トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 伊東潤

伊東潤

伊東潤さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

伊東 潤(いとう じゅん、1960年6月24日- )は、日本の歴史小説作家、ノンフィクション作家。神奈川県横浜市生まれ。日本推理作家協会会員。
浅野中学校・高等学校を経て早稲田大学社会科学部を卒業。日本アイ・ビー・エム(株)をはじめとした外資系企業に勤務後、2006年初頭に(株)クエーサー・マネジメントというコンサルティング会社を設立。一時はコンサルタント6名を使い、手広く事業展開していたが、2008年9月のリーマンショック後、事業が不振になったため清算し、2010年初頭から専業作家となった。
企業経営のかたわら2002年頃から小説の執筆を開始し、2007年に角川書店(現KADOKAWA)から『武田家滅亡』で持ち込みデビューを果たした。
子供の頃から読書を趣味とし、2015年の「新刊展望」に書いたエッセイ「ぼくは”ゴン”が好きな子供だった」では、「母によると、私は三、四歳の頃、「何か一つ買ってあげる」と言われると、デパートのおもちゃ売り場を、さんざん回った末、結局、本屋さんに入り、「ゴン」と言って絵本を買ってもらう子供だった」と書いている。
子供の頃から無類の小説好きで、夏目漱石、森鴎外、三島由紀夫といった文豪作品はもとより、司馬遼太郎、吉川英治、吉村昭、海音寺潮五郎、井上靖、新田次郎、津本陽といった作家たちの歴史小説を乱読。さらに江戸川乱歩、松本清張、横溝正史、高木彬光、森村誠一といったミステリー系の作家から、小松左京や筒井康隆といったSF系の作家までジャンルにこだわらず読んでいた。
かつて週刊現代に連載していた「人生の十冊」というコーナーで、「人間が分かる、人生が分かる歴史小説ベスト10」として、以下の作品を挙げている。
1.『深重の海』津本陽 生きることの切実さや、本当の意味が分かる。
2.『箱根の坂』司馬遼太郎 理念や理想を持って生きていくことの大切さが分かる。
3.『利休にたずねよ』山本兼一 人生にとって欠かせない美や芸術について分かる。
4.『海の史劇』吉村昭 計画立案力・情報収集力・決断力の大切さが分かる。
5.『炎環』永井路子 憎悪・嫉妬・怨恨など人間の感情について分かる。
6.『宮本武蔵』吉川英治 道を究めること、何かを徹底することの重大さが分かる 
7.『海の都の物語』塩野七生 一つの価値観(民主主義)を守っていくことの大切さが分かる。
8.『天平の甍』井上靖 何かを学びたい、伝えたい、広めたいという情熱について分かる。 
9.『八甲田山死の彷徨』新田次郎 指揮系統をはっきりさせること、またリーダーシップや状況判断の重要性が分かる。
10.『樅の木は残った』山本周五郎 耐えること、何かのために犠牲になることの大切さが分かる。
また外国文学も好み、自身のメルマガで【私の好きな海外ミステリー】(一作家一作品)として、以下の作品を挙げている。
1.『冷血』トルーマン・カポーティ
2.『笑う警官』マイ・シューヴァルとペール・ヴァールー
3.『オリエント急行の殺人』 アガサ・クリスティ
4.『ジャッカルの日』フレデリック・フォーサイス
5.『マルタの鷹』ダシール・ハメット
6.『死の接吻』 アイラ・レヴィン
7.『さらば愛しき人よ』レイモンド・チャンドラー
8.『警察署長』スチュワート・ウッズ
9.『蘭の肉体』ジェイムス・ハドリー・チェイス
10.『将軍の娘』ネルソン・デミル
とくにスウェーデンのマイ・シューヴァルとペール・ヴァールーの書いた「刑事マルティン・ベック・シリーズ」を好み、そのオマージュ的作品として『横浜1963』という作品を書いている。
またスティーヴン・キングやディーン・R・クーンツの作品もよく読んでいる。
ただし小説を好んだのは20代までで、それ以降は実用書を主に読み、自らのビジネスに役立てようとしていた。
2002年頃までは小説家になりたいと思ったことはなかったが、家族旅行で静岡県三島市の山中城に行った折、「自分の作った作品の中で死ねるのは築城家だけ」というフレーズが突然浮かび、「小説を書こう」というインスピレーションを受けたという。だが最初に取り組もうとしたのは全国のお城のホームページの作成で、後に親友となる本間朋樹氏の「埋もれた古城」のようなホームページを作ろうとした。しかし文章が小説になってしまうので断念し、43歳にして小説家を志すことになる。その時に書いた作品が『悲雲山中城 戦国関東血風録』(絶版)になる。
その後、『戦国関東血風録 北条氏照修羅往道』(後に『北条氏照 秀吉に挑んだ義将』としてPHP研究所から文庫化)と『虚けの舞 織田信雄と北条氏規』(後に『虚けの舞』として講談社から文庫化)を書き、叢文社や彩流社から半ば自費出版のような形で刊行する。
2005年頃に勤めていたコンサルティング会社(日本ビジネスクリエイト株式会社)の社長(長谷昭)に献本したところ、「面白い」となり、長谷が電通出身で出版業界にコネクションがあったため、人を介して、当時角川書店で文芸編集長を務めていた新名新を紹介された。
一読した新名は伊東の才能を見抜き、徹底的にコーチングした末、2007年に『武田家滅亡』でメジャーデビューさせる。

伊東潤新刊

  • 発売日
    2019年5月15日
  • 書名
    吹けよ風 呼べよ嵐 (祥伝社文庫)
  • 発売日
    2019年3月5日
  • 書名
    真実の航跡
  • 発売日
    2018年12月4日
  • 書名
    天下人の茶 (文春文庫)

受賞歴

伊東潤関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

伊東潤関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

takenaka_1伊東潤「男たちの船出」読了。千石船を作ろうとした男たちの物語。親子の愛情、船大工の矜持、商人の大きな視野(商売根性?)テーマは山盛りだが、著者のいつもの迫力は、感じなかったな。
party89331/16最新★王様のブランチ★ブックランキングTOP10★9位★天下人の茶 伊東潤 https://t.co/IgypYpeaIf
nobunobuak歴史小説家、伊東潤氏からのおすすめもあり、手にしてみました。おすすめがなかったら、手にしなかったアルバム。じっくり聞くと、とてもよい楽曲が並ぶアルバム。ありがとうございました‼ https://t.co/lrhwEy6pQE
cakes_PR伊東潤さん本格社会派ミステリー!戦後とは何だったのか。その答えは1963年の日本と米国が混在する街、横浜にあった。横浜で起こった殺人事件を通して、日米関係の暗部に焦点を当てつつ、懸命に犯人を追い詰める二人の捜査官の姿を描いたノス… https://t.co/pp9KRUWtVP
LS_slot_bot「花や散るやん」「恋しぐれ」「蜩ノ記」などの歴史小説で知られる作家は?⇀葉室麟(同一リール:伊東潤、和田竜)
oikedouri伊東潤氏の家康ものか・・・。( ..)φメモメモ
kisukepiyopc小:人物のキャラクターが、ああさすがだなと見ていた。寿桂尼が認める場合とか森:寿桂尼のキャラの立ち方が凄い(死の間際の遺言の話)小:家康の描き方、岡崎の方から叱られた。こういう家康もアリかなと思った森:伊東潤さんの家康、雪斎に「お前めっちゃ普通やねん」と言われる→
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
伊東潤さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)