トップページ > 作家名一覧 > もから始まる作家名一覧 > 盛田隆二

盛田隆二

盛田隆二さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

盛田隆二(もりた りゅうじ、男性、1954年12月23日 - )は、日本の作家。2007年度-2009年度、早稲田大学文学学術院客員教授。第一文学部・第二文学部・文化構想学部の講義を担当。2010年度より、淑徳大学エクステンションセンターにて「小説の書き方講座」を開講。
東京都目黒区出身。埼玉県立川越高等学校在学中に書いた短編「糠星」が旺文社小説コンクールで1等になり、「高二時代」1971年12月号に掲載される。同作品は短編集『あなたのことが、いちばんだいじ』に所収。明治大学政治経済学部政治学科卒。1975年から1977年まで、日本文学学校に学んだ。1978年、ぴあ株式会社に入社。情報誌「ぴあ」編集者の傍ら小説を執筆し、1985年「夜よりも長い夢」で第2回早稲田文学新人賞佳作入選。1990年のデビュー作『ストリート・チルドレン』が第12回野間文芸新人賞候補作に、1992年の第2作『サウダージ』は第5回三島由紀夫賞候補作となった。吉田拓郎の大ファンで、拓郎が出演した映画『幕末青春グラフィティ Ronin 坂本竜馬』(1986年公開)と連動した『THE BOOK OF Ronin』(ぴあムック・1986年刊)を企画し出版した。
「ぴあ」副編集長、「ぴあムック」編集長等を経て、18年間勤務した同社を1996年に退社、作家専業となる。2004年に刊行された『夜の果てまで』(角川文庫)は30万部のベストセラーに。2011年、『二人静』(光文社)で第1回Twitter文学賞(国内編第1位)を受賞。
また、1997年から2000年(第14回から第17回)、早稲田文学新人賞選考委員。2012年度より、川越市主催「高校生小説大賞〜糠星の輝き〜」選考委員長。2005年度より、明治大学の広報誌『明治』編集委員。埼玉県川越市在住。
*『ストリート・チルドレン』 1990年 講談社 / 2003年 新風舎文庫(巻末書評資料:吉本隆明・柄谷行人・岡田幸四郎・小笠原賢二他)/ 2009年 光文社文庫(解説:中川五郎)
*『サウダージ』 1992年 中央公論社 / 2004年 角川文庫(解説:北上次郎)
*『ラスト・ワルツ』 1993年 新潮社 / 2005年 角川文庫(解説:池上冬樹)
*『金曜日にきみは行かない』 1994年 朝日新聞社 / 2006年 角川文庫(解説:柴田元幸)
*『いつかぼくは一冊の本を書く』 1996年 フレーベル館
*『ニッポンの狩猟期2008』 1997年 集英社 / 2005年 角川文庫(『ニッポンの狩猟期』に改題/解説:川本三郎)
*『湾岸ラプソディ』 1999年 角川書店 / 2004年 角川文庫(『夜の果てまで』に改題/解説:佐藤正午)/ 2008年 麥田出版(台湾版『夜的盡頭』/翻訳:黄心寧)
*『リセット』 2000年 角川春樹事務所 / 2005年 ハルキ文庫(解説:重松清)
*『おいしい水』 2002年 光文社 / 2005年 光文社文庫(解説:谷村志穂)
*『散る。アウト』 2004年 毎日新聞社 / 2009年 光文社文庫(解説:枡野浩一)
*『あなたのことが、いちばんだいじ』 2005年 作品社 / 2010年 光文社文庫
*『Fruits of Shinjuku ― 新宿の果実』 2006年 IBC Publishing (洋販ラダーシリーズ・英語版/翻訳:Giles Murray) 
*『ありふれた魔法』 2006年 光文社 / 2008年 光文社文庫(解説:大崎善生)
*『幸福日和』 2007年 角川書店 / 2011年 角川文庫(『ささやかな永遠のはじまり』に改題/解説:瀧井朝世)
*『二人静』 2010年 光文社 / 2012年 光文社文庫(解説:よしもとばなな)
*『身も心も』(テーマ競作小説「死様」) 2011年 光文社 / 2014年 光文社文庫(解説:中江有里)
*『きみがつらいのは、まだあきらめていないから』 2011年 角川文庫(文庫オリジナル/解説:中江有里)
*『Les fruits de Shinjuku ― 新宿の果実』 2012年 Philippe Picquier (グラフィックノベル・仏語版/イラスト:Amandine Grandcolas/翻訳:Corinne Quentin)
*『いつの日も泉は湧いている』 2013年 日本経済新聞出版社 / 2016年 小学館文庫(解説:川本三郎)
*『残りの人生で、今日がいちばん若い日』 2015年 祥伝社 / 2018年 祥伝社文庫(解説:北上次郎)
*『父よ、ロング・グッドバイ 男の介護日誌』 2016年 双葉社 / 2017年 韓国語版『아버지롱굿바이』(刊行:생각의힘)
*『蜜と唾』 2016年 光文社 ISBN 9784334911157
*『焼け跡のハイヒール』 2017年 祥伝社 ISBN 9784396635305

盛田隆二新刊

  • 発売日
    2017年10月11日
  • 書名
    焼け跡のハイヒール

受賞歴

盛田隆二関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

盛田隆二関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

tonytony0250かつて兄・頼朝の手によりその生涯を閉じた #源義経 …。義経=成吉思(チンギス・ハン)という説も流行ったもんで、その義経の孫、忽必烈(フビライ)が祖父の復讐〜が元寇みたいな…それと同じでやっぱり故 午馬氏(ウー・マ)=盛田隆二氏… https://t.co/Xc9yVp8oaL
necho_ii内田樹、小田嶋隆、山口二郎、金子勝、津田大介、江川紹子、香山リカ、想田和弘、室井佑月、盛田隆二、渡辺輝人、しばき隊(´・ω・`)どうかな?
SUSHImedia2017@YahooNewsTopics > 反安倍という病は、有権者の知的水準を一方的に低いままであると仮定している。盛田隆二さん、内田樹さん、小田嶋隆さん、津田大介さん、江川紹子さん、金子勝さん、山口二郎さん、想田和弘さん、渡辺輝… https://t.co/Xv1hSX3axz
chatarou10000Retweeted 盛田隆二『焼け跡のハイヒール』祥伝社 (@product1954):... https://t.co/sZNEHAdCX0
product1954現在、小学館『きらら』の連載「佐藤正午ロングインタビュー」にて、佐藤正午『夏の情婦』の文庫解説(盛田隆二)と、盛田隆二『夜の果てまで』の文庫解説(佐藤正午)をめぐって、佐藤正午氏が2号に亘って論を展開しており、次々号で僕も参戦する… https://t.co/3KPrIoSaMv
toiimasunomo佐藤正午。デビュー作のころを書いたエッセイを大切に保管していたことがある。仕事あります。ってタイトルだった、たしか。応募規定を大幅にオーバーした小説がデビュー作。盛田隆二の文庫の解説、佐藤正午の書いた文が一番好き。自分が目にした範… https://t.co/LHXpivcTqb
1_kidaポーランドのいるというのに、M&M’s のチョコを見て、盛田隆二さんの『夜の果てまで』を思い出した。何という引力。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)