トップページ > 作家名一覧 > すから始まる作家名一覧 > 須賀しのぶ

須賀しのぶ

須賀しのぶさんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

須賀しのぶ(すが しのぶ、1972年11月7日 - )は、日本の小説家。
埼玉県出身。埼玉県立浦和第一女子高等学校、上智大学文学部史学科卒業。『惑星童話』で1994年上期コバルト・ノベル大賞の読者大賞を受賞。以後、ライトノベルを中心に活躍。2007年『スイート・ダイアリーズ』より一般文芸に移行。
2013年、『芙蓉千里』三部作で第12回センスオブジェンダー賞大賞受賞。2010年、『神の棘』で第13回大藪春彦賞候補。2016年、『革命前夜』で第18回大藪春彦賞受賞、第37回吉川英治文学新人賞候補。
2017年、『また、桜の国で』で第156回直木賞候補、第4回高校生直木賞受賞。同年、『夏の祈りは』で「本の雑誌が選ぶ2017年度文庫ベストテン」1位、「2017オリジナル文庫大賞」受賞。
『帝冠の恋』と『また、桜の国で』は、2017年にNHK-FM「青春アドベンチャー」にてオーディオドラマ化されている。
*スイート・ダイアリーズ(2007年 角川書店)
*帝冠の恋(2008年 集英社コバルト文庫/2016年 徳間文庫)
*芙蓉千里シリーズ
**芙蓉千里(2009年 角川書店 / 2012年 角川文庫)
**北の舞姫 芙蓉千里Ⅱ (2011年 角川書店 / 2013年 角川文庫)
**永遠の曠野 芙蓉千里Ⅲ(2012年 角川書店 / 2013年 角川文庫)
*神の棘Ⅰ・Ⅱ(2010年 早川書房 / 2015年 新潮文庫)
*ゲームセットにはまだ早い(2014年 幻冬舎 / 2017年 幻冬舎文庫)
*紺碧の果てを見よ(2014年 新潮社)
*革命前夜(2015年 文藝春秋)
*雲は湧き、光あふれて(2015年 集英社オレンジ文庫)
*くれなゐの紐(2016年 光文社)
*エースナンバー(2016年 集英社オレンジ文庫)
*また、桜の国で(2016年 祥伝社)
*夏は終わらない(2017年 集英社オレンジ文庫)
*夏の祈りは(2017年 新潮文庫)

須賀しのぶ新刊

  • 発売日
    2018年5月24日
  • 書名
    皆川博子の辺境薔薇館: Fragments of Hiroko Minagawa
  • イラストレーター
    林由紀子
  • 発売日
    2018年3月9日
  • 書名
    革命前夜 (文春文庫)

受賞歴

須賀しのぶ関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

須賀しのぶ関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kurotodo2136好きなもの第5位ファンタジー一応世代としてはロードス島とフォーチュンクエストと指輪物語とドラゴンランスを一気に読んだ時代です。海外のだとリフトウォーサーガの外伝「帝国の娘」、エディングスのエレニア記、タムール記あたりが好… https://t.co/sfftfgJhbF
shodensha_news第二次世界大戦勃発。ナチス・ドイツに蹂躙される欧州で、〈真実〉を見た日本人外交書記生はいかなる〈道〉を選ぶのか? 第156回直木賞候補作・須賀しのぶ著『また、桜の国で』 https://t.co/EuOXxwlYH5
xzlzspsz1「革命前夜」須賀しのぶ(文春文庫)読了。東欧革命直前の東ドイツで混乱に翻弄されながらも真剣に音楽に向き合う若き天才音楽家達の物語です。強烈な個性と天才的な才能を持ちながら実は秘密の裏の顔を持っている彼らが最終的に選ぶのは音楽か国家… https://t.co/Yp7BOaHcsR
X6okW2nhsJ4owF9 #芙蓉千里 #北の舞姫ここ最近の中でもかなりの当たり
kagu_sweet中学の頃好きやった須賀しのぶ先生が一般文芸で書いてて去年は直木賞候補にも上がったの今知った。読まねば。
xxx1059ベルばらだったり須賀しのぶさんだったり怖い絵だったり、色んな本でハプスブルク家が出てきて気になってましたが、この本で大方知ることができました。とても読みやすく面白かった。名画で読み解く ハプスブルク家 12の物語 (光文社新書)… https://t.co/KI9KAm9xGH
reimakkoto須賀しのぶ『雲は湧き、光あふれて』長編かと思ったら、中編集だった。表題作の「雲は湧き〜」に泣いた。好きなことができない(それも自分の意思じゃなくある日突然奪われる)って辛い。宝塚歌劇が100年以上続いているってすごくてありがたいことだなぁ。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)