トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 安藤礼二

安藤礼二

安藤礼二さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

安藤 礼二(あんどう れいじ、1967年6月15日 - )は、日本の文芸評論家、多摩美術大学芸術人類学研究所所員、美術学部芸術学科教授。
*東京都生まれ。
*早稲田大学第一文学部考古学専修課程卒業後、出版社に勤務。
2002年、「神々の闘争 折口信夫論」が第45回群像新人文学賞評論部門の優秀作に選ばれる。
2006年、『神々の闘争 折口信夫論』で第56回芸術選奨新人賞受賞。中沢新一の下で多摩美術大学助教授。
2007年 同准教授。
2009年、『光の曼陀羅 日本文学論』で第3回大江健三郎賞、第20回伊藤整文学賞受賞。
2015年、『折口信夫』で角川財団学芸賞、サントリー学芸賞受賞。

受賞歴

安藤礼二関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

安藤礼二関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

topper4326安藤礼二先生の『吉本隆明』リハビリ的に読み始めたら、あっさり読み終わる。呉智英先生のが面白過ぎたから、安藤先生のほうはどうかなーと思ったがなかなか良かった。でも、やっぱり、2枚目の写メみたいな文はよく分からないん… https://t.co/OZASkeSUhe
KEIOUP井筒俊彦英文著作翻訳コレクション 『言語と呪術』(井筒 俊彦 著、安藤 礼二 監訳、小野 純一 訳)言語は、論理であるとともに呪術である――。安藤礼二による解説「井筒俊彦の隠された起源」。https://t.co/8y3k2ebGIs
tokyorealism安藤礼二著『折口信夫』はそう遠くないうちに文芸文庫から出そう。
sakuhinsha作品社 重版情報。安藤礼二『列島祝祭論』3刷。天皇制の起源に遡り、神道・道教・修験・天台・真言・後醍醐など、天皇を軸として習合・展開されてきた日本的霊性の原型を根源的に探求。「日本経済新聞」「読売新聞」「朝日新聞」書評掲載! https://t.co/3MmggYwp05
honto_booktree【ピックアップページ更新情報】文芸評論家・安藤礼二や料理研究家・村上祥子など13名の多彩な執筆陣をピックアップ!ブックキュレーター詳細はこちら⇒https://t.co/x5J7gBpU5s #ブックツリー
seshiapple安藤礼二『迷宮と宇宙』 https://t.co/w2kAoyQ46p "文芸批評の集大成。現世と幽冥を行き来する者たちの壮大な文学史。文学とは、「胎児の夢」として紡がれた「迷宮と宇宙」である"
kyo_nobuko今日のキイワード:「習合」「習合」を経ることによって「原型」が立ち現われる。 起源は過去にしか探ることはできないが、原型とはこれから未来に立ち現われてくる可能性を探ることである。安藤礼二『列島祝祭論』より。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
安藤礼二さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)