トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 石牟礼道子

石牟礼道子

石牟礼道子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

石牟礼 道子(いしむれ みちこ、1927年(昭和2年)3月11日 - 2018年(平成30年)2月10日)は、日本の小説家、詩人、環境運動家。
=
左|サムネイル|代用教師をしていたころ(1943年)右から2番目が石牟礼
石牟礼道子は1927年3月11日白石亀太郎(当時34歳)と吉田ハルノ(当時24歳)の長女として、熊本県天草郡河浦町(現・天草市)に生まれる。父や祖父は石工であり、道子という名は道路が完成することを予祝して、 家族全員が考えて、名付けられた。三か月後には、葦北郡水俣町へ帰り以後そこで育つ。1930年に水俣町栄町に引っ越す。1934年に水俣町第二小学校に入学。小学二年生の時に初めて小説を読む。その時に読んだのは、中里介山の『大菩薩峠』であった。二年生の終わりごろ、山を売っていた祖父が事業に失敗し、栄町の自宅が差し押さえられ、水俣川河口の荒神通称「とんとん村」に引っ越す。水俣町立第一小学校に転校、舟で学校に通う。1940年に小学校を卒業し、水俣実務学校(現 熊本県立水俣高等学校)に入学。このころから歌を作り始める。1943年に卒業し、佐敷町の代用教員錬成場に入る。二学期より、田浦小学校に勤務する。この頃、宮沢賢治の『雨ニモマケズ』を知り、深く感銘を受ける。

受賞歴

石牟礼道子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

石牟礼道子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kimidododori「苦海浄土」石牟礼道子「源氏物語」現代語訳 瀬戸内寂聴「高慢と偏見」ジェーン・オースティン「ムギと王様」エリナー・ファージョン「斜陽」太宰治
yonepenpen「石牟礼道子」の項目を担当させていただきました。4000字にまとめるのは苦しかった。懸命に書きました。 https://t.co/wLrd7NfoxC
saisighs先週までお風呂で読んでた重苦しく湿った小説のあと、石牟礼道子さんの料理に関する随筆。料理エッセイというには、心が洗われすぎる。少し読んでは気持ちが澄んで、ほぅ〜っとなってるのでお風呂で読むとのぼせそう。笑
ClassicalQU1Z[019]第6曲『ゆうきすいぎん』が特に知られる、石牟礼道子の絵本『みなまた 海のこえ』を原作とする荻久保和明の合唱曲は何でしょう? - 『しゅうりりえんえん』
insulmonto以前から読みたかった石牟礼道子『苦海浄土』と、池澤夏樹『スティル・ライフ』を本屋で買い、家で読んでいると妻に「池澤さんって世界文学全集も出してるよね」と言われた。ウィキペディアを見ると世界から選ばれた30作品のうち、日本からは1作… https://t.co/GBB8ILWN5O
furugyoubunkoこんなんあります。石牟礼道子「海と空のあいだに」。1989年葦書房。扉挿画 飯尾都子。著者自装。#石牟礼道子 https://t.co/oqCEuOQi62
syukan_kinyobi『週刊金曜日』は1993年11月5日に船出しました。https://t.co/fyDf7zY74g創刊時の編集委員は次の方々です。石牟礼道子井上ひさし久野収椎名誠筑紫哲也本多勝一
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
石牟礼道子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)