トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > いとうせいこう

いとうせいこう

いとうせいこうさんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

いとう せいこう(本名:伊藤 正幸(読み同じ) 、1961年3月19日 - )は、日本のタレント、小説家、作詞家、ラッパー、俳優、ベランダーとして幅広く活動するクリエイター。株式会社エムパイヤ・スネーク・ビルディング取締役。2008年3月より株式会社キューブに所属。身長169cm、体重63kg。
葛飾区鎌倉町出身。父の伊藤郁男は元参議院議員で民社党政審副会長を務めた。
東邦大学附属東邦高等学校を経て、早稲田大学法学部へ進学。在学中からピン芸人として活動を始める。ニッポン放送からパーソナリティとしてのオファーがあったが、逆に裏方でラジオの仕組みを勉強したいと頼み、タモリの「オールナイトニッポン」のADをした。その傍ら、高原兄がパーソナリティだった時代の「ヤングパラダイス」では「穴ほりマン」として中継レポーターを務めていたこともある。
1984年、大学卒業後は講談社に入社。『ホットドッグ・プレス』などの編集部を経て、1986年退社。ヒップホップMCとして活動する傍ら、執筆活動も行い、1988年に発表した処女小説『ノーライフキング』は第2回三島由紀夫賞、第10回野間文芸新人賞の候補作ともなった。2006年より、園芸ライフスタイルマガジン『PLANTED』(毎日新聞社)の創刊編集長を務める。2013年、東日本大震災をテーマとした小説『想像ラジオ』が、第26回三島由紀夫賞および第149回芥川龍之介賞候補となり、第35回野間文芸新人賞受賞。「鼻に挟み撃ち」で、第150回芥川龍之介賞候補。現在は、近畿大学国際人文科学研究所の客員教授を務めている。

受賞歴

いとうせいこう関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

いとうせいこう関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

sashimizakanaほかに、いとうせいこうのノーライフキング、大槻ケンヂの新興宗教オモイデ教、あたりが甲乙つけ難く好きな小説
kakidasibotこんばんは。あるいはおはよう。もしくはこんにちは。想像ラジオです。 「想像ラジオ」いとうせいこう
AM_exSn4_izigenいとうせいこう 著『想像ラジオ』#読了あなたの想像力を電波として、"想像の中"で再生されるラジオ。あらすじを語ったところで、それはきっと無意味に等しい。何故なら想像力がどこまでも膨らむ限り、想像ラジオは低い声でどっし… https://t.co/xKZYALuGu7
mattun_seizanゲームそのものの小説化ではないですが、ゲームと小説といってわたしが思い出すのはいとうせいこう『ノーライフキング』です。ゲームの中での切実さと現実での切実さ、子どもの中ではそんなに差がないんですよね。『MOTHER』のフライング… https://t.co/OC8YNk9kX3
bayonet_amenいとうせいこう著のノーライフキングは1日で読める短い本であり、非常に興味深い内容なので考察の好きな人は是非読んで貰いたいこれで読書会を開いたら各自の読解の違いが出てさぞ面白いだろうと思う
vhsxxいとうせいこう『ノーライフキング』今回読み直して、これがネットもない88年に書かれたという事実に改めて驚愕したし、同時にDQ3ブーム&GB,PCE,MDと新しいコンピュータが次々家庭に入り込んできたあの時代でないと書けない小説だ… https://t.co/ZELjPrYdc0
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)