トップページ > 作家名一覧 > ふから始まる作家名一覧 > 船戸与一

船戸与一

船戸与一さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

船戸 与一(ふなど よいち、1944年2月8日 - 2015年4月22日)は、日本の小説家。本名:原田 建司(はらだ けんじ)。
山口県下関市生まれ、早稲田大学法学部卒業。
小学館、祥伝社などの出版社勤務を経てフリーになり、執筆活動を始める。1979年『非合法員』(講談社)で冒険小説家としてデビュー。
他に豊浦 志朗の筆名で『叛アメリカ史』などのルポルタージュ、外浦 吾朗の筆名で『ゴルゴ13』、『メロス』の劇画原作も著している。
2015年4月22日 、胸腺癌のため死去。71歳没。闘病生活を続けながら執筆した長編『満州国演義』シリーズの完結をもって絶筆となった。

船戸与一新刊

  • 発売日
    2019年6月12日
  • 書名
    日本推理作家協会賞受賞作家 傑作短編集(9)-冒険と謀略と (双葉文庫)

受賞歴

船戸与一関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

船戸与一関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

AEycYtThRRHEIAM@yoshidachikashi 私も再読は折りに触れてやりますが、豊田穣さん、岡本好古さんの戦記小説や、戦記ノンフィクションが多いです。後は、船戸与一さん、佐々木譲さんの冒険小説など。「猛き箱舟」は、10回以上読んだような。
Senmusamit00001#泣けた小説10選『晴子情歌』高村薫『海王伝』白石一郎『壬生義士伝』浅田次郎『中原の虹』浅田次郎『天を衝く』高橋克彦『逃がれの街』北方謙三『アビシニアン』古川日出男『真田太平記』池波正太郎『砂のクロニクル』船戸与一『西巷説百物語』京極夏彦
hit4boy船戸与一『神話の果て』ペルーのゲリラ組織を壊滅すべく派遣された、日本人破壊工作員の活躍を描く冒険小説です。元文化人類学者にして殺戮衝動に目覚めた主人公という設定が面白いですね。血煙漂う西部劇を彷彿とさせる、スケールの大きな作品です。https://t.co/BKpzGj1We5
record_of_F"賛同呼びかけ人"からのメッセージご紹介: 船戸与一(小説家)「相変わらずの情熱、驚異です。御健闘を!」 #fukushima
daruma1021「船戸与一は長編のイメージが強いが、実は短編を書いても名手」という山田さんの指摘に強く同意。特にここに挙げられた短編集は私も好き。
chamkyshinchan本の雑誌12月号。船戸与一は全部読んだつもりでいたけど、短編集を読んでいなかった気がする。 https://t.co/T9yPH8stYN
mys_sus_bot【四択】宝島社による『このミステリーがすごい!』が初めて刊行された1988年版で、1位を獲得した船戸与一の小説は?→『伝説なき地』
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
船戸与一さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)