トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 入間人間

入間人間

入間人間さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

入間 人間(いるま ひとま、男性、1986年 - )は日本のライトノベル作家。岐阜県出身。
大学在学中の2006年、第13回電撃小説大賞にて投稿作「幸せの背景は不幸」が最終選考に残り、同作を『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 幸せの背景は不幸』へと改題・改稿し、翌年の2007年に、アスキーメディアワークスの発行する電撃文庫より小説家としてデビューする。ちなみに入間人間というペンネームの由来について、投稿時代は「応募ごとに(ペンネームを) 変えていたので、当時なぜこうしたかはよく覚えていません。」とのこと。
デビュー当初、影響を受けた作家として西尾維新、乙一、米澤穂信を挙げていた。
作風は、担当編集者からも「入間人間の文章は、全くわからん」と言われるほどの個性的な文体を用いている。リアリティを重んじる傾向にあり、残酷な描写も多い。ゲーム、アニメ、漫画といった他メディア作品からの引用、つまりパロディを含んだ軽妙な表現を特徴とする。また作中には奇異な価値観を持った登場人物が多出する。時間SFや群像劇、叙述トリック、自意識を描く青春小説などを得意としている。また、登場人物を複数の作品に登場させるスター・システム的な試みを採用しており、二次創作企画を除く、ほぼ全ての作品で世界観を共有していると思われる。このことに関して本人は、「これは上遠野浩平さんや伊坂幸太郎さんの影響だと思います。」と語っている。
また特定のイラストレーターと複数の作品でコンビを組むことが多い。代表的なのは左・ブリキ・宇木敦哉。
この三人以外と組む機会も増えてきたが、いずれのイラストレーターとも、最低でも二作以上の作品(短編、長編問わず)で関わっているものがほとんどである。

入間人間新刊

  • 発売日
    2018年4月24日
  • 書名
    もうひとりの魔女 (メディアワークス文庫)
  • 発売日
    2017年12月22日
  • 書名
    もうひとつの命 (メディアワークス文庫)

受賞歴

入間人間関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

入間人間関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

KChickenShop流行りを取り入れるのは大事とは言っても、一番売れ筋?な異世界ものはどうにも書けそうにない。上遠野浩平氏、甲田学人氏、入間人間氏、成田良悟氏、その他あの頃の「ラノベのタイトルを冠した挑戦的で本格的な作風」に当てられ続けた自分としては、それが既に今の自分を構築してしまった訳で...
OTYAO@nana_chia_ あー、文章は正直自分で読み直しても荒いなあって思います。完全に言い訳だけど一週間で書いたから荒廃してる。暗さに関してはデビュー作がアレな入間人間もいるしセーフセーフ。
rarata6o水葬銀貨、プレイしててどうしても入間人間のみーまーが脳裏を過る
dokuzetuiruma入間人間さんのラノベはみーまーだけじゃないよ?
bot_oneofbook俺の青春ポイント、マイナスに返り咲き。(電波女と青春男/入間人間)
K_Rin3210@nigori_honoca 入間人間作品ってそんなにヒロイン出るのか、大体主人公とヒロインとその他モブ勢の話のイメージだわ
Ringocandy__#オススメの小説教えてください①謎解きはディナーのあとで②僕の小規模な奇跡③きみの膵臓をたべたい④ラメルノエリキサ⑤ぼっちーズ思い付いたものをおすすめします
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)