手い下手を超えた筆力の凄まじさに殴られたので、いやまあ本当に、すごい文章を書くひとが世の中にはいる。
BIBLIOTHEQUEa【「世界文学全集」を個人編集した著者の人気コラムを完全収録。ケルアックから石牟礼道子まで、新しい名作を紹介する最良の文学案内。】『池澤夏樹の世界文学リミックス』https://t.co/30FiMDUDP0
kusakanmuri0432/28(金)に成田市文化芸術センターで開催される浄瑠璃芝居「六道御前」ですが、当店でのチケット販売は終了しました。当日券はまだあるとのことなので、今後は会場にて求めください
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
石牟礼道子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)