トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > いとうせいこう

いとうせいこう

いとうせいこうさんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

いとう せいこう(本名:伊藤 正幸(読み同じ) 、1961年3月19日 - )は、日本のタレント、小説家、作詞家、ラッパー、俳優、ベランダーとして幅広く活動するクリエイター。株式会社エムパイヤ・スネーク・ビルディング取締役。2008年3月より株式会社キューブに所属。身長169cm、体重63kg。
葛飾区鎌倉町出身。父の伊藤郁男は元参議院議員で民社党政審副会長を務めた。
東邦大学附属東邦高等学校を経て、早稲田大学法学部へ進学。在学中からピン芸人として活動を始める。ニッポン放送からパーソナリティとしてのオファーがあったが、逆に裏方でラジオの仕組みを勉強したいと頼み、タモリの「オールナイトニッポン」のADをした。その傍ら、高原兄がパーソナリティだった時代の「ヤングパラダイス」では「穴ほりマン」として中継レポーターを務めていたこともある。

1984年、大学卒業後は講談社に入社。『ホットドッグ・プレス』などの編集部を経て、1986年退社。ヒップホップMCとして活動する傍ら、執筆活動も行い、1988年に発表した処女小説『ノーライフキング』は第2回三島由紀夫賞、第10回野間文芸新人賞の候補作ともなった。2006年より、園芸ライフスタイルマガジン『PLANTED』(毎日新聞社)の創刊編集長を務める。2013年、東日本大震災をテーマとした小説『想像ラジオ』が、第26回三島由紀夫賞および第149回芥川龍之介賞候補となり、第35回野間文芸新人賞受賞。「鼻に挟み撃ち」で、第150回芥川龍之介賞候補。現在は、近畿大学国際人文科学研究所の客員教授を務めている。

受賞歴

いとうせいこう関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

いとうせいこう関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kurotuki_2松尾スズキ - 老人賭博 (クワイエットルームにようこそ)いとうせいこう- ノーライフキング、想像ラジオ https://t.co/156QcDc6ST
Madeline_books#名刺代わりの小説10選それからはスープのことばかり考えて暮らした/吉田篤弘雨の扉/薄井ゆうじぼくは勉強ができない/山田詠美さがしもの/角田光代最果てアーケード/小川洋子想像ラジオ/いとうせいこうアップル・ソング/… https://t.co/YhhnC1mETq
memezutofrog『想像ラジオ』いとうせいこう最初読んだ時(文庫)変な感じした。木の上の人にすごい既視感。文章にはおかしいか既視感。「満月の夕」ガガガSPのアルバムで。経緯も何にも知らんで聴いたけども、なんか知らんすごい思うた。
bookmatome想像ラジオいとう せいこう (著) https://t.co/q91nEyPj8x
mikio_fukuda@himatsu_bushi28 いとうせいこうの「ノーライフキングを読んで、やられた高校時代。
kakidasibotこんばんは。あるいはおはよう。もしくはこんにちは。想像ラジオです。 「想像ラジオ」いとうせいこう
Matsunojo_info<帯之丞>僭越ながら、いとうせいこうさんの「想像ラジオ」文庫本の帯文を書かせていただきました https://t.co/eZ23Dp9Sba
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)