トップページ > 作家名一覧 > やから始まる作家名一覧 > 山口洋子

山口洋子

山口洋子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

山口 洋子(やまぐち ようこ、1937年5月10日 - 2014年9月6日)は、日本の著作家、作詞家。1985年(昭和60年)に直木三十五賞を受賞。愛知県名古屋市出身。京都女子高校中退。
1957年(昭和32年)、東映ニューフェイス4期生に選ばれる。同期には水木襄・佐久間良子・室田日出男・曽根晴美・花園ひろみ・山城新伍がいた。
その後、女優をあきらめた山口は、東京・銀座でクラブ「姫」を開店。各界著名人を顧客として抱え、経営に手腕を発揮した。また、同店にはホステスとして、元ミス・ユニバース・ジャパンの飯野矢住代が勤めていた。
漫才師のハイヒールモモコは姪(兄の娘)。
1968年(昭和43年)頃から作詞活動を開始。「噂の女」「よこはま・たそがれ」「ふるさと」「夜空」「うそ」「千曲川」「夢よもういちど」「雨の東京」「ブランデーグラス」「北の旅人」「アメリカ橋」などの多数のヒット作があり、特に1960年代後半から1970年代前半にかけて目覚ましい活躍をした。作曲家平尾昌晃とのコンビはこの時代を代表するゴールデンコンビとして知られる。1980年代からは小説の創作活動も始め、1985年(昭和60年)には『演歌の虫』、『老梅』で直木賞を受賞。
併せて、遠藤実が設立した日本音楽作家協会会長に就任後は協会を通じ、松井由利夫、冬樹かずみ等と後進の育成にも尽力した。
2014年9月6日、呼吸不全のため死去。満77歳。没後に第56回日本レコード大賞・功労賞を受賞。

受賞歴

山口洋子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

山口洋子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

LyricsAwardBot第33回(2000)入賞曲「逢えてよかった」作詞:山口洋子歌唱:山川豊窓を開けてくれ指の巾くらいそこから聞こえる 波音が過ぎたいい刻 運んでくるよ
yurushi_meigen女はどこまで行っても自分しか許せないが、男には他人を許せるところがある。(山口洋子)【名言ナビ】https://t.co/Ve4xX6SrQv#meigen #名言 #許し #許す
chii_oboeta_qma【直木賞】安西篤子:張少子の話宮尾登美子:一絃の琴佐藤愛子:戦いすんで日が暮れて山口洋子:演歌の虫杉本章子:東京新大橋雨中図藤堂志津子:熟れてゆく夏永井路子:炎環平岩弓枝:鏨師皆川博子:恋紅ちぃ覚えた
a_mina_songs別れ言葉を 背中にきいて涙見せずに さようならどうせ 酒場の恋物語騙されたのは ああ ああ 私ひとり酒場人形(1968)作詞:山口洋子 作曲:猪俣公章
mkwm80@littlebilly_bam ミスユニバース山口洋子さんのお店「姫」のホステスだった方ですね。
kekkon_meigen人間として上等な人間である男。そういう男性を選ばないと、女のあなたも荒んで滅んでしまう。いつまでもつまらない男と一緒にいるだけでは、女は女とし…(続きはWEBで)(山口洋子)https://t.co/jsleT5jsZ0
itukilovely1977年、心情演歌「風の子守唄」を最後に、師匠である山口洋子から巣立ち、本格的に外部の作詞家の作品を歌い始める。 #相互フォロー リツィート
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
山口洋子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)