トップページ > 作家名一覧 > もから始まる作家名一覧 > 盛田隆二

盛田隆二

盛田隆二さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

盛田隆二(もりた りゅうじ、男性、1954年12月23日 - )は、日本の作家。2007年度-2009年度、早稲田大学文学学術院客員教授。第一文学部・第二文学部・文化構想学部の講義を担当。2010年度より、淑徳大学エクステンションセンターにて「小説の書き方講座」を開講。
東京都目黒区出身。埼玉県立川越高等学校在学中に書いた短編「糠星」が旺文社小説コンクールで1等になり、「高二時代」1971年12月号に掲載される。同作品は短編集『あなたのことが、いちばんだいじ』に所収。明治大学政治経済学部政治学科卒。1975年から1977年まで、日本文学学校に学んだ。1978年、ぴあ株式会社に入社。情報誌「ぴあ」編集者の傍ら小説を執筆し、1985年「夜よりも長い夢」で第2回早稲田文学新人賞佳作入選。1990年のデビュー作『ストリート・チルドレン』が第12回野間文芸新人賞候補作に、1992年の第2作『サウダージ』は第5回三島由紀夫賞候補作となった。吉田拓郎の大ファンで、拓郎が出演した映画『幕末青春グラフィティ Ronin 坂本竜馬』(1986年公開)と連動した『THE BOOK OF Ronin』(ぴあムック・1986年刊)を企画し出版した。
「ぴあ」副編集長、「ぴあムック」編集長等を経て、18年間勤務した同社を1996年に退社、作家専業となる。2004年に刊行された『夜の果てまで』(角川文庫)は30万部のベストセラーに。2011年、『二人静』(光文社)で第1回Twitter文学賞(国内編第1位)を受賞。
また、1997年から2000年(第14回から第17回)、早稲田文学新人賞選考委員。2012年度より、川越市主催「高校生小説大賞〜糠星の輝き〜」選考委員長。date=2014年8月|1996年度-2005年度、日本ジャーナリスト専門学校で非常勤講師として「文芸演習」「文章実習」を講義。1998年度-2001年度、早稲田大学第一文学部・第二文学部で非常勤講師として「小説創作演習」「現代小説論」等を講義。2005年度より、明治大学の広報誌『明治』編集委員。埼玉県川越市在住。
*『ストリート・チルドレン』 1990年 講談社 / 2003年 新風舎文庫(巻末書評資料:吉本隆明・柄谷行人・岡田幸四郎・小笠原賢二他)/ 2009年 光文社文庫(解説:中川五郎)
*『サウダージ』 1992年 中央公論社 / 2004年 角川文庫(解説:北上次郎)
*『ラスト・ワルツ』 1993年 新潮社 / 2005年 角川文庫(解説:池上冬樹)
*『金曜日にきみは行かない』 1994年 朝日新聞社 / 2006年 角川文庫(解説:柴田元幸)
*『いつかぼくは一冊の本を書く』 1996年 フレーベル館
*『ニッポンの狩猟期2008』 1997年 集英社 / 2005年 角川文庫(『ニッポンの狩猟期』に改題/解説:川本三郎)
*『湾岸ラプソディ』 1999年 角川書店 / 2004年 角川文庫(『夜の果てまで』に改題/解説:佐藤正午)/ 2008年 麥田出版(台湾版『夜的盡頭』/翻訳:黄心寧)
*『リセット』 2000年 角川春樹事務所 / 2005年 ハルキ文庫(解説:重松清)
*『おいしい水』 2002年 光文社 / 2005年 光文社文庫(解説:谷村志穂)
*『散る。アウト』 2004年 毎日新聞社 / 2009年 光文社文庫(解説:枡野浩一)
*『あなたのことが、いちばんだいじ』 2005年 作品社 / 2010年 光文社文庫
*『Fruits of Shinjuku ― 新宿の果実』 2006年 IBC Publishing (洋販ラダーシリーズ・英語版/翻訳:Giles Murray) 
*『ありふれた魔法』 2006年 光文社 / 2008年 光文社文庫(解説:大崎善生)
*『幸福日和』 2007年 角川書店 / 2011年 角川文庫(『ささやかな永遠のはじまり』に改題/解説:瀧井朝世)
*『二人静』 2010年 光文社 / 2012年 光文社文庫(解説:よしもとばなな)
*『身も心も』(テーマ競作小説「死様」) 2011年 光文社 / 2014年 光文社文庫(解説:中江有里)
*『きみがつらいのは、まだあきらめていないから』 2011年 角川文庫(文庫オリジナル/解説:中江有里)
*『Les fruits de Shinjuku ― 新宿の果実』 2012年 Philippe Picquier (グラフィックノベル・仏語版/イラスト:Amandine Grandcolas/翻訳:Corinne Quentin)
*『いつの日も泉は湧いている』 2013年 日本経済新聞出版社 / 2016年 小学館文庫(解説:川本三郎)
*『残りの人生で、今日がいちばん若い日』 2015年 祥伝社 ISBN 9784396634568
*『父よ、ロング・グッドバイ 男の介護日誌』 2016年 双葉社 ISBN 9784575311266
*『蜜と唾』 2016年 光文社 ISBN 9784334911157

受賞歴

盛田隆二関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2016.8.31 文芸時評:8月 戦争文学 過去と現在を結びつける=田中和生

    今年はリオデジャネイロの夏季五輪の話題もあったが、八月は日本が戦争に負けたことを思い出す季節だ。

  • 2011.1.1 きらら著者インタビュー 盛田隆二さん『二人静』

    もたれあうのでも励ましあうのでもなく、微妙に支えあっていくような関係性が書けたら。 自由恋愛の世の中とはいっても、過酷な現実を背負っている人間たちにとって、恋は決して気ままにできるものではない。そんな状況のなかで、人と人が新たな絆を作ることはできるのか。盛田隆二さんの新作『二人静』は、事情を抱える大人の男女が出会い、少しずつ近づいていく様子を丁寧に描き出した大作だ。

盛田隆二関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

BoontexBoydo盛田隆二って物書きさんってすりガラス通してしか物事見られない人なんだな。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)