トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 伊東潤

伊東潤

伊東潤さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

伊東 潤(いとう じゅん、1960年6月24日- )は、日本の歴史小説作家、ノンフィクション作家。神奈川県横浜市生まれ。日本推理作家協会会員。
浅野中学校・高等学校を経て早稲田大学卒業。卒業後、日本IBM(株)をはじめとした外資系企業に勤務。2002年頃から執筆活動を開始。2003年(平成15年)北条氏照の生涯を描いた『戦国関東血風録』でデビューする。2006年に独立し、コンサルティング会社の経営と執筆活動を並行して行う。2007年(平成19年)、武田家の滅亡を多視点の群衆小説として描いた『武田家滅亡』(角川書店)にてメジャーデビューする。
以降、主に戦国時代の東国を中心に据えた歴史小説を手掛ける。2010年より専業作家として活動を開始。2010年頃より、時代、地域、分野ともに守備範囲を広げつつある。また、新書分野への進出も活発で、ビジネス新書として『天下人の失敗学』(講談社)、歴史研究新書として、在野の研究家・乃至政彦との共著『戦国関東史と御館の乱』(洋泉社)を出している。
『KENZAN!』『小説宝石』『小説現代』『オール讀物』誌等に定期的に短編が掲載され、それらを集めた短編集も出版されている。
ビジネス業界に長らく所属していた作家でありながら、その作風はビジネス指南的な要素の少ない、本格的な歴史小説である。特に、緻密な歴史考証によるリアリティー溢れる作風を持ち味としており、NEO系歴史小説とは全く対照的な意味での、新時代の歴史小説の担い手として注目を集めつつある。城の防御機構についても非常に詳しく、『歴史人』2011年9月号(KKベストセラーズ)から初の連載寄稿「城を攻める⇒城を守る」を2年間24回にわたり執筆した。また『月刊ジェイ・ノベル』(実業之日本社)で2013年9月号から歴史エッセー「敗者列伝」が開始され、そのダイジェスト版が2014年4月より産経新聞紙上でも掲載される。
また、かつてはアマチュア・ウィンドサーファーでもあり、ソウル五輪国内予選への参加(8位入賞)や「湘南百年祭記念選手権」優勝など各種レース入賞の実績も持つ。

伊東潤新刊

  • 発売日
    2018年12月4日
  • 書名
    天下人の茶 (文春文庫)
  • 発売日
    2018年10月17日
  • 書名
    男たちの船出
  • 発売日
    2018年10月5日
  • 書名
    江戸を造った男 (朝日文庫)

受賞歴

伊東潤関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

伊東潤関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

honzuki_jpIWC脱退について考えるネタが欲しい方は必読 『巨鯨の海/伊東潤/光文社』 https://t.co/63ikTenc1a #本が好き
0mo_om0伊東潤作品の一覧を最新版にアップデートしました。文庫や共著も網羅した年表形式になっていますので、作品検索等にも是非ご活用ください♪ #伊東潤伊東潤 作品一覧最新版 更新 | 伊東潤公式サイト… https://t.co/fGlm5NU4G2
party89331/16最新★王様のブランチ★ブックランキングTOP10★9位★天下人の茶 伊東潤 https://t.co/IgypYpeaIf
qma_lsjnat_bot伊東潤の短編集を刊行順⇒城を噛ませた男→国を蹴った男→王になろうとした男 逆五十音
alpha910文庫で持っているけれど出先で読みたく、電子版も購入した伊東潤さんの「戦国鬼譚 惨」を先日読み終わった。武田家の親類衆が最期の戦いをどう生きたかを描いた短編集。基本、裏切りの連続なのですが、高遠城の仁科盛信(勝頼さんの弟)は戦った… https://t.co/jlBUsl3QL1
jun_ito_info@bakeneko1127 三月下旬のいずれかの土日に「伊東潤の城めぐり【特別編】」で戦艦三笠見学会を行いますので、お楽しみに。
suda_yan.@jun_ito_info 伊東潤【武士の碑】…タイトルの意味は何だろう)と思いつつ読み、(西南戦争=士族の最後の反乱だからかな)と軽く思っていたら最後に「武士の戦い方(個人戦)と近代軍隊(最新兵器と有能な指揮官と訓練された… https://t.co/iWtrYseDr9
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
伊東潤さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)