トップページ > 作家名一覧 > ぬから始まる作家名一覧 > 沼田まほかる

沼田まほかる

沼田まほかるさんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

沼田 まほかる(ぬまた まほかる、1948年- )は、日本の小説家。女性。大阪府出身、奈良県在住。
大阪府の寺に生まれる。1985年4月より大阪文学学校昼間部に学び、在籍中には小説作品(40枚)で大阪文学学校賞も受賞した。
若くして結婚し主婦をするが、堺の母方祖父の跡継ぎを頼まれ、夫がその住職となる。その後離婚、得度して自身が僧侶となる。40代半ばで知人と建設コンサルタント会社を創設するが10年ほどで倒産する。50代で初めて書いた長編『九月が永遠に続けば』で第5回ホラーサスペンス大賞を受賞し、56歳で遅咲きのデビューを果たす。デビュー以降も作品を発表し続けるも書評家には評価されながらヒットにはつながらなかった。
しかし2012年、『ユリゴコロ』で第14回大藪春彦賞を受賞し、本屋大賞にもノミネートされると既存の文庫が一気に売れ出し、『九月が永遠に続けば』の文庫版は半年で60万部が増刷された。
湊かなえや真梨幸子らとともにイヤミス(読んだ後にイヤな後味が残るミステリー)の女王とも呼ばれる。

受賞歴

沼田まほかる関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

沼田まほかる関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

manabooks311沼田まほかる 彼女がその名を知らない鳥たち読了!読み始めたら止まらなくて!主人公とその関わる男も全て最低。最低な大人たちの恋愛ミステリー。後味悪かったけど、読んでると引き込まれてしまう!!最後まで結末が分からなかったなぁ。#読書 #読書好きと繋がりたい #感想
hayami_sousakuそるちゃん機会があったら沼田まほかる先生のユリゴコロ読んで……
hit4boy沼田まほかる『ユリゴコロ』亡き母親が殺人鬼だった?あり得ざる物語ですが、読み進めるうちに心をぎゅっと鷲掴みされてしまいました。著者の他の作品のように男に対する怨嗟をまき散らす事はなく、残酷ですが意外な結末には清々しさすら漂います。https://t.co/9ndbJu4T65
book_info77★『ユリゴコロ』  沼田まほかるある一家で見つかった「ユリゴコロ」と題されたノート。それは殺人に取り憑かれた人間の生々しい告白文だった。この一家の過去にいったい何があったのか?
asim2011yギンレイホールで二本立て見てきました。沼田まほかると綿矢りさの原作映画。二人とも好きな作家です。盲目的とも言える勢いで女に惚れている男の、なんと清々しいことか。。共通点は多いけど見事に違う世界観。双方いい愛を観ました。https://t.co/qr8KEDqihX
GrapYou@YUYU_GANG 最近「沼田まほかる」さん読んでます
piiiiiiiman14@masaomiyuki やっぱり、?万斉?って窪田くんだよね!?やばいやんんんん背負ってる三味線になりたい(切実)将軍役って誰?キャストってもう発表されたんだっけ?画像のみ?ユリゴコロって原作沼田まほかるのやつ!映画面白か… https://t.co/p1XhbON5FI
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
沼田まほかるさんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)