トップページ > 作家名一覧 > たから始まる作家名一覧 > 田中光二

田中光二

田中光二さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

田中 光二(たなか こうじ、1941年2月14日 - )は、日本の小説家。SF作家、推理作家、冒険小説作家。日本の「SF作家第二世代」を代表する作家の一人。
日本統治下の朝鮮・京城(ソウル)生まれ。父親は漕艇のオリンピック選手であり作家でもあった田中英光。私小説的作品『オリンポスの黄昏』で、父との葛藤を描いている。父の自殺に伴い、父方の祖母に引き取られ、厳格な躾に反撥して育つ。
高校生の時、養家を出て実母のもとに引き取られる。早稲田大学第二文学部英文科卒業。NHKに入局し、教養番組のプロデューサーを務める。1971年にNHKを退社後、『幻覚の地平線』で小説家としてデビューする。初期には海洋やジャングルを舞台とした冒険SFを得意としたが、後にアクション物、架空戦記物などにジャンルを広げ、人気を博す。
1980年、『黄金の罠』で第1回吉川英治文学新人賞を受賞する。同年、『血と黄金』で第6回角川小説賞を受賞する。1988年から1991年の間、日本SF作家クラブの6代目会長を務めた。
2012年2月には著作が300冊となった。2月1日に日本SF作家クラブが主催で「田中光二さん300冊記念パーティ」が催された。
同年3月29日、青山霊園の先祖の墓前で自殺を図ったが、軽傷であった。
2013年、他のベテラン作家らとともに日本SF作家クラブ名誉会員となった。

受賞歴

田中光二関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2015.8.10 bestseller's interview 第70回 馳 星周さん

    出版界の最重要人物にフォーカスする『ベストセラーズインタビュー』!

  • 2012.2.16 わずか2週間の「架空戦記小説第1巻 85円セール」開催! 学研電子ストアにて2月29日まで

    株式会社学研ホールディングス(東京・品川/社長:宮原博昭)および株式会社学研パブリッシング(東京・品川/社長:増山敬祐)は、iPad/iPhone対応アプリ「学研電子ストア」(*1)にて、「架空戦記小説第1巻 期間限定85円セール」を開催します。

  • 2005.9.30 作家の読書道:第47回 馳星周

    『不夜城』で衝撃的なデビューをして以来、ノワールの旗手として多くの著書を生み出してきた馳星周さん。最新刊『楽園の眠り』(徳間書店)では幼児虐待をテーマに、女子高生と刑事が登場します。インタビューでは、北海道で過ごした少年時代、新宿ゴールデン街での学生アルバイト時代、「本の雑誌」での書評家時代に培われた読書歴が、馳さんの作品群を支えているのだと伝わってきます。窓越しに新宿御苑の広がるホテルで、葉巻をくゆらせながら語っていただきました。

田中光二関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

rairen_bot1:日本のSF作家 2:わが赴くは蒼き大地 3:スフィンクスを殺せ 4:幻覚の地平線 A:田中光二
sita500@Beat720 「奇想天外」は最近まで知らなかったのですが、入手した数冊を眺めると星新一先生、松本零士先生、筒井康隆先生、田中光二先生、小松左京先生などそうそうたる先生の寄稿もあり当時知っていたら私もファンになっていたと思います(笑)
fuzzwall02ニンジャ性が高くないと判断しましたが、ごく個人的なお薦め物件としては、『異星の人』(田中光二)と『信長 あるいは戴冠せるアンドロギュヌス』(宇月原晴明)があります。
kurotuki_3田中光二スフィンクスを殺せ 我が赴くは蒼き大地 幻覚の地平線 https://t.co/Nkll2yiSfh
kegasa200730年前の1977年にFM『音の本棚』でラジオドラマ化された田中光二原作『異星の人』のジョン・エナリン。中の音楽も覚えている。 https://t.co/DWFzN4V7Fm
sf_meimonku往きて、乱 / 田中光二原案・宮本昌孝著「往きて、乱(失われし者タリオン・5)」https://t.co/Mf3ugQ7fvD
monakayoshihiro今日、4月23日は#ドラゴンの日真崎守(原作:田中光二)「エデンの戦士」よりあくまでも「海獣」であり「ドラゴン」「竜」等の呼び名は無し(ちなみにこの「海獣」、実は、原作小説には登場しないのです)#真崎守 https://t.co/oLgz8GJySL
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
田中光二さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)