トップページ > 作家名一覧 > うから始まる作家名一覧 > 歌野晶午

歌野晶午

歌野晶午さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

歌野 晶午(うたの しょうご、1961年 - )は、日本の小説家、推理作家。本名は歌野 博史。東京農工大学農学部卒業。
高校時代は漫画研究部に所属。大学卒業後、編集プロダクションで働く傍ら、小説を執筆する。島田荘司のエッセイを参考に島田宅を訪れ、それをきっかけに島田の推薦により1988年に『長い家の殺人』でデビュー。ペンネームの「晶午」は島田が考案した。以後、『白い家の殺人』『動く家の殺人』の家シリーズなどの名探偵・信濃譲二の活躍を描くシリーズと、『ガラス張りの誘拐』『死体を買う男』などのノンシリーズものの執筆を行う。
1992年の『さらわれたい女』以後、一時作品の発表がとだえるが、1995年『ROMMY』で復活。以後、1年に1〜2冊のペースで新作を発表し続ける。2003年に発表した『葉桜の季節に君を想うということ』は、2004年のこのミステリーがすごい!、本格ミステリ・ベスト10の各1位に選ばれ、第57回日本推理作家協会賞と、第4回本格ミステリ大賞を受賞し、高い評価を得た。

歌野晶午新刊

  • 発売日
    2018年4月3日
  • 書名
    ([ん]1-11)みんなの少年探偵団2 (ポプラ文庫)

受賞歴

歌野晶午関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

歌野晶午関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

ComYosamiマシュマロありがとうございます!私の文章がお好みに合ったということで、すごく嬉しいです。ミステリなら何でも読むんですけど、鈍器で有名な百鬼夜行シリーズと歌野晶午作品を最近はよく読み直してます。#マシュマロを投げ合おうhttps://t.co/bYm8jv8LXS
booktitle_bot『ジェシカが駆け抜けた七年間について』歌野晶午
pxa00336ナイス 【葉桜の季節に君を想うということ (文春文庫)/歌野 晶午】評判通りなるほど面白い一冊でした。主人公たちの描写に漠然とした違和感を感じつつもテンポ良く種明かしの終盤まで読み進めていました… → https://t.co/HHklu6Uz0e #bookmeter
_wbii2貫井徳郎だったか横山秀夫だったか歌野晶午だったか湊みゆきだったか
twi2nakayama一瞬だけ幸福になりたいのなら、復讐しなさい。永遠に幸福になりたいのなら、赦しなさい。(歌野晶午)
tatsumi_cover歌野晶午「放浪探偵と七つの殺人」(2002)講談社文庫 https://t.co/yQsUeRHkde
jibun_ouen_word優秀な人間を見て、自分は敵わないと思ったら、その時点でもう負けだ。自分の可能性を信じる人間だけが、その可能性を現実化できる資格を持つ。俺は生きているかぎり、「何でもやってやろう屋」を続けるよ。(葉桜の季節に君を想うということ/歌野晶午)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
歌野晶午さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)