トップページ > 作家名一覧 > しから始まる作家名一覧 > 島尾敏雄

島尾敏雄

島尾敏雄さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

島尾 敏雄(しまお としお、1917年(大正6年)4月18日 - 1986年(昭和61年)11月12日)は、日本の作家である。
作品は超現実主義的な「夢の中での日常」などの系列、戦争中の体験を描いた「出発は遂に訪れず」などの系列、さらに家庭生活を描いた「死の棘」などの系列に大別される。また生涯書き続けられ、小説作品との決定的な差異は無いとされる日記や紀行文など記録性の高いテキスト群や南島論なども高い比重を占める。
妻は同じく作家の島尾ミホ。長男は写真家の島尾伸三で、漫画家のしまおまほは孫にあたる。心因性の精神症状に悩む妻との生活を描いた『死の棘』は小栗康平によって映画化され、第43回カンヌ国際映画祭にて最高賞パルム・ドールに次ぐ、 審査員グランプリを受賞した。
大学卒業後第十八震洋特攻隊隊長として、奄美群島加計呂麻島に赴任。1945年8月13日に特攻戦が発動され、出撃命令を受けたが発進の号令を受けぬまま即時待機のうちに終戦を迎えた経験を持つ。
「ヤポネシア」なる概念を考案したことでも知られる。
1917年(大正6年) - 横浜市で輸出絹織物商の長男として生まれる。
1936年(昭和11年) - 長崎高等商業学校に入学。中桐雅夫編集『LUNA』同人。
1937年(昭和12年) - 長崎高商の友人らと『十四世紀』を創刊するが発売禁止の処分に遭う。
1940年(昭和15年) - 九州帝国大学法文学部経済科に入学。翌年文科に移り東洋史を専攻する。
1943年(昭和18年) - 私家版『幼年記』を出版。夏、伊東静雄を訪ねる。
1944年(昭和19年) - 10月、第十八震洋特攻隊隊長となり、奄美群島加計呂麻島にて待機。
1946年(昭和21年) - 大平ミホと結婚。同人誌『光耀』を結成、三号まで続く。
1947年(昭和22年) - 神戸市外国語大学(当時・神戸市立外事専門学校)の世界史講師を務める。『VIKING』同人となる。
1948年(昭和23年) - 長男伸三生まれる。この年「単独旅行者」で文壇に認められる。
1950年(昭和25年) - 長女マヤ生まれる。4月、「出孤島記」及びその他の作品で第一回戦後文学賞受賞。長篇『贋学生』を刊行。
1952年(昭和27年) - 神戸市外国語大学を辞し、妻子とともに上京。東京都江戸川区小岩に居を構える。
1955年(昭和30年) - 『帰巣者の憂鬱』刊行。妻の病気療養のため奄美大島名瀬市に移住。
1956年(昭和31年) - 9月、短篇集『夢の中での日常』刊行。12月カトリック受洗。
1957年(昭和32年) - 『島の果て』刊行。鹿児島県職員となり県立図書館奄美分館に勤務。
1960年(昭和35年) - 『離島の幸福・離島の不幸』刊行。講談社より短篇集『死の棘』刊行。
1961年(昭和36年) - 「死の棘」で芸術選奨受賞。
1962年(昭和37年) - 『島へ』、『非超現実主義的な超現実主義の覚え書』刊行。
1963年(昭和38年) - 『出発は遂に訪れず』刊行。アメリカ国務省による招待旅行。11月沖縄旅行。
1964年(昭和39年) - 南日本文化賞受賞。沖縄本島、石垣島、宮古島を旅行。
1965年(昭和40年) - 第一回日ソ文学シンポジウムへ参加。
1967年(昭和42年) - 『島尾敏雄作品集』第5巻完結刊行。ソ連・東欧を単独旅行。翌年より長大な『東欧紀行』を連載。
1968年(昭和43年) - 自転車で谷川へ転落し負傷、半年以上入院し、後遺症のため更に数年苦しむ。
1972年(昭和47年) - 『硝子障子のシルエット』で第26回毎日出版文化賞。第1回南海文化賞受賞。
1973年(昭和48年) - 『島尾敏雄非小説集成』全6巻が冬樹社から刊行。
1975年(昭和50年) - 指宿市へ転居。鹿児島純心女子短期大学教授兼図書館長に就任。
1977年(昭和52年) - 茅ケ崎市へ転居。『日の移ろい』で第13回谷崎潤一郎賞受賞。
1978年(昭和53年) - 『死の棘』で第29回読売文学賞、第10回日本文学大賞受賞。
1979年(昭和54年) - 神戸市外国語大学の市民講座で「ヤポネシア考」の講義を行う。
1980年(昭和55年) - 『島尾敏雄全集』全17巻が晶文社より刊行。
1981年(昭和56年) - 日本芸術院賞受賞。
1983年(昭和58年) - 短編「湾内の入江で」で第10回川端康成文学賞受賞。
1985年(昭和60年) - 『魚雷艇学生』で第38回野間文芸賞受賞。
1986年(昭和61年) - 脳梗塞のため死去。

島尾敏雄新刊

  • 発売日
    2017年12月25日
  • 書名
    新編日本幻想文学集成 第8巻

受賞歴

島尾敏雄関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

島尾敏雄関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

nitta_sun書店にてぇ。佐藤春夫『田園の憂鬱』(370円E)島尾敏雄『島の果て』(680円E)を購入、今日は渋い本を購入。今日は簡単な音楽も多く聴いていたからか周りの反応が悪かった気がする。なるべく毎日Level6までとした読書とす… https://t.co/QNemVBe6Dt
platerillo78世界の果ての庭 西崎憲家族写真 辻原登インド夜想曲 アントニオ・タブッキ木々の私生活 アレハンドロ・サンプラ冬の日誌 ポール・オースター夜よりも大きい 小野正嗣死の棘 島尾敏雄体の贈り物 レベッカ・ブラウン… https://t.co/ZjdXDQmfHg
omagazinh@kubotakashi6074 死の棘や日の移ろいはいいですな。うちの祖父は島尾敏雄と個人的に面識あったそうです。
qma_LS_slo_bot1977年にベストセラーとなった島尾敏雄の小説で、1990年には小栗康平監督により映画化されたのは何?→死の棘(46%)
6CLfmhccxZmX6AG死の棘 (1977年)著者: 島尾敏雄新潮社2018/5/24(木) S.R. https://t.co/qANVYOQSN0
manoyama12 #美しいと思える小説のタイトル 悲の器(高橋和巳我が心は石にあらず(高橋和巳虚無への供物(中井英夫死の棘(島尾敏雄洪水はわが魂に及び(大江健三郎限りなく透明に近いブルー(村上龍されどわれらが日々(柴田翔甘い蜜の部… https://t.co/2i2qPjipdJ
brbrhokke「ミホ、来たよ、来たよ」と知らせると、こどもらは乗ったことのない自動車に乗るので大はしゃぎでいる。死の棘/島尾敏雄
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
島尾敏雄さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)