トップページ > 作家名一覧 > うから始まる作家名一覧 > 歌野晶午

歌野晶午

歌野晶午さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

歌野 晶午(うたの しょうご、1961年9月26日|date=2017年1月 - )は、日本の小説家、推理作家。本名は歌野 博史(うたの ひろし)|date=2017年1月。主に本格推理小説を発表している。いわゆる「新本格第一世代」の1人|date=2017年1月。千葉県出身。福岡県立城南高等学校卒業|date=2017年1月。東京農工大学農学部環境保護学科|date=2017年1月卒業。
高校時代は漫画研究部に所属。大学卒業後、編集プロダクションで働く傍ら、小説を執筆する。島田荘司のエッセイを参考に島田宅を訪れ、それをきっかけに島田の推薦により1988年に『長い家の殺人』でデビュー。ペンネームの「晶午」は島田が考案した。以後、『白い家の殺人』『動く家の殺人』の家シリーズなどの名探偵・信濃譲二の活躍を描くシリーズと、『ガラス張りの誘拐』『死体を買う男』などのノンシリーズものの執筆を行う。
1992年の『さらわれたい女』以後、一時作品の発表がとだえるが、1995年『ROMMY』で復活。以後、1年に1〜2冊のペースで新作を発表し続ける。2003年に発表した『葉桜の季節に君を想うということ』は、2004年のこのミステリーがすごい!、本格ミステリ・ベスト10の各1位に選ばれ、第57回日本推理作家協会賞と、第4回本格ミステリ大賞を受賞し、高い評価を得た。

歌野晶午新刊

  • 発売日
    2017年9月7日
  • 書名
    7人の名探偵 新本格30周年記念アンソロジー (講談社ノベルス)
  • 発売日
    2017年9月7日
  • 書名
    ディレクターズ・カット

受賞歴

歌野晶午関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

歌野晶午関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

sasavo次は7人の名探偵読みましょ。栞は歌野晶午先生でした。 https://t.co/7Xrzxcy1Oc
danmatuma歌野晶午『絶望ノート』読了。真相の衝撃度としては物足りない。主人公のラストは因果応報や戒めの意味で書いたのだろうか。
remisan1121ディレクターズ・カット。歌野晶午。読了。
kotobaA00一瞬だけ幸福になりたいのなら、復讐しなさい。永遠に幸福になりたいのなら、赦しなさい。 by 歌野晶午
serifu_novelsむしろ優雅と言ってほしいものだな。年越しに浮き足立つ世間を尻目に密室殺人の謎解きを。なんという高等遊民 ――伴道全教授 (歌野晶午「密室殺人ゲーム2.0」)
toriiro_bot「優秀な人間を見て、自分は敵わないと思ったら、その時点でもう負けだ。自分の可能性を信じる人間だけが、その可能性を現実化できる資格を持つ」(歌野晶午「葉桜の季節に君を想うということ」)
tenngaitenn「ディレクターズ・カット(歌野晶午)」 https://t.co/TgE5L8Kxhv #読書管理ビブリア 面白いけど胸糞悪いー(笑)←褒めてる
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
歌野晶午さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)