トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 入間人間

入間人間

入間人間さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

入間 人間(いるま ひとま、男性、1986年 - )は日本のライトノベル作家。岐阜県出身。
大学在学中の2006年、第13回電撃小説大賞にて投稿作「幸せの背景は不幸」が最終選考に残り、同作を『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 幸せの背景は不幸』へと改題・改稿し、翌年の2007年に、アスキーメディアワークスの発行する電撃文庫より小説家としてデビューする。ちなみに入間人間というペンネームの由来について、投稿時代は「応募ごとに(ペンネームを) 変えていたので、当時なぜこうしたかはよく覚えていません。」とのこと。
デビュー当初、影響を受けた作家として西尾維新、乙一、米澤穂信を挙げていた。
作風は、担当編集者からも「入間人間の文章は、全くわからん」と言われるほどの個性的な文体を用いている|date=2018年9月。リアリティを重んじる傾向にあり、残酷な描写も多い。ゲーム、アニメ、漫画といった他メディア作品からの引用、つまりパロディを含んだ軽妙な表現を特徴とする。また作中には奇異な価値観を持った登場人物が多出する。時間SFや群像劇、叙述トリック、自意識を描く青春小説などを得意としている。また、登場人物を複数の作品に登場させるスター・システム的な試みを採用しており、二次創作企画を除く、ほぼ全ての作品で世界観を共有していると思われる。このことに関して本人は、「これは上遠野浩平さんや伊坂幸太郎さんの影響だと思います。」と語っている。
また特定のイラストレーターと複数の作品でコンビを組むことが多い。代表的なのは左・ブリキ・宇木敦哉。
この三人以外と組む機会も増えてきたが、いずれのイラストレーターとも、最低でも二作以上の作品(短編、長編問わず)で関わっているものがほとんどである。

入間人間新刊

  • 発売日
    2018年11月10日
  • 書名
    やがて君になる 佐伯沙弥香について (電撃文庫)
  • イラストレーター
    仲谷 鳰
  • 発売日
    2018年10月7日
  • 書名
    世界の終わりの庭で (電撃文庫)
  • イラストレーター
    つくぐ
  • 発売日
    2018年9月7日
  • 書名
    世界の終わりの庭で (電撃文庫)
  • イラストレーター
    つくぐ

受賞歴

入間人間関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

入間人間関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

buddy_suki人間の終わりにハッピーエンドもバッドエンドもない。あるのはデッドエンドだけだ。/入間人間.嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん
miz_uya入間人間の書くドロドロした感情の小説が本当に好き
neko_kijineko_2やが君原作を入間人間先生と思っている人にFF外から失礼します!って言って訂正して周りたい衝動…仲谷鳰先生です…
nekonekko_kone2やがて君になるも面白いかもしれないと思ったら、原作が入間人間だと知り納得・・・(笑)まぁこういうのをちゃんと理解するのは多分無理だろうけどね(´・ω・`)
R28RHS一時期入間人間にハマってました。『電波女と青春男』友達から借りて読みました。『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』は読んだことないです。『六百六十円の事情』は名作!!青春群像劇を書かせたらピカイチですねこのお方は。 https://t.co/u89MABRGlr
magenta_navy「やがて君になる」ノベライズ入間人間マジ!?!?!?
hitosiki19絶対入間人間作品だろ
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)