トップページ > 作家名一覧 > えから始まる作家名一覧 > 海老沢泰久

海老沢泰久

海老沢泰久さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

海老沢 泰久(えびさわ やすひさ、1950年1月22日 - 2009年8月13日)は、日本の小説家、ノンフィクション作家。
茨城県真壁町(現・桜川市)酒寄出身。茨城県立下妻第一高等学校、國學院大學文学部卒。國學院大學折口博士記念古代研究所に勤務し岡野弘彦に師事した。1974年に『乱』で小説新潮新人賞を受賞してデビュー。1979年、ヤクルトの監督として優勝を成し遂げた広岡達朗をモデルにした『監督』を初の著書として上梓、話題を呼んだ。
1988年にホンダF1(第1期 - 第2期前半)を取り上げたノンフィクション『F1地上の夢』で新田次郎文学賞を受賞。1994年には『帰郷』で第111回直木賞を受賞した。
『F1地上の夢』以外にも、全日本F2選手権を題材とした小説『F2グランプリ』(1981年)、中嶋悟のF1デビュー年を追ったノンフィクション『F1走る魂』(1988年)など、また野球、ゴルフなどスポーツ関係のノンフィクションが多い。
2009年8月13日、十二指腸癌のため死去した。1995年10月から亡くなる直前まで東京中日スポーツのコラム「セブンアイ」(2008年3月より「セブンデイズ」に改題)で木曜日を担当しており、同年8月6日付のコラムが最後となった。

受賞歴

海老沢泰久関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

海老沢泰久関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

nekohanahimeおれの左腕には「山際淳司」「海老沢泰久」「黄金頭」と記されたスイッチがついている。風が吹いてもオン
y_kame海老沢泰久「F1走る魂」モータースポーツド素人の筆者が中島悟とホンダに精緻な取材をし、中島のロータスデビューシーズンを追った作品。海外ドライバーが初見で中島のホーム鈴鹿をあっと言う間に攻略して行く様など、ブーム時の粗製乱造F1ライ… https://t.co/xyMrtrHyM3
LS_slot_bot21994年に、第111回直木賞を受賞した海老沢泰久の小説は?→帰郷(同一リール:等伯、何者、山妣)
hit4boy海老沢泰久『帰郷』華やかな過去から遠ざかってしまった人々、その周辺を描いた短編集です。日常にどこか満たされないものを感じ続ける男目線に共感しました。タイトル作は、残り火の燻り続ける様が、淡々とした書きっぷりだけにより虚しさが響きます。https://t.co/vArecZFqOv
fujimon117140読了。吉田義男のフランスでの奮闘を描いた一冊。内容が興味深いのはもちろん、分かりやすく、無駄のない文章は海老沢泰久を思わせた。作者の川上貴光さん、調べたら川上哲治氏のご子息なのだそう。びっくり。 https://t.co/H0pBCyRWdU
o4142@a_ya_me_ken 海老沢泰久ってドライなアメリカ小説の翻訳調の文体と言われて、丸谷才一に絶賛されたところとか村上春樹と似てるところがあるんですよあと広岡が、長嶋が巨人をダメにしたと怒っているところとかノムさんに通じるもの… https://t.co/7ETGYaWyVH
meshimazu_xxx客として招かれる人物がどれほど不愉快な人物であろうと、主人公の辻夫妻は「誰が見ても心からのものと思える笑顔を見せ」、完璧なホスト夫妻であらなければならなかった。『美食の業を生ききったひと――海老沢泰久「美味礼讃」』黒澤蜜
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
海老沢泰久さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)