トップページ > 作家名一覧 > すから始まる作家名一覧 > 須賀しのぶ

須賀しのぶ

須賀しのぶさんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

須賀しのぶ(すが しのぶ、1972年11月7日 - )は、日本の小説家。
埼玉県出身。埼玉県立浦和第一女子高等学校、上智大学文学部史学科卒業。『惑星童話』で1994年上期コバルト・ノベル大賞の読者大賞を受賞。以後、ライトノベルを中心に活躍。2007年『スイート・ダイアリーズ』より一般文芸に移行。
2013年、『芙蓉千里』三部作で第12回センスオブジェンダー賞大賞受賞。2010年、『神の棘』で第13回大藪春彦賞候補。2016年、『革命前夜』で第18回大藪春彦賞受賞、第37回吉川英治文学新人賞候補。
2017年、『また、桜の国で』で第156回直木賞候補、第4回高校生直木賞受賞。同年、『夏の祈りは』で「本の雑誌が選ぶ2017年度文庫ベストテン」1位、「2017オリジナル文庫大賞」受賞。
『帝冠の恋』と『また、桜の国で』は、2017年にNHK-FM「青春アドベンチャー」にてオーディオドラマ化されている。
*スイート・ダイアリーズ(2007年 角川書店)
*帝冠の恋(2008年 集英社コバルト文庫/2016年 徳間文庫)
*芙蓉千里シリーズ
**芙蓉千里(2009年 角川書店 / 2012年 角川文庫)
**北の舞姫 芙蓉千里Ⅱ (2011年 角川書店 / 2013年 角川文庫)
**永遠の曠野 芙蓉千里Ⅲ(2012年 角川書店 / 2013年 角川文庫)
*神の棘Ⅰ・Ⅱ(2010年 早川書房 / 2015年 新潮文庫)
*ゲームセットにはまだ早い(2014年 幻冬舎 / 2017年 幻冬舎文庫)
*紺碧の果てを見よ(2014年 新潮社)
*革命前夜(2015年 文藝春秋)
*雲は湧き、光あふれて(2015年 集英社オレンジ文庫)
*くれなゐの紐(2016年 光文社)
*エースナンバー(2016年 集英社オレンジ文庫)
*また、桜の国で(2016年 祥伝社)
*夏は終わらない(2017年 集英社オレンジ文庫)
*夏の祈りは(2017年 新潮文庫)

須賀しのぶ新刊

  • 発売日
    2018年8月28日
  • 書名
    氷室冴子: 没後10年記念特集 私たちが愛した永遠の青春小説作家 (文藝別冊)
  • 発売日
    2018年7月28日
  • 書名
    紺碧の果てを見よ (新潮文庫)
  • 発売日
    2018年7月25日
  • 書名
    夏空白花

受賞歴

須賀しのぶ関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2018.9.12 【今週はこれを読め! エンタメ編】甲子園復活に尽くした人々の物語〜須賀しのぶ『夏空白花』

    この夏、いわゆる夏の甲子園(全国高校野球選手権大会)は第100回を迎えた。しかし、前身である全国中等学校優勝野球大会から数えると今年は104年目。この事実が示すものがピンとこない若者たちは、幸せだといえるだろう。戦中や戦後間もなくの不自由さを実際に経験していないのはもちろん、祖父母や両親たちから戦争中の話を折り入って聞く機会も少なければ日常生活において傷痍軍人や戦争孤児を見かける場面もない平和な時代に育った証しである。なぜ大会の回数と年数にずれがあるのか、それは太平洋戦争によって中断していた時期があったからだ。

  • 2017.7.26 【今週はこれを読め! エンタメ編】感動のシリーズ最終巻〜須賀しのぶ『夏は終わらない』

    サブタイトルは「夏は終わらない」。イヤよ、終わって! 暑いの苦手なの! ...いや、高校球児だって暑いのがきらいな子もいるよな。それでも彼らはできる限り長く、地区大会で、甲子園で、野球をやっていたいんだよな...。と、野球を愛する若者たちの心に触れた気になる(だからといって、涼しくはならないが)。

  • 2016.12.20 第156回「芥川賞・直木賞」候補10作決まる 恩田陸氏・冲方丁氏ら直木賞ノミネート

    日本文学振興会は20日、第156回芥川龍之介賞・直木三十五賞(平成28年下半期)の候補作を発表した。受賞作を決める選考会は来年1月19日、東京・築地の「新喜楽」で行われる。

須賀しのぶ関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

shodensha_news第二次世界大戦勃発。ナチス・ドイツに蹂躙される欧州で、〈真実〉を見た日本人外交書記生はいかなる〈道〉を選ぶのか? 第156回直木賞候補作・須賀しのぶ著『また、桜の国で』 https://t.co/EuOXxwlYH5
kome_yoneko五つ目~「アンゲルゼ」流血女神伝と同じく、須賀しのぶ先生の作品。現代日本とは少し異なる(兵役がある)世界で、「アンゲルゼ」という化物と闘わざるを得なくなった平凡な少女の葛藤と恋と成長の物語。ラストめっっっっっちゃ泣いた。
K_Ichida今さらながら日向夏さん( @NaMelanza )『薬屋のひとりごと』読了。本当は『女衒屋グエン』を読みたかったのだけど、電子書籍がないんで入手不能のため、こっちにした。なんとなくタイトルから仁木英之さんの『僕僕先生』と須賀しのぶ… https://t.co/mplCUgD5Ku
akahatabunka【今日の赤旗文化面(読書)】書評『内閣官房長官の裏金』上脇博之著「証言と証拠で闇支出の実態に光」(評者:谷真介さん)『夏空白花』須賀しのぶ著「甲子園復活の苦闘 史実で丹念に」(評者:広畑成志さん)
MdITafuナイス 【アンゲルゼ―孵らぬ者たちの箱庭 (コバルト文庫)/須賀 しのぶ】学生時代の微妙な人間関係を思い出しつつ読みましたが、アンゲルゼの謎はまだまだ深いなと思った1巻。流血女神伝も面白いので、… → https://t.co/MYsbtFqr89 #bookmeter
tsunakokana今年の高校野球は人気だったね、というお話(違う)#直木賞 #第160回 #須賀しのぶ #夏空白花 #本屋大賞第160回芥川賞④ 番外編Ⅱ 直木賞候補作予想『夏空白花』須賀しのぶ(ポプラ社) - 象の鼻-麒麟の首筋.comhttps://t.co/yESvCNYJqe
Le_Lis_de_mer須賀しのぶの近現代史を舞台にしている作品をよむと多分こういう考証好きなのだろうなと思う。コバルト文庫にミリタリーをぶち込んだ作家…。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)