トップページ > 作家名一覧 > たから始まる作家名一覧 > 田中啓文

田中啓文

田中啓文さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

田中 啓文|たなか ひろふみ|1962年11月9日 - は、日本の小説家・ホラー作家・SF作家・推理作家。大阪府大阪市生まれ。神戸大学経済学部卒業。
1993年、長編「背徳のレクイエム」(受賞時のタイトルは『凶の剣士』)で集英社が主催する第2回ファンタジーロマン大賞で佳作入選しデビュー(受賞作は藤原京『龍王の淡海(うみ)』)。同年、鮎川哲也が編集を務める公募短編アンソロジー『本格推理2 奇想の冒険者たち』にジャズを題材にしたミステリ短編「落下する緑」が採用される。デビューして5年ほどはヤングアダルト作品を発表していたが、1998年に初のホラー長編『水霊 ミズチ』を、2001年に初のSF短編集『銀河帝国の弘法も筆の誤り』を発表。同短編集の表題作で第33回星雲賞(日本短編部門)受賞。2009年、短編「渋い夢」で第62回日本推理作家協会賞(短編部門)を受賞(曽根圭介「熱帯夜」と同時受賞)。
2016年 短編「怪獣ルクスビグラの足型を取った男」で第47回星雲賞(日本短編部門)を受賞。
*宇宙作家クラブ会員だったが現在は退会している(1999年9月5日の宇宙作家クラブ大阪例会に出席した記録がある)。
*日本SF作家クラブ会員だったが、2015年時点で退会しているhttps://twitter.com/yuusakukitano/status/668323892625170432
*日本推理作家協会会員
*1993年 短編「落下する緑」が、鮎川哲也編の公募アンソロジー『本格推理』(光文社文庫)に入選し収録。同作はのちにシリーズ化され、連作短篇集『落下する緑』(創元推理文庫)に収録されている。
*1993年 『凶の剣士』で第2回ファンタジーロマン大賞に佳作入賞。ヤングアダルト系作家としてデビュー。
*1998年 『水霊 ミズチ』(角川ホラー文庫)でホラー作家として注目される。のちに映画化された。
*2000年 初の短編集『異形家の食卓』(集英社)刊行。筒井康隆が絶賛。
*2001年 初のSF作品集『銀河帝国の弘法も筆の誤り』刊行(ハヤカワ文庫JA)。タイトルはアイザック・アシモフ《銀河帝国の興亡》のもじり。森奈津子とまんがクインテットのメンバーが寄稿。
*2002年 短編「銀河帝国の弘法も筆の誤り」(上記『銀河帝国の弘法も筆の誤り』所収)で星雲賞短編部門を受賞。
*2004年 短編集『蹴りたい田中』刊行(ハヤカワ文庫JA)。タイトルは、同年出版界の最大の話題となった綿矢りさの芥川賞受賞作『蹴りたい背中』をもじったもの。「茶川賞(芥川賞のパロディ)受賞」という紛らわしい帯の惹句と小松藤茂(小松崎茂のもじり)のカバーイラストの本書は、「第130回茶川賞受賞後、突如消息を絶った伝説の作家・田中啓文。以来10年、その稀有なる才能を偲ぶ“遺稿集”」という設定であり、本文中においても、最終ページに田中啓文の功績を記念し「田中啓文文学大賞」を創設したという「財団法人『田中啓文記念財団』」名での告示が「平成219年2月」の日付で掲載されている等、冗談が尽くされている。
*2009年 短編「渋い夢」(連作短篇集『辛い飴』[創元クライム・クラブ]所収)で第62回日本推理作家協会賞短編部門を受賞。

受賞歴

田中啓文関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

田中啓文関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

motoka84548926『怪獣惑星キンゴジ』田中啓文特殊な設定だけど、しっかりミステリしてた。
jnb2019天下の豪商と天下のワル : 元禄八犬伝 2 / 田中啓文 著東京 : 集英社, 2021.3https://t.co/IAEMQi482Jhttps://t.co/qQf0Dap25M
cbgbgbbホラー小説読みだしたのっていつからだったっけとKindleのライブラリ見てたら綾辻行人の「殺人鬼」とか友成純一の「獣儀式」を買った2016年の秋辺りか本格的に色々買い出したのがその1年後くらいで田中啓文の「マガツフミ」や貴志祐介… https://t.co/j9yFiaVR8o
tikipi改めて自分の本棚を見てみると、一定数「落語界」を舞台にした本はそこそこ有る事に気づく紅梅亭シリーズや神楽坂倶楽部シリーズ大倉崇裕さんの「季刊落語」シリーズも好きだし、田中啓文さんの「笑酔亭梅寿謎解噺」シリーズ も好きゆっくりと落語、聴きたいなぁ
Munekyun_Novels「ああ……心配して損しましたよ」 「永見」 「はい……?」 「ありがとう」【永見緋太郎・唐島英治/ザリガニで鯛を釣る/田中啓文】
shueishabunko田中啓文『件 もの言う牛』。民俗学✖︎宗教問題✖︎警察小説。岡山県などに伝わる予言をする牛「件」をテーマにした濃厚ミステリー。件の件(くだんのけん)とはこの牛が語源なのだとか。その意味するところは、読めばわかります。凄い。… https://t.co/HTgT1XM6bV
writer_naritai・『怪獣ルクスビグラの足型を取った男』田中啓文先生→怪獣の足型をとる「怪獣類足型採取士」の男、福太郎
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    田中啓文さんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)