トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 石牟礼道子

石牟礼道子

石牟礼道子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

石牟礼 道子(いしむれ みちこ、1927年3月11日 - 2018年2月10日)は、日本の作家。
熊本県天草郡河浦町(現・天草市)出身。水俣実務学校卒業後、代用教員、主婦を経て1958年谷川雁の「サークル村」に参加、詩歌を中心に文学活動を開始。1956年短歌研究五十首詠(後の短歌研究新人賞)に入選。
代表作『苦海浄土 わが水俣病』は、文明の病としての水俣病を鎮魂の文学として描き出した作品として絶賛された。同作で第1回大宅壮一ノンフィクション賞を与えられたが、受賞を辞退。
週刊金曜日の創刊に参画。編集委員を務めたが「手伝いをしただけ」である事を理由に2年で辞任している。
2002年7月、新作能「不知火」を発表。同年東京上演、2003年熊本上演、2004年8月には水俣上演が行われた。
1986年5月には穴井太(俳人・故人)の世話により句集「天」(天籟俳句会)を刊行。
代表句「祈るべき天とおもえど天の病む」「死におくれ死におくれして彼岸花」がある。2018年2月10日午前3時14分、パーキンソン病による急性増悪のため、熊本市の介護施設で死去。1927|3|11|2018|2|10。

石牟礼道子新刊

  • 発売日
    2018年9月10日
  • 書名
    遺言: 対談と往復書簡 (ちくま文庫)
  • 発売日
    2018年4月20日
  • 書名
    魂の秘境から

受賞歴

石牟礼道子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

石牟礼道子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

BILLIE878石牟礼道子さんの十六夜橋、紙の本がほしいけどちょっと高くてKindleで699円で買えたから今日はもうニュース観ないで静かにそれよも。
t_maron流星工房 : 石牟礼道子さんを読む「水はみどろの宮」6回目の模様 https://t.co/8oqyVRjlh5
sanketu_ing今年は有名人亡くなりすぎてる山本kid 樹木希林 マックミラー さくらももこ 翁長知事 津川雅彦 デニステン 桂歌丸 高畑勲 ホーキング博士 大杉漣 石牟礼道子 星野仙一…
MeigenWAN自立ということを考えると、あの人たちは、致命的な弱者でありながら支援者よりはずっと自立した人間なんです。漁にも出るし、りっぱなミカンも作ります。(石牟礼道子「対談『魂たち』の海)
NakaieNatsukoウエノ・ポリトリカン・ジャム町田康氏による「石牟礼道子の中で詩的だと思った部分の朗読」の中の、これは韻律による音楽だ!と私が思った部分、鳥肌たった彼岸花の咲く場所でぜひ読んでみたい#UPJ6 https://t.co/48aDdKfZVk
ClassicalQU1Z[019]第6曲『ゆうきすいぎん』が特に知られる、石牟礼道子の絵本『みなまた 海のこえ』を原作とする荻久保和明の合唱曲は何でしょう? - 『しゅうりりえんえん』
sh401_bちよちゃんは もう仏さま/「ばんか(挽歌)」石牟礼道子
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
石牟礼道子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)