トップページ > 作家名一覧 > しから始まる作家名一覧 > 島尾敏雄

島尾敏雄

島尾敏雄さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

島尾 敏雄(しまお としお、1917年(大正6年)4月18日 - 1986年(昭和61年)11月12日)は、日本の作家。
大学卒業後に海軍予備学生に志願し第十八震洋特攻隊隊長として、奄美群島加計呂麻島に赴任。1945年8月13日に特攻戦が発動され、出撃命令を受けたが発進の号令を受けぬまま即時待機のうちに終戦を迎えた経験を持つ。「ヤポネシア」なる概念を考案したことでも知られる。
作品は超現実主義的な『夢の中での日常』などの系列、戦争中の体験を描いた『出発は遂に訪れず』などの系列、さらに家庭生活を描いた『死の棘』などの系列に大別される。また生涯書き続けられ、小説作品との決定的な差異は無いとされる日記や紀行文など記録性の高いテキスト群や南島論なども高い比重を占める。
妻はのちに作家となった島尾ミホ。長男は写真家の島尾伸三で、漫画家のしまおまほは孫にあたる。島尾の浮気に起因する心因性の精神症状に悩む妻との生活を描いた『死の棘』は小栗康平によって1990年に映画化され、第43回カンヌ国際映画祭にて最高賞パルム・ドールに次ぐ、 審査員グランプリ受賞となった。
=
1917年4月18日、神奈川県横浜市戸部3丁目18番地にて、父・島尾四郎、母・トシとの長男として生まれた。体の弱い内気な子供で、家の中で1人で遊ぶことが多かったという。ごく幼い頃に一時的に視力を失いすぐに回復したが、この時の不安と恐怖の記憶が心の奥に残った。のちに妹2人、弟2人、異母弟1人が生まれて6人兄弟となる。
母の体が弱かったこともあり、敏雄は父母の実家のある福島県相馬郡で過ごすことも多く、相馬と横浜を往復する幼少期であった。相馬郡では母方の祖母・井上キクが敏雄ら孫を預かって可愛がり、囲炉裏の炬燵で方言による昔話や説話をよく語り聞かせた。こうした東北のフォークロアの世界も敏雄の感受性を育てた。ちなみに相馬郡小高町を故郷に持つ作家には埴谷雄高(本名・般若豊)がおり、のちに同郷の奇遇を埴谷と驚き合うことになる。
1923年9月、横浜尋常小学校附属幼稚園に在園時、関東大震災により横浜の自宅が全壊したが、敏雄はちょうど重い病の後の療養で相馬郡にいて、一家も敏雄を迎えに福島に向かっていたため難を逃れた。この頃の大震災からの疎外体験については、後の戦争体験との類似においてエッセイ等でたびたび言及される。
1924年、横浜尋常小学校に入学し、7月と12月に学校雑誌『学之友』に図画と作文「ボクノナガグツ」が掲載された。その後1925年11月下旬に兵庫県武庫郡西灘村(現・神戸市灘区)に一家で移住し、西灘第二尋常小学校(現・神戸市立稗田小学校)に転校するが、自分の表現が活字になった時の体験により、小さな謄写版や片仮名のゴム活字を用いて独力で小冊子のようなパンフレット(『小兵士』『小兵士タイムス』『学びの声』)を編集・印刷することに没頭した。
1929年、神戸市葺合区(現・中央区)八幡通に一家が移り、神戸尋常小学校(現・神戸市立こうべ小学校)に転校。そこで当時国語教師をしていた小説家の若杉慧に綴方の指導を受ける。同じく神戸小学校で若杉に綴方、書方の指導を受けた陳舜臣が印象に残る生徒であった一方、島尾は目立たない生徒であったという。

受賞歴

島尾敏雄関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

島尾敏雄関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

qma_LS_slo_bot1977年にベストセラーとなった島尾敏雄の小説で、1990年には小栗康平監督により映画化されたのは何?→死の棘(46%)
matullica_ワシは逆に拗らせすぎて夢野久作を読まなかったオタク、谷崎潤一郎メインの安部公房&島尾敏雄添えですね
WD4TTFHFmDT5kHI@tomzt1026 島尾敏雄「死の棘」って虐待とは言えないかもしれないけど作者と思しき主人公が、狂った奥さんに浮気の事で無茶苦茶責められる小説で良くこんな物に賞をやったもんだと思う。
shoshitakou在庫紹介 「幼年期 島尾敏雄初期作品集 初函帯附録 」島尾敏雄  1967 ( 昭和42年 ) 徳間書店 https://t.co/HlFBeJkMXg
roumanha7三島「英訳する作品は何がいいかというアンケートがきたときに、ぼくはすぐ島尾(敏雄)さんの『死の棘』を挙げたのですけれども、あれは西洋人のヒューマニズムを震撼させますよ。」戦後の日本文学/伊藤整・本多秋五・三島由紀夫
samishira『死の棘』を読んだことがないのだが、島尾敏雄いいな 文章が好きだ
QZsUh9r#名刺代わりの小説10選日本文学編紫式部『源氏物語』夏目漱石『草枕』島崎藤村『破戒』宮沢賢治『銀河鉄道の夜』横光利一『時間』川端康成『山の音』島尾敏雄『死の棘』中上健次『枯木灘』古井由吉『白髪の唄』大江健三郎『懐かしい年への手紙』
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
島尾敏雄さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)