トップページ > 作家名一覧 > うから始まる作家名一覧 > 歌野晶午

歌野晶午

歌野晶午さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

歌野 晶午(うたの しょうご、1961年 - )は、日本の小説家、推理作家。本名は歌野 博史。東京農工大学農学部卒業。
高校時代は漫画研究部に所属。大学卒業後、編集プロダクションで働く傍ら、小説を執筆する。島田荘司のエッセイを参考に島田宅を訪れ、それをきっかけに島田の推薦により1988年に『長い家の殺人』でデビュー。ペンネームの「晶午」は島田が考案した。以後、『白い家の殺人』『動く家の殺人』の家シリーズなどの名探偵・信濃譲二の活躍を描くシリーズと、『ガラス張りの誘拐』『死体を買う男』などのノンシリーズものの執筆を行う。
1992年の『さらわれたい女』以後、一時作品の発表がとだえるが、1995年『ROMMY』で復活。以後、1年に1、2冊のペースで新作を発表し続ける。2003年に発表した『葉桜の季節に君を想うということ』は、2004年のこのミステリーがすごい!、本格ミステリ・ベスト10の各1位に選ばれ、第57回日本推理作家協会賞と、第4回本格ミステリ大賞を受賞し、高い評価を得た。

受賞歴

歌野晶午関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

歌野晶午関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

tmsk_nt【密室殺人ゲーム王手飛車取り (講談社文庫)/歌野 晶午】講談社文庫の夏ミスで、有栖川さんが推していた1冊。「密室」というワードに惹かれてまずこれを。登場人物は、奇妙なニックネームの5人。ネット… → https://t.co/7g5YDw81Fp #bookmeter
neko_ca_tom10「だから全部で十二駅なのか」密室殺人ゲーム王手飛車取り歌野晶午講談社文庫
qma_lsjnat_bot2007年に刊行された歌野晶午の短編集⇒舞田ひとみ11歳ダンスときどき探偵 探偵よりダンスの方が大事
NIGOU_kitasui「塀も窓も壊されていたのですよ」(歌野晶午『密室殺人ゲーム 2.0』)
ruiji_31#名刺代わりの小説10選葉桜の季節に君を想うということ/歌野晶午カシオペアの丘で/重松清ホーリー・ガーデン/江國香織本日は、お日柄もよく/原田マハすべてがFになる/森博嗣クライマーズ・ハイ/横山秀夫砂漠/伊坂幸太郎… https://t.co/o756qGPpQV
booktitle_bot『ジェシカが駆け抜けた七年間について』歌野晶午
bookhunterosaka@0zBrQitHpCKuUPA 読みますが、かっこつけてしまいました。ミステリーが大好きです。宮部みゆき有栖川有栖島田荘司京極夏彦歌野晶午殊能将之(ハサミ男など)篠田真由美(建築探偵シリーズ)はハズレなしです。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
歌野晶午さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)