トップページ > 作家名一覧 > うから始まる作家名一覧 > 歌野晶午

歌野晶午

歌野晶午さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

歌野 晶午(うたの しょうご、1961年 - )は、日本の小説家、推理作家。本名は歌野 博史。東京農工大学農学部卒業。
高校時代は漫画研究部に所属。大学卒業後、編集プロダクションで働く傍ら、小説を執筆する。島田荘司のエッセイを参考に島田宅を訪れ、それをきっかけに島田の推薦により1988年に『長い家の殺人』でデビュー。ペンネームの「晶午」は島田が考案した。以後、『白い家の殺人』『動く家の殺人』の家シリーズなどの名探偵・信濃譲二の活躍を描くシリーズと、『ガラス張りの誘拐』『死体を買う男』などのノンシリーズものの執筆を行う。
1992年の『さらわれたい女』以後、一時作品の発表がとだえるが、1995年『ROMMY』で復活。以後、1年に1〜2冊のペースで新作を発表し続ける。2003年に発表した『葉桜の季節に君を想うということ』は、2004年のこのミステリーがすごい!、本格ミステリ・ベスト10の各1位に選ばれ、第57回日本推理作家協会賞と、第4回本格ミステリ大賞を受賞し、高い評価を得た。

受賞歴

歌野晶午関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

歌野晶午関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

unapneaすごい明るくてハキハキしてるひとが歌野晶午が好きっていうギャップにやられたりなどしました
tatsumi_cover歌野晶午「白い家の殺人」(1989)講談社ノベルス https://t.co/O1Y3RQYiEK
3HI32G8Lsb759aj久々に本を買いました!(いつもは図書館で借りてます)『葉桜の季節に君を想うということ』(歌野晶午)『あこがれ』(川上未映子)の2冊です。最近、ちょっと気分が落ち込みがちだったけど、本買っただけで、ちょっと幸せな気分になれました
nagaki_h宮部みゆきと京極夏彦はどの作品も素敵と信頼しているんだけど最近この信頼に肩を並べつつある歌野晶午面白い。世界の終わり、あるいは始まり面白い。先が見えん。願わくば悪い夢であれと。
yNdb3Xu2T4qopqh歌野晶午「動く家の殺人」読了スピード感のある文と展開の早さはさすが歌野先生。ただ、登場人物の心情があんまり伝わってこなかったなぁ…トリック?も運任せ的な感じが否めずあまりのめり込めなかった…
MdITafuナイス 【世界の終わり、あるいは始まり (角川文庫)/歌野 晶午】本作は禁じ手てんこ盛りである。歌野晶午がやってはいけないのではないか。どんなラストを迎えるかワクワクしていたのに、このワクワクを… → https://t.co/wYgDb4pfhH #bookmeter
10ma_to『葉桜の季節に君を想うということ』歌野晶午タイトルが素敵で手にした本。なんでこれ読んでるんだろう…と思うような描写もありながら、ラストに向かうある一行であれ?あれ?と混乱しました。まんまとだまされてた私は途中不快感すら抱い… https://t.co/STRRkac5mt
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
歌野晶午さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)