トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 伊東潤

伊東潤

伊東潤さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

伊東 潤(いとう じゅん、1960年6月24日- )は、日本の歴史小説作家、ノンフィクション作家。神奈川県横浜市生まれ。日本推理作家協会会員。
浅野中学校・高等学校を経て早稲田大学社会科学部を卒業。日本アイ・ビー・エム(株)をはじめとした外資系企業に勤務後、2006年初頭に(株)クエーサー・マネジメントというコンサルティング会社を設立。一時はコンサルタント6名を使い、手広く事業展開していたが、2008年9月のリーマンショック後、事業が不振になったため清算し、2010年初頭から専業作家となった。
企業経営のかたわら2002年頃から小説の執筆を開始し、2007年に角川書店(現KADOKAWA)から『武田家滅亡』で持ち込みデビューを果たした。
子供の頃から読書を趣味とし、2015年の「新刊展望」に書いたエッセイ「ぼくは”ゴン”が好きな子供だった」では、「母によると、私は三、四歳の頃、「何か一つ買ってあげる」と言われると、デパートのおもちゃ売り場を、さんざん回った末、結局、本屋さんに入り、「ゴン」と言って絵本を買ってもらう子供だった」と書いている。
子供の頃から無類の小説好きで、夏目漱石、森鴎外、三島由紀夫といった文豪作品はもとより、司馬遼太郎、吉川英治、吉村昭、海音寺潮五郎、井上靖、新田次郎、津本陽といった作家たちの歴史小説を乱読。さらに江戸川乱歩、松本清張、横溝正史、高木彬光、森村誠一といったミステリー系の作家から、小松左京や筒井康隆といったSF系の作家までジャンルにこだわらず読んでいた。
2002年頃までは小説家になりたいと思ったことはなかったが、家族旅行で静岡県三島市の山中城に行った折、「自分の作った作品の中で死ねるのは築城家だけ」というフレーズが突然浮かび、「小説を書こう」というインスピレーションを受けたという。だが最初に取り組もうとしたのは全国のお城のホームページの作成で、後に親友となる本間朋樹氏の「埋もれた古城」のようなホームページを作ろうとした。しかし文章が小説になってしまうので断念し、43歳にして小説家を志すことになる。その時に書いた作品が『悲雲山中城 戦国関東血風録』(絶版)になる。
その後、『戦国関東血風録 北条氏照修羅往道』(後に『北条氏照 秀吉に挑んだ義将』としてPHP研究所から文庫化)と『虚けの舞 織田信雄と北条氏規』(後に『虚けの舞』として講談社から文庫化)を書き、叢文社や彩流社から半ば自費出版のような形で刊行する。
2005年頃に勤めていたコンサルティング会社(日本ビジネスクリエイト株式会社)の社長(長谷昭)に献本したところ、「面白い」となり、長谷が電通出身で出版業界にコネクションがあったため、人を介して、当時角川書店で文芸編集長を務めていた新名新を紹介された。一読した新名は伊東の才能を見抜き、徹底的にコーチングした末、2007年に『武田家滅亡』でメジャーデビューさせる。

伊東潤新刊

  • 発売日
    2019年7月10日
  • 書名
    横浜1963 (文春文庫)
  • 発売日
    2019年6月28日
  • 書名
    家康謀殺
  • 発売日
    2019年5月15日
  • 書名
    吹けよ風 呼べよ嵐 (祥伝社文庫)

受賞歴

伊東潤関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

伊東潤関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kasikurayosimi『横浜1963』リビジット 【歴史奉行通信】第四十五号|伊東潤|note https://t.co/vXD9PHnm93
kiichiros【ゲスト伊東潤】キャラクターの内面の掘り下げかた【鈴木輝一郎小説講座動画ダイジェスト】「横浜1963」と歴史小説とのリアリティの出しかた・内面の掘り下げかたの話。「へー」とか「ほー」とか。手の内を隠さない人です>https://t.co/tLimC1lBjU
cakes_news一人の若き弁護士が、“勝者なき裁判”に挑む。戦争が抱える闇に切り込む、圧巻の歴史小説!|裁決の時|4−7|真実の航跡|伊東潤 @jun_ito_info |cakes(ケイクス)| https://t.co/qmgHVmm6KG
qmabungaku【線結び】次の第146回直木賞の候補となった作品と、その作者の正しい組み合わせを選びなさい[A.蜩ノ記|B.城を噛ませた男|C.コラプティオ][1.伊東潤|2.葉室麟|3.真山仁]→A-2、B-1、C-3
party89331/16最新★王様のブランチ★ブックランキングTOP10★9位★天下人の茶 伊東潤 https://t.co/IgypYpeaIf
KoufuSamurais(伊東潤「#家康忙殺」もとい「#家康謀殺」、電子版にて読了しました。 もちろん大坂の陣前後家康がどんなに忙しかったかを描いたドキュメントではなく、表題作を含む戦国群像短編集、桶狭間から大坂落城まで、ミステリ調から伝奇作品まで多彩… https://t.co/5pLzQK1q91
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
伊東潤さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)