トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 安藤礼二

安藤礼二

安藤礼二さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

安藤 礼二(あんどう れいじ、1967年6月15日 - )は、日本の文芸評論家、多摩美術大学芸術人類学研究所所員、美術学部芸術学科准教授。
*東京都生まれ。
*早稲田大学第一文学部考古学専修課程卒業後、出版社に勤務。
2002年、「神々の闘争 折口信夫論」が第45回群像新人文学賞評論部門の優秀作に選ばれる。
2006年、『神々の闘争 折口信夫論』で第56回芸術選奨新人賞受賞。中沢新一の下で多摩美術大学助教授。
2007年 同准教授。
2009年、『光の曼陀羅 日本文学論』で第3回大江健三郎賞、第20回伊藤整文学賞受賞。
2015年、『折口信夫』で角川財団学芸賞、サントリー学芸賞受賞。

受賞歴

安藤礼二関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

安藤礼二関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Port_B【明日開催!】シアターコモンズ’19 オープニング・シンポジウム 「未来の祝祭、未来の劇場」1月20日(日) 14:00-16:00港区リーブラホール登壇者:シャンカル・ヴェンカテーシュワラン (演出家)安藤礼二… https://t.co/OzIBRVj92P
KEIOUPMARUZEN&ジュンク堂書店渋谷店では『井筒俊彦英文著作翻訳コレクション』刊行記念 安藤礼二氏セレクション 『言語と呪術』をさらに読み解くための10冊を展開中! 井筒俊彦の言語論の真の起源にして幻の著作、『言語と呪術』の源泉とな… https://t.co/CBHJKQxJB6
somachiaki20日のオープニングシンポジウムに備えて、お招きするパネリストの安藤礼二さんのご著書をいろいろ読んでいるのだが、とくに「祝祭の書物」、5章「偶然」や6章「祝祭」はワーグナー、ニーチェ、マラルメ、バタイユ、折口、井筒俊彦などをつなぐ演劇論にもなっていて、面白すぎてやばい。
levinassienそして、今年7回目の新幹線で東京に向かうなう。午前中に今日のお仕事が終わったので、もう「余暇」です。安藤礼二『神々の闘争』の続きを読みながら、ときどき昼寝をします。
Bungakukai発売中の文學界2月号掲載の書評は、辻原登『不意撃ち』(阿部公彦評)、呉明益『自転車泥棒』(李琴峰評)、安藤礼二『大拙』(池田雄一評)、藤崎彩織『読書間奏文』(石井千湖評)です。
Takeridon安藤礼二『大拙』が面白かったので本棚から鈴木大拙『新編… https://t.co/2Uy3WErixH
cccmh_books●世界の思潮「没後五〇年、いま甦る大拙思想の可能性」(安藤礼二)https://t.co/Di0rYXL6XT『アステイオン85』
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
安藤礼二さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)