トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 安東能明

安東能明

安東能明さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

安東 能明|あんどう よしあき|1956年 - は、日本の小説家・推理作家。
静岡県天竜市二俣町(現・浜松市天竜区二俣町)生まれ。静岡県立二俣高等学校、明治大学政治経済学部卒業 。浜松市役所に勤務する傍ら執筆を続け、1994年、「褐色の標的」で日本推理サスペンス大賞受賞(『死が舞い降りた』として刊行)。2001年、『鬼子母神』でホラーサスペンス大賞特別賞、2010年「随監」で日本推理作家協会賞短篇部門受賞。

受賞歴

安東能明関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

安東能明関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kiko45254616【消えた警官】安東能明 新潮文庫 #読本リスト
C3xAv #読了 死紋調査/安東能明事故死した子供が描いていた絵には死を表す形“死紋”が描かれていた。偶然それを拾った万里は同じ形を描いた子供達にも不幸が訪れていた事を知る。そして息子も…死から逃れる術はあるのか?というファイナル・デ… https://t.co/p8Uyueaeb7
shinchoebookbot『撃てない警官(新潮文庫)』(安東能明)本庁から左遷され、犯罪捜査を行ったことのない若き警部が……。胸を揺さぶる警官小説集。https://t.co/ZySMdm2w0d
wgTfDuIpVvZmQAv【境界捜査(祥伝社文庫 あ35ー6)/安東能明】集英社文庫でシリーズ一作目の「聖域捜査」以来の生安特捜隊シリーズ。タイトルに捜査って付くと読みたくなる(笑)結城警部率いる結城班に新たに女性刑事の… → https://t.co/h3xmcp3g3r #bookmeter
Munekyun_Novels俺はいったん、落ちるところまで落ちる。しかし、やられたことはやり返す。そこから、再び這い上がる。それを肝に銘じておけ。【柴崎/撃てない警官/安東能明】
AEycYtThRRHEIAM@mwjsince1947 警察小説には、簡潔ながら読者を引きつけるタイトルが多いですね。佐々木穣さんの「人質」「密売人」、今野敏さんの「焦眉」「廉恥」、安東能明さんの「広域指定」「限界捜査」など。#シンプルなのに印象深いタイトル
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    安東能明さんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)