トップページ > 作家名一覧 > とから始まる作家名一覧 > 藤堂志津子

藤堂志津子

藤堂志津子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

藤堂 志津子(とうどう しづこ、1949年3月14日。
北海道札幌市生まれ。同年、「熟れてゆく夏」で第100回直木三十五賞を受賞。以後、女性の心の内部を突く恋愛小説を多く発表、エッセイストとしても活躍している。1989年、北海道栄誉をたたえて賞を受賞。1990年、第19回札幌市民芸術賞を受賞。2001年、『ソング・オブ・サンデー』で第8回島清恋愛文学賞を受賞。2003年、『秋の猫』で第16回柴田錬三郎賞を受賞。

受賞歴

藤堂志津子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

藤堂志津子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

chii_oboeta_qma【直木賞】安西篤子:張少子の話宮尾登美子:一絃の琴佐藤愛子:戦いすんで日が暮れて山口洋子:演歌の虫杉本章子:東京新大橋雨中図藤堂志津子:熟れてゆく夏永井路子:炎環平岩弓枝:鏨師皆川博子:恋紅ちぃ覚えた
_188793428846読了した本は、沖田正午『お笑いくだされ』、藤井邦夫『五月雨』、藤堂志津子『ほろにがいカラダ』の三冊で、とても大好きな作家の小説、彩り豊かで味のある話で、心地よい完読ができました。推奨は全員、沖田正午、藤堂志津子、藤井邦夫です。
hit4boy藤堂志津子『熟れてゆく夏』有閑マダムともいうべき夫人と近づきになった主人公の女性が、翻弄されながらも飼いならされてしまいそうになる姿が描かれた作品です。詩人だけあって表現力が豊か。装飾過多のところがややまどろっこしかったりはします。https://t.co/I4kTxHnCD2
hika_ninomiya「私が、ボケがきている、ここの家のハナって年寄り。よろしくね」ハナはなんでもやった。何をやっても、もうこわいものはなし、と調子をつけて歌い、フライパンの底をしゃもじでたたいて踊り狂った。 藤堂志津子「銀の朝、金の午後」年をとるのが少し、怖くなくなりました。#あの小説
qmabungaku【線結び】次の女流作家と直木賞受賞作の正しい組み合わせを選びなさい[A.林真理子|B.皆川博子|C.藤堂志津子][1.最終便に間に合えば|2.熟れてゆく夏|3.恋紅]→A-1、B-3、C-2
mmmr002【蛍姫/藤堂志津子】を読んだ本に追加 → https://t.co/gIIEBzz6U7 #bookmeter
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
藤堂志津子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)