トップページ > 作家名一覧 > たから始まる作家名一覧 > 田中啓文

田中啓文

田中啓文さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

田中 啓文(たなか ひろふみ、1962年11月9日 - )は、日本の小説家・ホラー作家・SF作家・推理作家。大阪府大阪市生まれ。神戸大学経済学部卒業。
1993年、長編「背徳のレクイエム」(受賞時のタイトルは『凶の剣士』)で集英社が主催する第2回ファンタジーロマン大賞で佳作入選しデビュー(受賞作は藤原京『龍王の淡海(うみ)』)。同年、鮎川哲也が編集を務める公募短編アンソロジー『本格推理2 奇想の冒険者たち』にジャズを題材にしたミステリ短編「落下する緑」が採用される。デビューして5年ほどはヤングアダルト作品を発表していたが、1998年に初のホラー長編『水霊 ミズチ』を、2001年に初のSF短編集『銀河帝国の弘法も筆の誤り』を発表。同短編集の表題作で第33回星雲賞(日本短編部門)受賞。2009年、短編「渋い夢」で第62回日本推理作家協会賞(短編部門)を受賞(曽根圭介「熱帯夜」と同時受賞)。
2016年 短編「怪獣ルクスビグラの足型を取った男」で第47回星雲賞(日本短編部門)を受賞。
*宇宙作家クラブ会員だったが現在は退会している(1999年9月5日の宇宙作家クラブ大阪例会に出席した記録がある)。
*日本SF作家クラブ会員だったが、2015年時点で退会しているhttps://twitter.com/yuusakukitano/status/668323892625170432
*日本推理作家協会会員
*1993年 短編「落下する緑」が、鮎川哲也編の公募アンソロジー『本格推理』(光文社文庫)に入選し収録。同作はのちにシリーズ化され、連作短篇集『落下する緑』(創元推理文庫)に収録されている。
*1993年 『凶の剣士』で第2回ファンタジーロマン大賞に佳作入賞。ヤングアダルト系作家としてデビュー。
*1998年 『水霊 ミズチ』(角川ホラー文庫)でホラー作家として注目される。のちに映画化された。
*2000年 初の短編集『異形家の食卓』(集英社)刊行。筒井康隆が絶賛。
*2001年 初のSF作品集『銀河帝国の弘法も筆の誤り』刊行(ハヤカワ文庫JA)。タイトルはアイザック・アシモフ《銀河帝国の興亡》のもじり。森奈津子とまんがクインテットのメンバーが寄稿。
*2002年 短編「銀河帝国の弘法も筆の誤り」(上記『銀河帝国の弘法も筆の誤り』所収)で星雲賞短編部門を受賞。
*2004年 短編集『蹴りたい田中』刊行(ハヤカワ文庫JA)。タイトルは、同年出版界の最大の話題となった綿矢りさの芥川賞受賞作『蹴りたい背中』をもじったもの。「茶川賞(芥川賞のパロディ)受賞」という紛らわしい帯の惹句と小松藤茂(小松崎茂のもじり)のカバーイラストで評判になる。同書は「第130回茶川賞受賞後、突如消息を絶った伝説の作家・田中啓文。以来10年、その稀有なる才能を偲ぶ「遺稿集」という設定のもとに刊行されたもの。最終ページには、田中啓文の功績を記念し「田中啓文文学大賞」を創設したという「財団法人『田中啓文記念財団』」名での告示が「平成219年2月」の日付で掲載された。
*2009年 短編「渋い夢」(連作短篇集『辛い飴』[創元クライム・クラブ]所収)で第62回日本推理作家協会賞短編部門を受賞。

田中啓文新刊

  • 発売日
    2018年10月4日
  • 書名
    力士探偵シャーロック山 (実業之日本社文庫)
  • 発売日
    2018年6月19日
  • 書名
    多々良島ふたたび ウルトラ怪獣アンソロジー (ハヤカワ文庫JA)
  • イラストレーター
    開田裕治
  • 発売日
    2018年5月18日
  • 書名
    鴻池の猫合わせ 浮世奉行と三悪人 (集英社文庫)

受賞歴

田中啓文関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

田中啓文関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

ikafue昨日、高知市文化プラザかるぽーとの『桂九雀で田中啓文、こともあろうに内藤裕敬。』にお越しいただいた皆さん、ありがとうございました。本もたくさんお買い上げいただき、感謝感謝です。同じ建物にある「横山隆一記念まんが館」は素晴らしい施設で、とても短時間では全部観られませんでした。
2aB5qoeFK6P3ryU7年待ってた零號琴を2日で読み終わってしまった 色々意外でびっくりしたけどすごく面白かった途中えっこれあの作者田中啓文じゃないよね?って何回か思った
akatuki_bokura田中啓文さんの「オニマル」が刺さりすぎて……近場の書店においてなかったので最新刊まで注文したやったー
istvan0817@satosiTS 「西郷どん」を毎週見てる皆さんはもっと田中啓文先生の[火星のナンシー・ゴードン(銀河帝国の弘法も筆の誤り収録)]を読んでもいいんじゃないかなー、とぼくは思うんです。
sf_meimonku41歳の瑞々しい感性 / 田中啓文「蹴りたい田中」https://t.co/DcGf6vCvGb
kohamahamahama「桂九雀で田中啓文、こともあろうに内藤裕敬。」高知市文化プラザかるぽーと、無事に終わりました!みなみなみなさま、ありがとうございました!おかげさまでバラシも一瞬で終わり、帰りの電車に乗る前に贅沢させてもらいました。明日から馬車馬の… https://t.co/oN5ncNUsxH
s32sowaka桂九雀で田中啓文、こともあろうに内藤裕敬。笑粋亭梅寿謎解噺・立ち切れ線香の章
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
田中啓文さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)