トップページ > 作家名一覧 > ぬから始まる作家名一覧 > 沼田まほかる

沼田まほかる

沼田まほかるさんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

沼田 まほかる(ぬまた まほかる、1948年- )は、日本の小説家。女性。大阪府出身、奈良県在住。
大阪府の寺に生まれる。1985年4月より大阪文学学校昼間部に学び、在籍中には小説作品(40枚)で大阪文学学校賞も受賞した。
若くして結婚し主婦をするが、堺の母方祖父の跡継ぎを頼まれ、夫がその住職となる。その後離婚、得度して自身が僧侶となる。40代半ばで知人と建設コンサルタント会社を創設するが10年ほどで倒産する。50代で初めて書いた長編『九月が永遠に続けば』で第5回ホラーサスペンス大賞を受賞し、56歳で遅咲きのデビューを果たす。デビュー以降も作品を発表し続けるも書評家には評価されながらヒットにはつながらなかった。
しかし2012年、『ユリゴコロ』で第14回大藪春彦賞を受賞し、本屋大賞にもノミネートされると既存の文庫が一気に売れ出し、『九月が永遠に続けば』の文庫版は半年で60万部が増刷された。
湊かなえや真梨幸子らとともにイヤミス(読んだ後にイヤな後味が残るミステリー)の女王とも呼ばれる。

受賞歴

沼田まほかる関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

沼田まほかる関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

book_info77★『ユリゴコロ』  沼田まほかるある一家で見つかった「ユリゴコロ」と題されたノート。それは殺人に取り憑かれた人間の生々しい告白文だった。この一家の過去にいったい何があったのか?
TotemoAbunaiあぶない 沼田まほかる
ritonotori2けれども、年をとるというのは、たぶん、混乱を混乱のままに抱きかかえて生きられるようになることではないだろうか。/沼田まほかる『ユリゴコロ』
MdjB21kmJkMsYkm沼田まほかると西加奈子が危ない
milk_ninja_bot『ユグドラジルの覇者』(沼田まほかる)や古くは『図書館の難しい夫婦仲に対して重くない印象。それとわかる本の帯の惹句を考えた奴がいると妖怪ウォッチ関係で悲鳴を上げる人ってなんだ、グッとくる』
QMA_Mys_Bot1[線結び]次の大藪春彦賞を受賞した小説と、その作者の正しい組み合わせを選びなさい → 『ユリゴコロ』―沼田まほかる、『サクリファイス』―近藤史恵、『スリー・アゲーツ』―五條瑛 ※五條瑛=ごじょうあきら(エフェクト)。選択肢他にもあるかもしれませんが、この3人は全て女性。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
沼田まほかるさんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)