トップページ > 作家名一覧 > まから始まる作家名一覧 > 真山仁

真山仁

真山仁さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

真山 仁(まやま じん、1962年7月4日 - )は、日本の小説家。経済小説 『ハゲタカ』シリーズの著者として知られる。
大阪府出身。同志社大学法学部政治学科卒業後、1987年(昭和62年)に中部読売新聞(現在の読売新聞中部支社)へ入社。岐阜支局記者として勤務し、1990年(平成2年)に退職してフリーライターとなった。
1995年に阪神淡路大震災で被災。
2003年(平成15年)、生命保険会社の破綻危機を描いた 『連鎖破綻 ダブルギアリング』で作家デビューした。当時のペンネームは、「香住 究」(かずみ きわむ)だった。翌年、ハゲタカファンドを扱った小説、『ハゲタカ』を、「真山 仁」として出版し、経済小説の新鋭として注目される。
2012年(平成24年)、『コラプティオ』で第2回山田風太郎賞候補、第146回直木賞候補。2014年、『グリード』で第35回吉川英治文学新人賞候補。

真山仁新刊

  • 発売日
    2018年11月21日
  • 書名
    当確師 (中公文庫)
  • 発売日
    2018年10月5日
  • 書名
    アディオス! ジャパン 日本はなぜ凋落したのか
  • 発売日
    2018年9月14日
  • 書名
    ハゲタカ4・5 スパイラル (講談社文庫)

受賞歴

真山仁関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

真山仁関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

MoneyAdvisers13レオパレスは色々と本当に面白いな。こりゃ池井戸潤氏か真山仁氏辺りの次回作の候補にして欲しいね。経営陣もとても信用できない。キャッシュリッチな企業とは言え、既に終わってるかも知れない。
qmabungaku【線結び】次の第146回直木賞の候補となった作品と、その作者の正しい組み合わせを選びなさい[A.蜩ノ記|B.城を噛ませた男|C.コラプティオ][1.伊東潤|2.葉室麟|3.真山仁]→A-2、B-1、C-3
mmjmsm読書終了 シンドローム(下)/真山仁 #bookmeter https://t.co/sH1lZkVBxB
2ztk4――弱い男は嫌い。言い訳する男も、闘わない男もね。何より嫌いなのは、能力があるのにそれを試す勇気のない男。真山仁『当確師』中央公論新社 より
QMA_MayaQ(ラ文)かつては「香佳究」というペンネームを使っていた「ハゲタカ」などの経済小説で知られる作家は? A.真山仁(まやまじん)
banchou_na午前中は自宅リビングにてお気に入りの旧作を~
howtodominate@standing5hiro 静岡と言うと、先日文芸社が「生きてさえいれば」と言う文庫本を出してました。例の「余命10年」の著者の女性の遺稿らしいけど、ここまで行くとハゲタカだなぁ~と、真山仁の経済小説を思い出してしまいます。←完全に活字中毒
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)