トップページ > 作家名一覧 > かから始まる作家名一覧 > 川口松太郎

川口松太郎

川口松太郎さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

川口 松太郎(かわぐち まつたろう、1899年(明治32年)10月1日 - 1985年(昭和60年)6月9日)は日本の小説家、劇作家、日本芸術院会員、戦後の大映映画の専務。本名松田松一とする資料もある。松田昌一の名で映画脚本も手がける。
東京市浅草区浅草今戸町(現在の東京都台東区今戸)出身。学歴は石浜小学校卒業。後妻は女優の三益愛子。三益との子は俳優の川口浩(長男)、川口恒(次男)、川口厚(三男)。、元女優で陶芸家の川口晶(国重晶)(長女)。
親は誰だかわからず、戸籍では島岡春吉姉よね私生児川口竹次郎庶子認知入籍とされる。養父の川口竹次郎は大酒飲みの左官職であった。
洋服屋や、警察署の給仕、1915年(大正4年)の夏から約1年間、栃木県芳賀郡にあった祖母井郵便局に電信技士として勤務などした後、久保田万太郎に師事する。1915年小山内薫門下の脚本研究会員1923年(大正12年)の関東大震災の後、大阪のプラトン社に勤め、直木三十五と共に働き、『苦楽』の編集に当たる。劇団新生新派主事1938年(昭和12年)、大映監査役専務1947年(昭和21年)、同取締役1960年(昭和34年)、明治座取締役制作部長、浪花楽天地監査役。
1935年(昭和10年)、『鶴八鶴次郎』などで第1回直木賞を受賞。代表作の『愛染かつら』(1937~1938)は、1938年(昭和13年)に映画化され、田中絹代・上原謙の主演で人気を博した。1964年(昭和39年)、文京区小石川水道町(現在の春日)へ移住、ここから亡くなるまで約20年間暮らすこととなる。1966年(昭和41年)、日本芸術院会員(第三部・演劇)。1973年(昭和48年)、文化功労者。
数多くの時代小説のほか恋愛小説などを多く書いた。『新吾十番勝負』などが代表作。妻の死後『愛子いとしや』を上梓して話題となった。『しぐれ茶屋おりく』は2007年(平成19年)、ロイヤル・タイラーによって英訳が刊行された。筒井康隆の小説『大いなる助走』の鰊口冗太郎のモデルである。東京都文京区春日の自宅建て替えを兼ね完成した重厚なデラックスマンション“川口アパートメント”は現存。

受賞歴

川口松太郎関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

川口松太郎関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

pastel_green34【タイ】 高石かつ枝の恋愛 川口松太郎⇒愛染かつら
qma_jidaigeki_bNo.142 (タイ)徳川吉宗の隠し子を主人公とした川口松太郎の時代小説は「○○十番勝負」?⇒しんご(新吾)
shibahama2/13発掘された映画たち2018「明治一代女」@フィルムセンター15時〜1955年新東宝111分川口松太郎 原作伊藤大輔 監督可燃性オリジナルネガからのダイレクトプリント シリーズ35ミリニュープリント素… https://t.co/0nNy3baNJA
QMA_taiyo(文タイ)第1回直木賞を受賞した作家は→川口松太郎(かわぐちまつたろう)ですが第2回直木賞を受賞した作家は?→鷲尾雨工(わしおうこう)ですが第1回芥川賞を受賞した作家は?→石川達三(いしかわたつぞう)
yositune_quiz第一回芥川賞→石川達三第一回直木賞→川口松太郎日本人フィールズ賞→受賞順に小平邦彦、広中平祐、森重文日本人ノーベル経済学賞→0日本人プリツカー賞、国連大学・東京都舎建築→丹下健三
kaorinbeeその昔、SFにはまっていた時にほしかった作家さんの本は出版社ではもう扱っていなかったため、図書館を使うしかなかった。川口松太郎も吉屋信子も黒岩重吾先生の全集も図書館がなければ読めなかった。
kazutomo1213本日も寒い中ありがとうございました
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
川口松太郎さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)