トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 伊東潤

伊東潤

伊東潤さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

伊東 潤(いとう じゅん、1960年6月24日- )は、日本の歴史小説作家、ノンフィクション作家。神奈川県横浜市生まれ。日本推理作家協会会員。
浅野中学校・高等学校を経て早稲田大学卒業。卒業後、日本IBM(株)をはじめとした外資系企業に勤務。2002年頃から執筆活動を開始。2003年(平成15年)北条氏照の生涯を描いた『戦国関東血風録』でデビューする。2006年に独立し、コンサルティング会社の経営と執筆活動を並行して行う。2007年(平成19年)、武田家の滅亡を多視点の群衆小説として描いた『武田家滅亡』(角川書店)にてメジャーデビューする。
以降、主に戦国時代の東国を中心に据えた歴史小説を手掛ける。2010年より専業作家として活動を開始。2010年頃より、時代、地域、分野ともに守備範囲を広げつつある。また、新書分野への進出も活発で、ビジネス新書として『天下人の失敗学』(講談社)、歴史研究新書として、在野の研究家・乃至政彦との共著『戦国関東史と御館の乱』(洋泉社)を出している。
『KENZAN!』『小説宝石』『小説現代』『オール讀物』誌等に定期的に短編が掲載され、それらを集めた短編集も出版されている。
ビジネス業界に長らく所属していた作家でありながら、その作風はビジネス指南的な要素の少ない、本格的な歴史小説である。特に、緻密な歴史考証によるリアリティー溢れる作風を持ち味としており、NEO系歴史小説とは全く対照的な意味での、新時代の歴史小説の担い手として注目を集めつつある。城の防御機構についても非常に詳しく、『歴史人』2011年9月号(KKベストセラーズ)から初の連載寄稿「城を攻める⇒城を守る」を2年間24回にわたり執筆した。また『月刊ジェイ・ノベル』(実業之日本社)で2013年9月号から歴史エッセー「敗者列伝」が開始され、そのダイジェスト版が2014年4月より産経新聞紙上でも掲載される。
また、かつてはアマチュア・ウィンドサーファーでもあり、ソウル五輪国内予選への参加(8位入賞)や「湘南百年祭記念選手権」優勝など各種レース入賞の実績も持つ。

伊東潤新刊

  • 発売日
    2018年5月15日
  • 書名
    池田屋乱刃 (講談社文庫)
  • 発売日
    2018年3月15日
  • 書名
    決戦!本能寺 (講談社文庫)
  • 発売日
    2018年3月15日
  • 書名
    決戦!本能寺 (講談社文庫)

受賞歴

伊東潤関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

伊東潤関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

nobukatu_botわしが主役・また準主役で出ている本を紹介するぞ。①『虚けの舞』伊東潤著。わしと北条氏規が主人公ぞ。しかし・・・小牧長久手や賤ヶ岳、朝鮮出兵前など色々と場面が変わるが韮山城の戦いは辛かった。名立たる武将ばかりでわしが統率など・・・それにしても秀吉は・・・
kiichiros【鈴木輝一郎小説講座動画ダイジェスト・ゲスト伊東潤】こうすればミステリが書ける 「自分の強みを見つめよう」とか、そんな話。ここまで手の内を明かしてもいいの?というぐらい話してもらってます>https://t.co/vRslKHXrJ9
geinouota1/16最新★王様のブランチ★ブックランキングTOP10★9位★天下人の茶 伊東潤 https://t.co/dpB2B8TVfI
party89331/16最新★王様のブランチ★ブックランキングTOP10★9位★天下人の茶 伊東潤 https://t.co/IgypYpeaIf
rekishikouro伊東潤『野望の憑依者(よりまし)』「〜鎌倉幕府の崩壊・建武の新政・皇統の分裂……。激動の時代に野望を滾らせ、理想とする世界を創ろうとする師直の悪漢ぶりが、まさに〜」https://t.co/zLJpri6t29達眼老練の四〇〇字 #書評【書物目利所】― 細谷正充
bot_1059伊東潤+板嶋恒明 著『北条氏康 関東に王道楽土を築いた男』(PHP新書) ……… 奇妙な方法で領国を拡大し続けている大名がいた。信長の「天下布武」とは真逆の「祿壽應穩」や「四公六民」といった旗印を掲げ、民との対話を重視し…… https://t.co/9AElJgmAKp
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
伊東潤さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)