トップページ > 作家名一覧 > なから始まる作家名一覧 > 永倉万治

永倉万治

永倉万治さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

永倉 万治(ながくら まんじ、1948年1月27日 - 2000年10月5日)は、日本の作家である。本名、長倉 恭一(ながくら きょういち)。晩年にはペンネームの表記を、「永倉 萬治(読み同じ)」と改めていた。
1989年(平成元年)、著書 『アニバーサリー・ソング』で、講談社エッセイ賞を受賞。
=
埼玉県志木市生まれ。立教高等学校(現在の立教新座高等学校)を経て、立教大学経済学部を中退。
劇団 「東京キッドブラザース」の公演に参加したが、ヨーロッパ公演の際に同劇団から退団した。その後は放送作家、雑誌編集者、広告プランナー等を務める傍ら、各種雑誌等にエッセーや小説を発表するようになり、1984年(昭和59年)からは執筆活動に専念した。
1981年(昭和56年)8月に、親交のあった向田邦子や志和池昭一郎とともに台湾へ取材旅行に行く予定であったが、入江泰吉のポスター展「大和路」の仕事が入ってしまい同行しなかった。その結果、向田と志和池が台湾で遠東航空103便墜落事故に遭遇して他界、永倉も難を逃れている。
1989年(平成元年)、番組出演のためにラジオ局に向かう途中の四ツ谷駅(東京都新宿区)で倒れ、脳出血の診断を受けた。右半身麻痺と失語症を生じたもの、リハビリテーションを経て執筆の再開を果たす。しかしながら2000年(平成12年)に脳出血を再発し(脳幹出血)、入院先の国立埼玉病院(埼玉県和光市)で死去した。

受賞歴

永倉万治関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

永倉万治関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

uekvyaiq136長い人生のうちには、体も心も最低の状態で、もう死んだ方がましだと思うこともある。ところが、死ぬのも結構難しい。となればもう、嫌でも、歯を食いしばってでも、希望の火を燃やすしかない。それが生きる手だ。 永倉万治
genesis5387何かをやって時間を損するということは絶対にない。貧乏旅をすれば、大学を二つ出たようなものだ。永倉万治(作家)
free_ai_life何かをやって時間を損するということは絶対にない。 貧乏旅をすれば、大学を二つ出たようなものだ。 永倉万治
ookoutimicca長い人生のうちには、体も心も最低の状態で、もう死んだ方がましだと思うこともある。ところが、死ぬのも結構難しい。となればもう、嫌でも、歯を食いしばってでも、希望の火を燃やすしかない。それが生きる手だ。 永倉万治
meigen_bird何かをやって時間を損するということは絶対にない。貧乏旅をすれば、大学を二つ出たようなものだ。by 永倉万治(日本の作家 ) #meigen #名言
CharlyKohgami長い人生のうちには、体も心も最低の状態で、もう死んだ方がましだと思うこともある。ところが、死ぬのも結構難しい。となればもう、嫌でも、歯を食いしばってでも、希望の火を燃やすしかない。それが生きる手だ。永倉万治…たとえほんの少しでも、光があるなら希望は捨てちゃいけない。
hukiyoki何かをやって時間を損するということは絶対にない。貧乏旅をすれば、大学を二つ出たようなものだ。永倉万治
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)