トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 安藤礼二

安藤礼二

安藤礼二さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

安藤 礼二(あんどう れいじ、1967年6月15日 - )は、日本の文芸評論家、多摩美術大学芸術人類学研究所所員、美術学部芸術学科准教授。
*東京都生まれ。
*早稲田大学第一文学部考古学専修課程卒業後、出版社に勤務。
2002年、「神々の闘争 折口信夫論」が第45回群像新人文学賞評論部門の優秀作に選ばれる。
2006年、『神々の闘争 折口信夫論』で第56回芸術選奨新人賞受賞。中沢新一の下で多摩美術大学助教授。
2007年 同准教授。
2009年、『光の曼陀羅 日本文学論』で第3回大江健三郎賞、第20回伊藤整文学賞受賞。
2015年、『折口信夫』で角川財団学芸賞、サントリー学芸賞受賞。

安藤礼二新刊

  • 発売日
    2018年6月2日
  • 書名
    大江健三郎賞8年の軌跡 「文学の言葉」を恢復させる

受賞歴

安藤礼二関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

安藤礼二関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

owu_news大妻学院創立110周年記念事業連続講演会。第6回は9月22日開催。文芸評論家で多摩美術大学教授の安藤礼二氏による講演「迷宮と宇宙」です。総合司会は高山宏副学長。入場無料。詳しくは創立110周年特設サイトで。#大妻女子大学… https://t.co/0Tx9MHbGO2
KEIOUP井筒俊彦英文著作翻訳コレクション 『言語と呪術』(井筒 俊彦 著、安藤 礼二 監訳、小野 純一 訳)言語は、論理であるとともに呪術である――。安藤礼二による解説「井筒俊彦の隠された起源」。https://t.co/8y3k2ebGIs
kumivi安藤礼二『折口信夫』(3996円)を思い切ってアマゾンに注文した。今年になってほとんどミステリを買わず読まずだったので、その分で買ったと自分に言い訳。最近読んでいる本はほとんど折口関連だ。
hotogaku→影響を受け、そして、その時代時代のなかで変貌してきたのだ。そして、いままさに仏教はその姿を私たちのまえでふたたび変貌させようとしている。目次予定*【論考・エッセイ】末木文美士/竹村牧男/大澤真幸/佐々木閑/彌永信美/鎌田東二/師茂樹/大谷栄一/安藤礼二/斎藤英喜/山下久夫/→
it_yabghu慶應義塾大学出版会 | 言語と呪術 | 井筒俊彦 安藤礼二 小野純一 絶対に買わずばなるまい本だ!!必ず示唆に富む指摘が有る筈。https://t.co/EDBHNQFzLZ
IAA_Tamabi【贈与と祝祭の哲学】『井筒俊彦英文著作翻訳コレクション:言語と呪術』は安藤礼二所員が監訳しています。https://t.co/Wg8aycH4z3 #言語と呪術 #安藤礼二 https://t.co/0G3gAR4TFt
ThetaEta@matsui_shigeru シャーマニズム?!! 以前、安藤礼二氏の講演/口演?で、「(井筒は追悼文しか発表していないが)エラノス会議で邂逅しているエリアーデと互いに関心を持ち合っていたのでは」という発言があったような記憶がある。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
安藤礼二さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)