トップページ > 作家名一覧 > おから始まる作家名一覧 > 荻野アンナ

荻野アンナ

荻野アンナさんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

荻野 アンナ(おぎの あんな、本名:荻野 安奈、 1956年11月7日 - )は、日本のフランス文学者、小説家。慶應義塾大学文学部教授。
出生名:アンナ・ガイヤールとして神奈川県横浜市中区で育つ。父はイタリア・スペイン・クロアチアなどの血筋を引くアメリカ人。母江見絹子は兵庫県明石市出身の画家で、岡本太郎らと交流した。荻野の文学研究や創作活動には、母親の強い影響があると自認している。
小学校時代に日本へ帰化し、荻野姓となる。
フェリス女学院高等学校、慶應義塾大学文学部仏文科を卒業。フランス政府給費留学生としてパリ第4大学に留学し、ラブレーを研究する。慶應義塾大学大学院文学研究科博士課程退学。
慶應義塾大学商学部助手(1987 - 1995年)、慶應義塾大学文学部仏文科助教授(1995 - 2002年)を経て、2002年4月より慶應義塾大学文学部文学系仏文学専攻教授。
小説家としては1991年『背負い水』で第105回芥川賞を受賞。2002年『ホラ吹きアンリの冒険』で読売文学賞を受賞。2008年『蟹と彼と私』で第19回伊藤整文学賞を受賞。
駄洒落好きとして知られ、ワイドショーのコメンテーターとして駄洒落を連発する他、芥川賞の受賞を報せる電話にも「あ、しょう」と応えた。
2005年には落語家の11代目金原亭馬生に弟子入り。2009年現在、二つ目として金原亭駒ん奈を名乗り高座にも上がっている。
2007年に内閣官房「美しい国づくり」プロジェクト・企画会議委員。2009年より読売文学賞選考委員。

荻野アンナ新刊

  • 発売日
    2017年10月5日
  • 書名
    カシス川
  • 発売日
    2017年10月5日
  • 書名
    カシス川 (文春e-book)

受賞歴

荻野アンナ関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2015.3.17 河野多惠子さんお別れ会 文学スピリッツを後輩に

    作家の河野多惠子さんは「生きたがり」を自称し、好きな占いでは92歳まで生きるから大丈夫、と話していた。

  • 2013.2.6 第64回読売文学賞…受賞7氏と作品

    第64回読売文学賞が決まりました(随筆・紀行賞は受賞作なし)。選考委員の選評を紹介します。

  • 2010.1.1 インタビュー 作家「荻野アンナ」

    ボクシングを習い始め、奇妙な宿敵たちと戦うことになる女性を描いた、荻野アンナ氏の小説最新刊『殴る女』。前のめりに転げ落ちるようなその疾風怒涛の文体には、飛び散る汗や転んで擦り剥いた膝小僧の痛々しい匂いまでが感じられるようだ。まさに身体小説と呼んでもいいのでは……そう感想を述べると、こんな荻野流(?)の即答が。

荻野アンナ関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

horemheb_18荻野アンナさんの「カシス川」読了。自分の母の介護生活の記憶が甦り読みながら呻きが漏れた。
qma_bibun_botキュ ・女流作家・荻野アンナの芥川賞受賞作→せおいみず(背負い水)
akutagawa_syou笑いがはじける。才気が回転する。知性がえぐりだす。そして、優雅が残り香のようにただよう。芥川賞受賞作『背負い水』荻野アンナ
rairen_bot1:現在は慶応義塾大学の教授 2:父親はフランス系アメリカ人 3:「背負い水」で芥川賞 4:「あ、しょう」 A:荻野アンナ
chikamidoco@ulala_go フランス人、強いというか折れなさそうですね。仏人ハーフの荻野アンナ(wikiではアメリカ人ハーフとありますが、ご本人仏人ハーフと言ってましたが)、仏留学でみなの自己主張の強さに疲れたと言ってました。強くなりそうですね!かっこいいなぁ。
gothlolitまた、「人造美女は可能か?」のシンポジウムで宝野アリカはメイド服で女装したパネラーの1人である慶応義塾大学文学部教授の荻野アンナに、「人造美女製造者としては、軽々しく男に傅くメイドは認められません。」と発言した。
aktagawa_senpyo[105A] 受賞☆ 荻野アンナ「背負い水」 - 評・大庭みな子「あふれてこぼれ落ちるものに、あるわびしさの漂う文学のなつかしさがある。」 https://t.co/fZepRwWsbi
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
荻野アンナさんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)