トップページ > 作家名一覧 > うから始まる作家名一覧 > 歌野晶午

歌野晶午

歌野晶午さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

歌野 晶午|うたの しょうご|1961年 - は、日本の小説家、推理作家。本名は歌野 博史。東京農工大学農学部卒業。
高校時代は漫画研究部に所属。大学卒業後、編集プロダクションで働く傍ら、小説を執筆する。島田荘司のエッセイを参考に島田宅を訪れ、それをきっかけに島田の推薦により1988年に『長い家の殺人』でデビュー。ペンネームの「晶午」は島田が考案した。以後、『白い家の殺人』『動く家の殺人』の家シリーズなどの名探偵・信濃譲二の活躍を描くシリーズと、『ガラス張りの誘拐』『死体を買う男』などのノンシリーズものの執筆を行う。
1992年の『さらわれたい女』以後、一時作品の発表がとだえるが、1995年『ROMMY』で復活。以後、1年に1、2冊のペースで新作を発表し続ける。2003年に発表した『葉桜の季節に君を想うということ』は、2004年のこのミステリーがすごい!、本格ミステリ・ベスト10の各1位に選ばれ、第57回日本推理作家協会賞と、第4回本格ミステリ大賞を受賞し、高い評価を得た。

受賞歴

歌野晶午関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

歌野晶午関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

dokudokuhamster#今日買った・届いた本を紹介する紀伊國屋書店ウェブストアから届いた本。『首切り島の一夜』歌野晶午再読&カバーを外した表紙裏の文章を読んで、真相に辿り着くために購入‼️『ミン・スーが犯した幾千もの罪』トム・リンTLに… https://t.co/7JBmgc2TIn
kkaaeeddeefu629首切り島の一夜/歌野晶午正直なところ、私は何を読んでいたんだろう?という感じ。私が読み切れてないだけなのか、何か見落としているのか、それさえも理解出来ていない。あれはどういう事?そしてあれは?それぞれの章はなかなか面白か… https://t.co/uvis5F2cBT
yoshida45歌野晶午『首切り島の一夜』(講談社)を読了。50をすぎた高校同級生たちが老齢の恩師とともにやり直し修学旅行として孤島に行き、殺人事件が起こるミステリー小説。アンチミステリーなのかなんなのかわからないけど、ミステリーファンは読まなく… https://t.co/23CYuo5pjO
PMV78yuq74cSNRs世間では評価されているのに、読み進められない小説ってありませんか?私は・ライ麦畑でつかまえて(サリンジャー著)・葉桜の季節に君を想うということ(歌野晶午著)が今まではダメで楽しみにしていたのに・熱源(川越宗一著)が進め… https://t.co/giwTuZ8adG
Qv5Hf『首切り島の一夜』 歌野晶午高校時代の同窓生である壮年の男女と元教師を集め行われた再現修学旅行。その中で参加者の1人が死亡する。事故か事件か…参加者各々の人生のお話。私の読解力では理解するのが難しいお話でした
yorunohikari_#好きな小説家歌野晶午近くの本屋にあまり売ってないので、また何処かに探しに行きたい https://t.co/6afipaWo0I
tug0x0r読了。なんか…先生にしては結末が薄いなぁ、想像ついちゃったし…と思った矢先の、ラスト数ページのあの裏切り。これぞ歌野晶午だなと。真髄を見た気持ち。やっぱすげぇよ、歌野先生。 https://t.co/Hmeu9CP2U7
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    歌野晶午さんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)