トップページ > 作家名一覧 > まから始まる作家名一覧 > 真山仁

真山仁

真山仁さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

真山 仁(まやま じん、1962年7月4日 - )は、日本の小説家。経済小説 『ハゲタカ』シリーズの著者として知られる。
大阪府堺市出身。新金岡で育ち、現在(堺市長と対談時の2016年)なお「堺で過ごした幼少期の頃の体験が強く影響」としている。
児童会の役員を務めていた小学6年生のとき、小学校の「夏休み中は午前11時まで外出するな」というルールがおかしい、と感じて担任教諭に直訴する。「既存のルールを変えたかった」のだが、級友からは「政治家になれ」と言われ、自身の「表からも裏からもニュートラルな立場でモノを見る強み」に気付く。「世の中を変えるため」政治家へ進む道を考えるが、世の中を変えるまでの影響力を持つためには派閥を作り国会の過半数を取る必要があるため弁護士の道も考えたが、法廷で勝っても社会は変えにくい。そこで「たった一人の人間が社会に向けて『世の中がおかしい』と物申せる職業は何か」と考えた結果、小6で選んだ道が小説家だった。
小説家になるため、「3日に1冊のペースで小説を読みあさ」り、桃山学院高等学校2年の夏休みに原稿用紙550枚の作品を江戸川乱歩賞に応募。大学受験を控えた高3も小説を書いてばかりいたが「社会に対する違和感を訴えるツールとして小説がある」信念を貫き、「ジャッカルの日のフレデリック・フォーサイスのような、日本にはなかったポリティカル・フィクションという具体的な目標もできた」。
同志社大学法学部政治学科に進み、卒業後の1987年(昭和62年)に中部読売新聞(現在の読売新聞中部支社)へ入社。岐阜支局記者として勤務し、1990年(平成2年)に退職してフリーライターとなった。
1995年1月17日の阪神淡路大震災で被災。震源に近い神戸市垂水区の7階建てマンションの1階に住んでおり、震災の早朝は徹夜で執筆を終え就寝の直後で、圧死を覚悟した。この時の気持ちを真山は「諦観がよぎるとともに、天井を冷静に凝視し、とても腹が立った」。「(小説家を目指して)必死で生きてきたのに、こんな災害で殺すのか、と」と述べている。この体験がライフワークとして震災を書く原点となり、東日本大震災後の被災地を舞台にした『雨に泣いてる』執筆につながった。
2003年(平成15年)、生命保険会社の破綻危機を描いた 『連鎖破綻 ダブルギアリング』で作家デビューした。当時のペンネームは、「香住 究」(かずみ きわむ)だった。翌年、ハゲタカファンドを扱った小説、『ハゲタカ』を、「真山 仁」として出版し、経済小説の新鋭として注目される。
2012年(平成24年)、『コラプティオ』で第2回山田風太郎賞候補、第146回直木賞候補。2014年、『グリード』で第35回吉川英治文学新人賞候補。

受賞歴

真山仁関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

真山仁関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

TsukadaSatoshi《混迷の聖火リレーに想う》「復興五輪」はまやかし…私が今すぐ東京五輪を中止すべきと考えるこれだけの理由(真山仁)(文春オンライン)#Yahooニュースhttps://t.co/ErHAtkyweH
yuuta24mikiko『《混迷の聖火リレーに想う》「復興五輪」はまやかし…  小説家・真山仁氏』⇒ https://t.co/GoRi8KdL4e #アメブロ @ameba_officialより 深刻な感染症によって世界中で学校閉鎖が続いている状態… https://t.co/OGfhldjeD4
orhodaorhoda以下の記事中での、小説家の真山仁氏の主張:「今回もあえて申し上げますが、言ってしまえばオリンピックは国際的な“運動会”にすぎません。深刻な感染症によって世界中で学校閉鎖が続いている状態なのに、なぜ運動会の準備だけ進めているのでしょ… https://t.co/GBDr4ncNw0
tonchi19520319オリンピック開催について小説家の真山仁さんが、オリンピックについてコメントしていますが、彼の意見にだいさんせいです。
kujilaboそう、国際的な運動会感情だけの安心だけで進める政府選手に負わせるなよ責任を真山仁さんの意見に賛同 https://t.co/8qlmzcBTUu
kyoichirhokogaはてなブログに投稿しました #はてなブログ読書日記 神域上・下 真山仁著 - 古賀恭一郎の日記https://t.co/H4LIajlNzj
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)