トップページ > 作家名一覧 > はから始まる作家名一覧 > 埴谷雄高

埴谷雄高

埴谷雄高さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

埴谷 雄高(はにや ゆたか、1909年(明治42年)12月19日 - 1997年(平成9年)2月19日)は、日本の政治・思想評論家、小説家。本名般若 豊(はんにゃ ゆたか)。
台湾の新竹に生まれる。子供の頃から身体が弱く、常に死を身近に感じていたという。子供心に台湾において「支配者としての日本人」を強く意識し、罪悪感を覚えていた。
青年期に思想家マックス・シュティルナーの主著『唯一者とその所有』の影響を受け、個人主義的アナキズムに強いシンパシーを抱きつつ、ウラジーミル・レーニンの著作『国家と革命』に述べられた国家の消滅に一縷の望みを託し、マルクス主義に接近、日本共産党に入党し、もっぱら地下活動(農民団体「全農全会派」のオルグ活動)に従事し、思想犯取り締まりのため1932年に逮捕された。検挙後埴谷は未決囚として豊多摩刑務所に収監され、形式的な転向によって釈放された。
獄中ではカント、ドストエフスキーから圧倒的な影響を受けたという(ロシア文学については早くから影響を受け思索を強めていたものの、この時期を経てドストエフスキーを第一に挙げるようになり、実際に多くのドストエフスキー論を著している)。出獄後は経済雑誌の編集に携わり、敗戦を迎えた。元マルクス主義者、主義からの転向者と呼ばれることが多いが、シュティルナーの「創造的虚無」を自己の思考の根底に据えることは、終生変わることがなかった。
代表作は、存在の秘密や大宇宙について語りつくさんとし、第一章が『近代文学』創刊号(昭和20年12月30日付)に掲載された大長篇小説『死靈(しれい)』。全12章予定で未完作となったが幾度かの空白を挟み書き続け、死の直前まで第9章までを書き継いだ。ほぼ全編を、物語でなく観念的議論によって進行する世界文学史においても未曾有の形而上学的思弁小説であり、この一作で比類ない評価を受けた。他に埴谷自身が決定的な影響を受けたドストエフスキー論が著名。
埴谷の没した日には、有志によって「アンドロメダ忌」という記念会が催されている。

受賞歴

埴谷雄高関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

埴谷雄高関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

sinkuutei子「桃太郎読んで」親「昔々あるところに…」子「埴谷雄高っぽく」 親「それは或る地方の、名すらもあるか疑わしい様な、或る寂れた、だが住民が困窮しているという訳でもない、或る集落に住む、老人というに充分に齢を重ねた、人をし… https://t.co/Q39Oe2r4SR
St8GWBikWwNVhOV私は埴谷雄高が嫌いというより、端からよむ気がしない。埴谷といえば「自同律の不快」「不合理ゆえに吾信ず」「政治の幅はつねに生活の幅よりも狭い」とかの文句がよく挙げられるが、何でこんな当り前の事が埴谷に限って名言じみて扱われるのか、理解に苦しむというより、端から理解する気が起らない。
mikechatoranプルーストを読み終わったら、調子の乗って埴谷雄高を読んでみるか。今なら挫折せずに読めるきがしないでもない(言ってみただけww
kodoku_meigen単独者として生まれ、群棲者として生活すること。その矛盾の幅が私達の生の最初の幅である。(埴谷雄高)【名言ナビ】https://t.co/ZDA1JWnkew#meigen #名言 #孤独 #独り
zinruishimetsu私は或る後輩の方に、有福孝岳他編『カント事典』(弘文堂、1997年)を譲った。それには、埴谷雄高の項目もが存在する。書いたのは故・坂部恵氏である。氏は、その著書『カント』(講談社学術文庫、2001年)に於いても、埴谷に触れてい… https://t.co/jPmiKnv8Py
skybluejazz#最初に意識して読んだ有名作家の小説日本文学編大江健三郎 万延元年のフットボール倉橋由美子 聖少女森茉莉 甘い蜜の部屋安部公房 燃え尽きた地図埴谷雄高 死霊三島由紀夫 鏡子の家金井美恵子 愛の生活村上春樹 風の歌… https://t.co/3lmdCFhpHC
bibun_n_botNo.126 (エフェ)未完の長編小説「死霊」で有名な明治生まれの作家⇒はにやゆたか(埴谷雄高)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
埴谷雄高さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)