トップページ > 作家名一覧 > おから始まる作家名一覧 > 大城立裕

大城立裕

大城立裕さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

大城 立裕(おおしろ たつひろ、1925年9月19日 - 2020年10月27日)は、日本の小説家。
沖縄県中城村出身。1943年、上海の東亜同文書院大学に入学し、1946年、敗戦により中退。高校教師を経て琉球政府、引き続き沖縄県庁の職員となり、主に経済・歴史編集畑を歩む。1967年、『カクテル・パーティー』で芥川賞を受賞し、沖縄初の芥川賞作家となる。「沖縄」の矛盾と苦しみと誇りをみつめた小説、戯曲やエッセーなど多くの作品を発表した。県の文化行政にも積極的に関わり、1983年から1986年まで沖縄県立博物館長を務めた。
2020年10月27日、死去。1925|9|19|2020|10|27。

受賞歴

大城立裕関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2015.4.15 大城立裕さん「レールの向こう」に川端文学賞

    2014年に発表された短編ベストワンに贈られる第41回川端康成文学賞(川端康成記念会主催)に15日、大城立裕さん(89)の「レールの向こう」(新潮14年5月号)が選ばれた。副賞100万円。贈賞式は6月26日、東京・虎ノ門のホテルオークラで。

  • 2014.7.30 おきなわ文学賞に新部門 伝統舞台戯曲

    9月に募集が始まる第10回おきなわ文学賞(主催・県文化振興会)に、10周年記念特別企画として新たに「伝統舞台(組踊・沖縄芝居)戯曲」部門が3年限定で設置される。

大城立裕関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kawajwa下川裕治:作家の大城立裕氏が亡くなった。先月、10月27日だった。95歳だった。 本棚にあった彼の本を抜き出す。付箋がいっぱい貼られ、書き込みも多い1冊。『休息のエネルギー』(農文協)である。 https://t.co/kAGYqG53bh
MAIMAIMAI466「本土の沖縄化」問題を革マル派のスローガン問題として矮小化してはならない。日本の左翼全体が抱える問題として考えなければならない。作家の大城立裕は1972年、既に「本土の沖縄化」問題を指摘しているが、日本の左翼は未だに反省もせず… https://t.co/lhJlxykjJI
namibiz大城立裕『朝、上海に立ちつくす』を読む。 https://t.co/9FaOO4WhhE
US1955「(本土への)同化と異化のはざまで揺れているのが沖縄の心」が持論だった。近年は独自のアイデンティティーを求める「異化が強まっている」…2020.11.28.朝日新聞5面(夕刊) 〈惜別〉大城立裕さん(上原佳久)10月27日死去(老衰)95歳
houzou1947(惜別)大城立裕さん米軍人・軍属の事件・事故について、日本側の裁判権を制限する日米地位協定は一度も改定されぬまま。半世紀前「カクテル・パーティー」で描いた米兵の性的暴行を裁けない状況と「一皮むけば同じ」 → https://t.co/HfTQESqrtv
tomori_hitoshi「沖縄タイムス」今日の読書面 ベストセラーズ【ジュンク堂書店那覇店】 ③大城立裕著「カクテル・パーティー」(岩波書店・1144円) ④両@リベ大学長著「本当の自由を手に入れるお金の大学」 ⑤奥山真司監修「地政学」 ⑥池上彰監修「なぜ僕らは働くのか」…
oeccoffeeそうだ。沖縄タイムスは日本から金をむしり取り、沖縄を中共に献上するのが仕事。補助金詐欺が組織的なのも頷ける。「日本に対抗するため沖縄は文化的独立を」精神性を重視した大城立裕さんの文学 | 沖縄タイムス+プラス プレミアム… https://t.co/vbR80qEH2c
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)