トップページ > 作家名一覧 > たから始まる作家名一覧 > 多島斗志之

多島斗志之

多島斗志之さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

多島 斗志之(たじま としゆき、1948年10月24日 - ?)は、日本の小説家。大阪府出身。男性。本名は鈴田 恵(すずた けい)。
早稲田大学政治経済学部を卒業。広告代理店勤務、フリーの広告制作ディレクターを経て作家となる。
処女作は1982年の『あなたは不屈のハンコ・ハンター』であるが、これは多島健名義で発表、第39回小説現代新人賞を受賞している。また『密約幻書』で第101回直木賞候補、『不思議島』で第106回直木賞の候補作となった。『海賊モア船長シリーズ』のような海洋冒険小説や天海祐希主演で映画化されたミステリー『クリスマス黙示録』、多重人格を取り扱って話題となった『症例A』、純愛小説の『離愁』など幅広い作風で知られた。『少年たちのおだやかな日々』所収の『罰ゲーム』は『世にも奇妙な物語』で、『言いません』および『言いなさい』は『悪いこと』で映像化されている。

受賞歴

多島斗志之関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

多島斗志之関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

p720kazushi多島斗志之「少年たちのおだやかな日々」を読みました。タイトルとは裏腹に、中学生男子が主人公のおだやかではない短編集です。友人の母の不倫現場を目撃した少年の痛々しい心を描く「言いません」と、友人の姉との痛々しい危険な遊びを描く「罰ゲーム」はテレビドラマ化もされたそうですね。
komeko0405多島斗志之「黒百合」読了。14歳の少年少女3人の一夏の青春小説かと思いきや、叔父・叔母の若き時代の物語と交錯して、しかも殺人事件も絡んでくる。盛りだくさんだけど、文章がシンプルなので、スッキリスラスラ読める。素直に読んでいたので、最後混乱して腑に落ちて唸った。騙された!
Q55ZcrOZxFzLQJA#読書の秋なのでオススメの本10選中井拓志   quartermo@n多島斗志之  症例A貴志祐介   クリムゾンの迷宮カミュ    カリギュラカミュ    ペストデュマフィス 椿姫ジッド    狭き門小野不由美… https://t.co/lIyGRw8oTn
shishitou_aki久々に多島斗志之の『黒百合』を読み直しました。とても綺麗な作品で傑作だなあと改めて感じた。作者が既に筆を絶っているのが残念でならない。
riyouhuka多島斗志之『密約幻書』『不思議島』『クリスマス黙示録』『海賊モア船長の遍歴』多彩なテーマ、時代、登場人物。キャプテン・キッド、明石大佐とレーニンと石油王、ワシントンのFBI捜査官。最後はどんでん返しの連続。ホラ話だが、ウン… https://t.co/34nhlV5PKL
masaki2309mami #男性作家セレクション 橋本紡 『流れ星が消えないうちに』奥田英朗『伊良部一郎』シリーズ長岡弘樹 『教場』シリーズ天童荒太『ムーンナイト・ダイバー』多島斗志之『症例A』染井為人『悪い夏』中山七里『護られなかった者たちへ』
abdhznzw_book多島斗志之 黒百合本筋はジュブナイルのような少年少女のお話なのにも関わらず、突如登場人物の過去が挿話される突飛な構成だが、後半に行くとその挿話の重大性と真実に気がつく最後までミスリードが用意されているため、注意深く読まないと真相に気が付かないという側面もあって面白い
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)