トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 李良枝

李良枝

李良枝さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

李 良枝(イ・ヤンジ、ko|이양지、1955年(昭和30年)3月15日 - 1992年(平成4年)5月22日)は、在日韓国人二世の小説家。帰化後の本名は田中 淑枝。
山梨県南都留郡西桂町生まれ。小学生のときに両親が日本国籍を取得したので、同時に彼女も国籍は日本となった。山梨県富士吉田市下吉田の山梨県立吉田高等学校から1973年(昭和48年)に京都府立鴨沂高等学校に編入する。1975年(昭和50年)に早稲田大学社会科学部に入学するが、1学期で中退する。
1980年(昭和55年)5月にははじめて大韓民国を訪れ、以後は韓国への往来を繰り返し、巫俗舞踊(ムソク)や伽耶琴(カヤグム)、語り歌(パンソリ)などの影響を受ける。1982年(昭和57年)にはソウル大学校国語国文学科へ入学し、留学中に書き上げた「ナビ・タリョン(ko|나비타령)」を『群像』に発表し、第88回芥川賞候補となる。また、「かずきめ」(1983年)、「刻」(1984年)もそれぞれ候補作となる。
1988年(昭和63年)にはソウル大学を卒業する。卒業論文のテーマは「パリコンジュ(捨て姫)とつながりの世界」。1989年(昭和64年/平成元年)には『由熙』(ユヒ、ko|유희)で第100回芥川賞を受賞。韓国女性の視点から、在日韓国人の若い女性が、自らのルーツを尋ねて韓国に留学するが、韓国語ができず、自分のアイデンティティを求めてもがき苦しむ姿を描いた作品である。梨花女子大学舞踊科大学院修士課程に学びつつ、1992年には長編「石の聲」の執筆を手がける一方で、妹の四ヶ国語情報誌『we’re』の創刊を手伝っていたが、5月22日に急性肺炎を罹患し、ウイルス性の心筋炎を併発してまもなく死去した。享年37。
「群像」に掲載された「石の聲」第一章が遺稿となる。没後の一周忌にあたる1993年5月22日に講談社より『李良枝全集』が刊行された。作品は韓国語や中国語でも翻訳出版されている。

受賞歴

李良枝関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

李良枝関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

asanotakao1975おお、李銀子さん「ことばの杖を求めて 李良枝(イ・ヤンジ)・同時代を生きた友へ」が! 国会図書館の検索で見つけて、この論考をいつか読んでみたいと願っていた。感激。『中くらいの友だち』vol.7、刊行を楽しみにしています。 https://t.co/sqRdrRRb0P
marikarikari『中くらいの友だち』7号。李銀子さん「ことばの杖を求めてーー李良枝(イ・ヤンジ)・同時代を生きた友へ」(前編)は、李良枝さんの没後2年めの1994年に『新日本文学』に発表された力作論文を再録。37歳で急逝した友へのオマージュと… https://t.co/w9B9y5lq1e
bibun_n_botNo.120 (並)日本に帰化した在日韓国人の苦悩と葛藤の日々を描いた芥川賞作家・李良枝のデビュー作は?⇒ナビ・タリョン
sorting_qmaQ.日本に帰化した在日韓国人の苦悩と葛藤の日々を描いた芥川賞作家・李良枝のデビュー作は? A.ナビ・タリョン
cyprinuscarpiol文藝2019秋号とはまったく違った文体で同一の著者とは思わなかったが、もしかしたらこの作家は自分と合っているのだろうか?次は「街なかですれ違った(かもしれない)あなたへ」で紹介されていた「フィフティーピープル」が俄然読みたい。また李良枝の「由熙」も再読したくなった。
yeortan1955ありがとうございます。強い光が差すのを感じる記事で、特に紹介された実家のご家族の言葉のひとつひとつに打たれました。李良枝さんの『由熙』、杉山文野さんの『ダブルハッピネス』を思い出しました。ちゃんへん.さんの『僕は挑戦人』8月発売が… https://t.co/rZWTFXhvFA
maikana四方田さんはの小説は1979年の夏のソウルが舞台。奇しくも『中くらいの友だち』7号も金利恵さんと李銀子さんが同じ頃の風景を。利恵さんの随筆にはソウルでの中上健次さんや李良枝さん、銀子さんの評論は私の力には及ばないので、あとで斎藤真… https://t.co/YLcj0RjW2F
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
李良枝さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)