トップページ > 作家名一覧 > ひから始まる作家名一覧 > 樋口有介

樋口有介

樋口有介さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

樋口 有介(ひぐち ゆうすけ、1950年。群馬県立伊勢崎東高等学校卒業。
中学を卒業後、高校にも行かずに母親の実家の看板屋を手伝うなどして過ごしていたが、短期間通った夜学の友達から、当時の自分の学力でも入れるだろうという高校の存在を聞き、進学を決意。そして勉強の代わりに今まで読んだこともなかった小説を読んでみたところ1冊で夢中になり、16歳で作家を目指す。こつこつ執筆し、年に2回ある文學界新人賞に毎回応募し続ける。大学中退後は世界各地を放浪。劇団員、業界誌記者など様々な職業を経験しながらも小説は書き続けるが芽が出ず、そのうち長い間交際していた女性とも別れることになり、秩父の廃村にこもって執筆に没頭する。気の済むまで書いても実らなければその時他の道を考えようと思っていたが、5年目にあたる昭和63年(1988年)、『ぼくと、ぼくらの夏』が第6回サントリーミステリー大賞の読者賞を受賞し、作家デビューすることになる。
当初は純文学作家を目指していたが結果は実らず、やけを起こして書いたのが『ぼくと、ぼくらの夏』だったという。そのためデビュー当時はミステリには疎く、食べていくためにテレビの2時間のミステリ番組を毎日のように見て勉強することとなる。
青春ミステリ、または中年を主役にした青春ハードボイルド小説を得意とする。トリックやプロットで勝負する、いわゆる本格派ではないにもかかわらず、独自の香気とユーモアを愛されて創元推理文庫にも作品が収録されている|date=2018年1月。

樋口有介新刊

  • 発売日
    2018年8月21日
  • 書名
    亀と観覧車 (中公文庫)
  • 発売日
    2018年6月15日
  • 書名
    海泡 (創元推理文庫)
  • 発売日
    2018年6月11日
  • 書名
    海泡 (創元推理文庫)

受賞歴

樋口有介関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2014.8.28 bestseller's interview 第61回 山田 宗樹さん

    出版界の最重要人物にフォーカスする『ベストセラーズインタビュー』!

  • 2012.12.16 2012年、書店でもっとも注目された文庫はコレだ!

    文庫化されて再ヒットした人気作品、文庫書き下ろしのベストセラーなど、2012年もさまざまな文庫が書店店頭を賑わせた。『1Q84』(村上春樹・新潮文庫)、『天地明察』(冲方丁・角川文庫)など大ヒット作品が文庫化。

  • 2011.11.1 bestseller's interview 第33回 樋口 有介さん

    出版界の最重要人物にフォーカスする『ベストセラーズインタビュー』! 第33回の今回は、著書『ピース』が文庫化され25万部を超えるベストセラーになっている樋口有介さんです。 この作品は秩父で起こった連続殺人事件を扱っているのですが、実は樋口さんの実体験にもとづいています。 青年時代の樋口さんが体験した"事件"とはいったい何だったのでしょうか。

樋口有介関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

chuko_bunko【中公文庫8月刊】『亀と観覧車』樋口有介 著人と関わらず生きることを夢見る16歳の涼子は、小説家だという初老の男と出会う――。このラスト、あなたならどう読む? 青春ミステリの奇才が贈る一筋縄ではいかない一気読み「純愛」物語!… https://t.co/9ZT2F6yUhK
wawo2010[ピース/樋口有介]読了「ショウちゃん」「うん?」「今夜、部屋に泊めてくれる?」「うん」「いいの?」「いいさ」「本当に?」「うん、本当に」マスターは知らん顔でパイプをくゆらせつづけ、咲も知らん顔で、ゆらり、ゆ… https://t.co/y2upv7EVVo
alien11917952樋口有介さんの『窓の外は向日葵の畑』(文春文庫)読了。デビュー作、『ぼくと、ぼくらの夏』へのオマージュ的な作品とのこと。とてもよかった。デビュー作に設定とか少し似ているけれどかなり進化している。樋口有介さんの、こういうコミカルかつ切なくい青春ミステリ、大好き。#樋口有介
newbooksnews(8/21) 亀と観覧車 - 樋口有介(著/文) | 中央公論新社https://t.co/szT2AwSJwv
pudding_anne川瀬七緒著『よろずのことに気をつけよ』読了。★★★★☆民俗学、呪術、文化人類学…その辺りが好きな人はとても楽しい本だと思う。文章自体は若干樋口有介を感じる、ニヒルでウィットに富んだ感じ。こういう文体でなくても良かったとは思うけど、真由のキャラ付けには良い。結末が少しあっけない。
henkutsuroujin「デカ」 https://t.co/IvXmbNcpew #r_blog (樋口有介「ピース」より) ・・・「ねえ坂森さん、話は変わりますけど、なぜ刑事のことをデカと呼ぶんですか」「知らねえのかい」・・・
Kyoubundo_new【文庫入荷情報】近々発売の文庫。中公文庫:安野モヨコさん他『黒い炎 背徳についての七篇』・岸本葉子さん『エッセイの書き方 読んでもらえる文章のコツ』・清水由美さん/ヨシタケシンスケさん『日本語びいき』・富樫倫太郎さん『白頭の人 大谷刑部吉継の生涯』・樋口有介さん『亀と観覧車』など
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)