トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 石牟礼道子

石牟礼道子

石牟礼道子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

石牟礼 道子(いしむれ みちこ、1927年3月11日 - 2018年2月10日)は、日本の作家。
熊本県天草郡河浦町(現・天草市)出身。水俣実務学校卒業後、代用教員、主婦を経て1958年谷川雁の「サークル村」に参加、詩歌を中心に文学活動を開始。1956年短歌研究五十首詠(後の短歌研究新人賞)に入選。
代表作『苦海浄土 わが水俣病』は、文明の病としての水俣病を鎮魂の文学として描き出した作品として絶賛された。同作で第1回大宅壮一ノンフィクション賞を与えられたが、受賞を辞退。
週刊金曜日の創刊に参画。編集委員を務めたが「手伝いをしただけ」である事を理由に2年で辞任している。
2002年7月、新作能「不知火」を発表。同年東京上演、2003年熊本上演、2004年8月には水俣上演が行われた。
2018年2月10日午前3時14分、パーキンソン病による急性増悪のため、熊本市の介護施設で死去。1927|3|11|2018|2|10。

石牟礼道子新刊

  • 発売日
    2018年4月20日
  • 書名
    魂の秘境から
  • 発売日
    2018年3月11日
  • 書名
    西南役伝説 (講談社文芸文庫)
  • 発売日
    2017年11月24日
  • 書名
    現代作家アーカイヴ2: 自身の創作活動を語る

受賞歴

石牟礼道子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

石牟礼道子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

MYBRARY_JP石牟礼道子さんの「魂の秘境から」発売中をMYBRARYの「ほしい」に追加しました。https://t.co/rJJXjmB2g6
qma_bibun_botタイ ・代表作に水俣病の実態を描いた『天の魚』『苦海浄土』がある女流作家→石牟礼道子(いしむれみちこ)
sun8now【魂の秘境から】石牟礼道子  水俣病の患者さんたちはそのことを身をもって、言葉を尽くして訴えた。 ⇒ https://t.co/0clYQ55Wg7
onagazaru詰めでは「無いわ」と思わざるを得ないが、石牟礼道子さんのエッセイを読むと、信じてる人に言ったら切腹させられそうだ…
t_maron石牟礼道子さんのETVをもう一度みている。たった二回の読書会だが、それをへてみたら、番組もまた見かたが深まっている。 https://t.co/fMpvtK4XWx
shureuniv今日は思想家・最首悟さんが講師の「生命論」講座の今年度最初の回。年度始めから最首さんは絶好調!長年関わっておられる水俣のことや石牟礼道子さんのお話、「曖昧さと二者性が根底にある日本での自己同一性の問題」…等、興味深いお話の連続でし… https://t.co/7SdL2plZ6n
dogu_fm「社会派」というのは例えば石牟礼道子の『苦海浄土』や山崎豊子の『白い巨塔』、フィクションだが著者の軍隊経験を下敷きにした大西巨人『神聖喜劇』のような作品のことではないだろうか。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
石牟礼道子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)