トップページ > 作家名一覧 > のから始まる作家名一覧 > 野間宏

野間宏

野間宏さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

野間 宏(のま ひろし、1915年(大正4年)2月23日 - 1991年(平成3年)1月2日)は日本の小説家、評論家、詩人。長編小説を多く書き、社会全体の構造をとらえる全体小説を志向した。また、最晩年まで社会的な発言を多く行ったことでも知られている。部落外の出身者だが部落解放同盟中央委員となった。
date=2013年3月12日 (火) 19:50 (UTC)
僧侶(在家の新しい流派を建てたので、既存の寺院に属してはいなかった)を父として、兵庫県神戸市長田区に生まれる。大阪府立北野中学校に進学する。
1932年、旧制第三高等学校在学中、同人誌「三人」を富士正晴(野間は富士の妹と結婚したので義兄)、竹之内静雄と創刊。
1935年、京都帝国大学に進学し、反戦学生運動に参加。
1938年、京都帝国大学文学部仏文科卒業。
1938年から大阪市役所に勤務し、被差別部落関係の仕事を担当した。
1941年に応召し、中国やフィリピンを転戦するも、マラリアに感染したため帰国。
1943年、社会主義運動の前歴を憲兵に追及され、思想犯として大阪陸軍刑務所で半年間服役。年末に出所後、監視つきで原隊に復帰。
1944年2月、召集解除。大阪の軍需工場に勤務していた時、敗戦を迎える。
敗戦後、日本共産党に入党。
1946年、『暗い絵』を発表し、作家生活に入る。
1951年、前年創刊された雑誌『人民文学』の編集にかかわる。
1952年、『真空地帯』で毎日出版文化賞を受賞。
1954年、詩集『スターリン讃歌』編集に参加。同書のためにスターリンを賛美した詩『星の歩み』『スターリン』を執筆。
1964年、ソ連に追随したとして、日本共産党から除名処分を受ける。
1971年、『青年の環』で谷崎潤一郎賞を受賞。
1973年、『青年の環』がロータス賞を受賞。
1974年、「日本アジア・アフリカ作家会議」の初代議長に選出される。
1977年、『差別・その根源を問う』『狭山裁判』など部落問題に関する言論活動が評価され、松本治一郎賞を受賞。
1989年、 『野間宏作品集』(全14巻・岩波書店)をはじめとする文学への貢献により、1988年度朝日賞を受賞。
1991年、食道癌の合併症により東京慈恵会医科大学附属病院で死去。エセー集『時空』(福武書店)と、大作『生々死々』(未完、講談社)が出された。
全22巻の『野間宏全集』(筑摩書房)、全14巻『野間宏作品集』(岩波書店)があるが、スターリンを賛美した作品は収録されなかったという。
*藤原書店より、『完本 狭山裁判』(上中下、1997年)と、『作家の戦中日記 一九三二-四五』(2001年)が出された。また『野間宏の会』を主催している。
*影書房で『野間宏集』 (戦後文学エッセイ選9、2008年)が出された。
*『真空地帯』発表時、大西巨人は、軍隊があまりに単純に悪として描かれていると批判し、「俗情との結託」と呼び、のち自ら軍隊を描いた『神聖喜劇』を発表した。
*三高から京大時代の数年間にわたる日記は、没後に『作家の戦中日記』として藤原書店から刊行されたが、それによると野間は痴漢行為や公衆便所の窃視の常習犯であり、若い女性に尾行と性器露出を繰り返し、友人たちから「野獣」と呼ばれ、みずからも「淫らな変態性欲者」と自嘲していた。ただし警察に捕まったことはなかった。
*1974年春に『青年の環』の担当編集者の田邊園子(当時37歳)を突然口説きはじめて田邊を啞然とさせたが、その場は来客があり、ことなきを得た。後に判明したところによると、野間はこの晩、男女が肉体的に結ばれる場面を田邊相手にみずから演じて書く予定だった。しかし野間はこの出来事を歪曲し「田邊が野間を誘惑して失敗した」と一部の人々にまことしやかに話し、信じさせた。田邊は「当時、私は勤務先の社長から奇妙な厭味を言われ、その後も長く、作家たちや他社の編集者から哀れみや同情、慰めの言葉、時には蔑みの視線を受けてきたことを忘れることが出来ない。野間夫人すら私の"失恋"を疑わなかった」、「ほとんどの人々は、常日ごろ"人権擁護"を標榜している作家が、他者の人権を踏みつけるような嘘を人に話して聞かせるとは信じないだろう」と記している。しかし野間はみずからの言動を「小説家は嘘をつくものです」と正当化していた。

野間宏新刊

  • 発売日
    2017年12月16日
  • 書名
    真空地帯 (岩波文庫)

受賞歴

野間宏関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

野間宏関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

nintai_meigen忍耐は意志に属しているように普通は言われ、また考えられているようだけれども、そうではないわ。忍耐は感情に属しているのよ。だから忍耐は悲しいものだし、苦しいものなの。(野間宏)https://t.co/n8cigfnCg2
jinbutu_hyogen【頬】「その皮膚の輝きがふとした拍子に彼女の冷酷な心を感じ取らせる頬」野間宏
qmabungaku【連想】『重き流れの中に』/『深夜の酒宴』/『永遠なる序章』/『邂逅』A.五味川純平B.久米正雄C.野間宏D.椎名麟三→D(しいな りんぞう)
genius_200(親鸞聖人は)その時代の矛盾、悪の一切を自分の身に引き受け、その重みによってひとりでに時代の底に沈み続けて、ついに時代をその底から越え出て行ったのである。(作家 野間宏)何かとっても文学的!
toru74543199元町映画館で《原一男監督特集》の『全身小説家』を観た。無料で観れるポイントカードの最終日で時間的に合うので観たけど本当に観て正解だった。野間宏氏の晩年の姿や土方鉄氏、瀬戸内寂聴氏が観れた。井上光晴氏の生きざまも、まざまざと観た。私的には色々な意味で残るドキュメンタリーであった。
sachikonodanna豊田市の美術館でブリューゲル。野間宏『暗い絵』ブリューゲルだった。
puyomonchi野間宏・沖浦和光「日本の聖と賎 中世篇」(河出文庫)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
野間宏さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)