トップページ > 作家名一覧 > おから始まる作家名一覧 > 折原一

折原一

折原一さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

折原 一(おりはら いち、1951年11月16日、埼玉県白岡市白岡町在住。日本推理作家協会、本格ミステリ作家クラブ会員。
1970年に埼玉県立春日部高校。3年後に出版事業局に異動し、1980年に月刊旅行誌『旅』の編集部に配属される。
1985年、「おせっかいな密室」がオール讀物推理小説新人賞の最終候補作となる。1987年にJTBを退社し、1988年に、同作を含む短編集『五つの棺』が東京創元社より刊行される。次いで同社より「鮎川哲也と十三の謎」の1冊目として『倒錯の死角(とうさくのアングル) 201号室の女』が刊行される。同年に執筆した長編推理小説『倒錯のロンド』が江戸川乱歩賞最終候補作まで残るものの落選。1995年早川書房より刊行した小説『沈黙の教室』で第48回日本推理作家協会賞を受賞。
執筆する作品のほとんどに叙述トリックが使われることから「叙述トリックの名手」と呼ばれる。
しかし90年代の前半に叙述トリック作品を連発したために、「叙述トリック作家」という呪縛にとらわれ「展開が窮屈で無理な作品がつづいた」と回顧している。このときに生まれた作品が『異人たちの館』であり、新潮文庫(1996年)、講談社文庫(2002年)、文春文庫(2016年)と「三次文庫」として出すほど本人も思い入れのある作品であり、「自分の持っているすべてをぶちこん」だ「転機となる記念碑的な作品」と述懐している。
だが、ノンシリーズの作品であったことも影響してか、売れ行きはあまり芳しくなく、新潮文庫と講談社文庫ともにすぐに絶版となってしまった。
伯父は作家の中島敦。妻は小説家の新津きよみ。共に執筆した小説『二重生活』が講談社より刊行されている。また、同じく推理作家の北村薫は、春日部高校、早稲田大学の先輩にあたり、大学在学時にはともにワセダミステリクラブに所属していた。折原の著書の一つ『ファンレター』には全編を通して"西村香"という覆面作家が登場している。
作中で活躍する探偵は、密室マニアであるが故に簡単な事件も「密室」と捉えてしまい、かえって事態をややこしくする迷警部の黒星光などがいる。
ホラー作品、「チェーンレター」発表当初は「青沼 静也」のペンネームを使用した。
日本テレビ『マジカル頭脳パワー』の「マジカルミステリー劇場」の原案ブレーンに関わっていた事もある。またフジテレビアナウンサーの笠井信輔は自身のプロフィールで折原ファンを公言している。

折原一新刊

  • 発売日
    2020年3月12日
  • 書名
    棒の手紙 (光文社文庫)

受賞歴

折原一関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

折原一関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

CiC6NQyMGaemzY9倒錯のロンド折原一#読了凄かった。読後には、その言葉が浮かんだ。読みやすく、どんどんストーリーに引き込まれていった。叙述トリックと分かっている状態で読んでも、騙されてしまった。折原さんの作品をもっと読みたい。そして、… https://t.co/Ec4wVHgxzF
booktkhd05 #おすすめ小説 66冊目折原一『倒錯のロンド』自分の小説が盗作されて賞をもらっていたという設定の中で二転三転する作品どんでん返しが何回も起こるので読んでいて混乱することもしばしばありました笑盗作と倒錯がかかってる… https://t.co/4HiNcerkzx
alexa_since折原一さんの『倒錯のロンド』を読み終わりました!作家志望の人物が自分の未発表の小説を盗作され、その「盗作者」との駆け引きが描かれます。平凡なミステリーかと思うと、真相がわかり始めると、自分がすごい勘違いをしていたことに気づ… https://t.co/VNkSeiuIFW
oho1426181171久しぶりに父親の本棚から折原一の『倒錯のロンド』を引っ張り出してきて読んだが、やっぱ面白いなぁ叙述トリックはあの種明かしの時の天地がひっくり返るような衝撃がたまらん あと折原一作品の根暗で狂ってる主人公は感情移入しやすい(笑)
susu91449315ばかみたいまじで過労死したら報われるかもよ折原一とお茶を飲みたいな。セックスして死にたいな台湾で正直に働いて嫌われて失望したい台湾人はバカがきらい。台湾の男に好かれたらそれは日本人だから。20歳すぎたら叱られる前に気づかな… https://t.co/P2gYwo2Z6y
BAKUMAN_BOT特に1話目は1位獲っても「1位で当たり前の1話目」って言うんですよ知ってました?(折原一力) #bakuman
rarararakkon折原一「双生児」#読了過去の女性の誘拐と二人の瓜二つの女性の現在の話で物語が進んでいくミステリー。難しかったです。えっ?となる場面が多くて謎‥なお話でした。不気味なストーリーでした苦笑
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)