トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 安藤礼二

安藤礼二

安藤礼二さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

安藤 礼二(あんどう れいじ、1967年6月15日 - )は、日本の文芸評論家、多摩美術大学芸術人類学研究所所員、美術学部芸術学科准教授。
*東京都生まれ。
*早稲田大学第一文学部考古学専修課程卒業後、出版社に勤務。
2002年、「神々の闘争 折口信夫論」が第45回群像新人文学賞評論部門の優秀作に選ばれる。
2006年、『神々の闘争 折口信夫論』で第56回芸術選奨新人賞受賞。中沢新一の下で多摩美術大学助教授。
2007年 同准教授。
2009年、『光の曼陀羅 日本文学論』で第3回大江健三郎賞、第20回伊藤整文学賞受賞。
2015年、『折口信夫』で角川財団学芸賞、サントリー学芸賞受賞。

安藤礼二新刊

  • 発売日
    2018年6月2日
  • 書名
    大江健三郎賞8年の軌跡 「文学の言葉」を恢復させる

受賞歴

安藤礼二関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

安藤礼二関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

sasakiatsushi多摩美打ち上げは、他大辞めて来た学生とOB以外は全員一年生なので当然全員ソフトドリンクで、安藤礼二さんと僕だけがどんどん酔ってゆくという滅多にない楽しさでした!
orionaveugle『文芸年鑑 2018』(新潮社)が到着。「文芸評論」の項目で、安藤礼二さんが、「正統な文芸評論の系譜に連なるとともに、それを未来へ継承していく強い意志をもった」批評として、『世界にあけられた弾痕と、黄昏の原郷 SF・幻想文学・ゲー… https://t.co/absfRi3J9n
kuotupko30ei三島は天才的な言葉の使い手です。 虚構の物語と日本語の技術を窮めた彼が、 命を絶つことを前提に書いた最後の言葉。 :安藤礼二
cccmh_books●世界の思潮「没後五〇年、いま甦る大拙思想の可能性」(安藤礼二)https://t.co/Di0rYXL6XT『アステイオン85』
Aliss_ilA安藤礼二『折口信夫』読んでいて折口信夫の研究には哲学思想的側面があると思ったけど、手元にある『日本近代思想を学ぶ人のために』には同時代の鈴木大拙は載っているけど、折口信夫は載っていないということは、民俗学の功績が殆どと考えられているのだろうな
gunzo_henshubu【群像8月号】創作合評は、安藤礼二さん、蜂飼 耳さん、小澤英実さんに「窓」(古川真人)、「愛が嫌い」(町屋良平)、「シェーデル日記」(四元康祐)を評していただきました。
monyotano安藤礼二さんのtwitterはなぜ凍結されているのでしょうか…
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
安藤礼二さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)