トップページ > 作家名一覧 > たから始まる作家名一覧 > 田中啓文

田中啓文

田中啓文さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

田中 啓文(たなか ひろふみ、1962年11月9日 - )は、日本の小説家・ホラー作家・SF作家・推理作家。大阪府大阪市生まれ。神戸大学経済学部卒業。
1993年、長編「背徳のレクイエム」(受賞時のタイトルは『凶の剣士』)で集英社が主催する第2回ファンタジーロマン大賞で佳作入選しデビュー(受賞作は藤原京『龍王の淡海(うみ)』)。同年、鮎川哲也が編集を務める公募短編アンソロジー『本格推理2 奇想の冒険者たち』にジャズを題材にしたミステリ短編「落下する緑」が採用される。デビューして5年ほどはヤングアダルト作品を発表していたが、1998年に初のホラー長編『水霊 ミズチ』を、2001年に初のSF短編集『銀河帝国の弘法も筆の誤り』を発表。同短編集の表題作で第33回星雲賞(日本短編部門)受賞。2009年、短編「渋い夢」で第62回日本推理作家協会賞(短編部門)を受賞(曽根圭介「熱帯夜」と同時受賞)。
2016年 短編「怪獣ルクスビグラの足型を取った男」で第47回星雲賞(日本短編部門)を受賞。
*宇宙作家クラブ会員だったが現在は退会している(1999年9月5日の宇宙作家クラブ大阪例会に出席した記録がある)。
*日本SF作家クラブ会員だったが、2015年時点で退会しているhttps://twitter.com/yuusakukitano/status/668323892625170432
*日本推理作家協会会員
*1993年 短編「落下する緑」が、鮎川哲也編の公募アンソロジー『本格推理』(光文社文庫)に入選し収録。同作はのちにシリーズ化され、連作短篇集『落下する緑』(創元推理文庫)に収録されている。
*1993年 『凶の剣士』で第2回ファンタジーロマン大賞に佳作入賞。ヤングアダルト系作家としてデビュー。
*1998年 『水霊 ミズチ』(角川ホラー文庫)でホラー作家として注目される。のちに映画化された。
*2000年 初の短編集『異形家の食卓』(集英社)刊行。筒井康隆が絶賛。
*2001年 初のSF作品集『銀河帝国の弘法も筆の誤り』刊行(ハヤカワ文庫JA)。タイトルはアイザック・アシモフ《銀河帝国の興亡》のもじり。森奈津子とまんがクインテットのメンバーが寄稿。
*2002年 短編「銀河帝国の弘法も筆の誤り」(上記『銀河帝国の弘法も筆の誤り』所収)で星雲賞短編部門を受賞。
*2004年 短編集『蹴りたい田中』刊行(ハヤカワ文庫JA)。タイトルは、同年出版界の最大の話題となった綿矢りさの芥川賞受賞作『蹴りたい背中』をもじったもの。「茶川賞(芥川賞のパロディ)受賞」という紛らわしい帯の惹句と小松藤茂(小松崎茂のもじり)のカバーイラストで評判になる。同書は「第130回茶川賞受賞後、突如消息を絶った伝説の作家・田中啓文。以来10年、その稀有なる才能を偲ぶ「遺稿集」という設定のもとに刊行されたもの。最終ページには、田中啓文の功績を記念し「田中啓文文学大賞」を創設したという「財団法人『田中啓文記念財団』」名での告示が「平成219年2月」の日付で掲載された。
*2009年 短編「渋い夢」(連作短篇集『辛い飴』[創元クライム・クラブ]所収)で第62回日本推理作家協会賞短編部門を受賞。

田中啓文新刊

  • 発売日
    2018年6月19日
  • 書名
    多々良島ふたたび ウルトラ怪獣アンソロジー (ハヤカワ文庫JA)
  • イラストレーター
    開田裕治
  • 発売日
    2018年5月18日
  • 書名
    鴻池の猫合わせ 浮世奉行と三悪人 (集英社文庫)
  • 発売日
    2018年2月28日
  • 書名
    シャーロック・ホームズたちの新冒険

受賞歴

田中啓文関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

田中啓文関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

4rk_pnz田中啓文『蹴りたい田中』を読む
tomo_el田中啓文「落下する緑 永見緋太郎の事件簿」読了天才?なテナーサックス奏者の永見緋太郎が日常?の謎を解く連作集ジャズは全然詳しくないけど描かれるライブの雰囲気にはうっとり永見の空気を読まない言動にハラハラしつつも先が気になって… https://t.co/rh7DVetgND
hamilton0422@Bookhon13 いえ、田中啓文とかかんべむさしが、ダジャレでゼラズニイ作品をモチーフに書いていないかと勘ぐっただけです。
yuusakukitano@mitsuharayuri 揺れが速くて怖かったくらいで、うちはほとんど被害なしです。大阪といっても、震源とは反対側ですから。田中啓文さんとか小林泰三さんのほうが揺れてるでしょうね。
Munekyun_Novels「でも……おまえ、よく歌を聴いただけでこれだけのことを……」 私が言いかけると、 「自分の耳以外になにが信じられますか」 永見はこともなげにそう言った。【唐島英治・永見緋太郎/淡泊な毒/田中啓文】
kurotaVV病院近くの書店で購入。◇「ウルトラ怪獣アンソロジー 多々良島ふたたび」山本弘、北野勇作、小林泰三、三津田信三、藤崎慎吾、田中啓文、西島伝法 ◇「ウルトラマンデュアル」三島浩司 ◇「死霊狩り/ゾンビー・ハンター(全)」平井和正、ハヤカワ文庫JA #書魔 #闘病記
kemohureちなみに一番直近で電波ゆんゆん系を期待して読んだのは、田中啓文先生の「シャーロック・ホームズたちの新冒険」凄く面白いSF短編集だったけど、電波ではなく、梶尾真治先生的な叙情的なロマンティックな傑作という感じで、電波は少なめでした(… https://t.co/AEEc5O1ZRo
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
田中啓文さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)