トップページ > 作家名一覧 > さから始まる作家名一覧 > 笹本稜平

笹本稜平

笹本稜平さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

笹本 稜平(ささもと りょうへい)は、日本の小説家。
千葉県生まれ(1951年10月9日-)。立教大学社会学部社会学科卒。出版社勤務を経て、海運分野を中心にフリーライターとして活躍。2000年、「阿由葉稜」名義で『暗号―BACK‐DOOR』を書き下ろしてデビュー。本作品は後に『ビッグブラザーを撃て!』と改題され、笹本名義で文庫化された。2001年、2作目となる『時の渚』で第18回サントリーミステリー大賞と読者賞をダブル受賞。2004年には『太平洋の薔薇』で第6回大藪春彦賞を受賞。

笹本稜平新刊

  • 発売日
    2019年5月9日
  • 書名
    大岩壁 (文春文庫)
  • 発売日
    2019年4月17日
  • 書名
    転生-越境捜査-
  • 発売日
    2019年1月26日
  • 書名
    指揮権発動

受賞歴

笹本稜平関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

笹本稜平関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

8UpVm3LV7W2e6fU今日読み終わった本笹本稜平『天空への回廊』 文庫で662ページ。壮大なスケールで、専門性も高い、超大作。笹本ワールドにどっぷり浸かることができ、幸せな時間だったなぁ。 笹本稜平さんの博識ぶりに感嘆。さまざな分野でどんなに勉強されているのでしょう?
nakaTHEwa電車にて。目の前のひとが笹本稜平の遺産読んでる。おれも読みましたよ、って話しかけたい。
takeru00022最近最新刊『転生』の発売された笹本稜平さんの『越境捜査シリーズ』の読む順番をまとめました | ニコイチ読書 https://t.co/2nvZE2boPI
tokiwashizu藤崎翔『指名手配作家』笹本稜平『転生 越境捜査』(どちらも 双葉社) #志津に入荷してます https://t.co/Fhq0HroL2w
kashibucho続きまして書籍は、「リラと戦禍の風」(上田早夕里著)、「Blue」(葉真中顕著)、「同潤会代官山アパートメント」(三上延著)、「越境捜査 転生」(笹本稜平著)、ライトノベルで、「妹さえいればいい。 12巻」ほか入荷しております
kounanda_kitami双葉社さんから、笹本稜平さんの「転生 越境捜査」が入荷しました。消費者金融最大手マキオスの会長に君臨する槙村尚孝は、かつて一緒に空き巣を働いていた原口敏夫という男で、本当の槙村は三十年前に原口によって殺された。大人気「越境捜査」シ… https://t.co/YgnI1T4TXd
ToshikazuIida@ToshikazuIida [新刊発売] 2019-04-16 転生 笹本稜平 [単行本] https://t.co/ixwfXF9EvA #sinkan
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
笹本稜平さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)