トップページ > 作家名一覧 > たから始まる作家名一覧 > 高橋睦郎

高橋睦郎

高橋睦郎さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

高橋 睦郎(たかはし むつお、1937年12月15日 - )は、日本の詩人、歌人、俳人。文化功労者・日本芸術院会員。
福岡県八幡市(現北九州市)生まれ。貧しい母子家庭に育ち、新聞配達と奨学金で福岡県立門司東高等学校に学ぶ。高卒後は就職を希望していたが母子家庭ゆえに就職試験で落とされ、家庭教師のアルバイトをしつつ福岡教育大学教育学部国語科に学ぶ。大学卒業半年前に肺結核と診断され、生活保護を受けて結核療養所に入り、2年間の療養生活を送る。1961年に快癒して療養所を出たが、結核歴のために教員への道を閉ざされる。大学卒業後、1962年上京し、日本デザインセンターにアルバイトで雇われ、1966年にはサン・アドに移る。以後、40歳代半ばまでコピーライターとして広告会社に勤務。
中学時代から「毎日中学生新聞」に作文・詩・短歌・俳句を投稿。在学中、処女詩集『ミノ・あたしの雄牛』を自費出版。また、『現代詩手帖』に作品を投稿し、採用される。1974年、学生時代の俳句をまとめた句集『舊句帖』の出版を機に安東次男に師事。現代詩も短歌・俳句の伝統詩も同じく詩であるという立場から各ジャンルを平行して制作。「非個性の詩、普遍的な詩」を志し、作風は端正かつ放胆。伝統詩においては定型を守りつつ、時代を超えた悠然とした詩作を試みる。詩のみならず、オペラ、新作能などの分野で精力的に芸術活動を続ける。詩の朗読でも知られる。
西洋古典文学にも深く関わり、ギリシャ悲劇「王女メディア」「オイディプス王」の蜷川幸雄演出の上演台本を作成した。
2017年、文化功労者、日本芸術院会員に選出。

受賞歴

高橋睦郎関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

高橋睦郎関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

TendoTaijin古典から現代までを網羅できる詩人高橋睦郎 9月26日(水)午後6時半から第1697回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、19回目の参加。西荻窪の数寄和(予約03-3390-1155)の宙に、詩集『つい… https://t.co/ZUSwLmJiIg
tachinyao八海山の蔵元八海醸造の底力を実感する『魚沼の里』にある『八蔵資料館』は、食に関する書籍を自由に閲覧できる。そこで見つけた高橋睦郎『詩人の食卓』(平凡社)。金子國義が挿絵を担当していて、なかなか味な本。 https://t.co/9tB0RRjiDE
jumping5555明日、現代作家アーカイブの「高橋睦郎さんインタビュー」です。申し込まれた方、お忘れなく!ついでながら、先々のイベント情報をお知らせします。1/5 https://t.co/hEbSBailMs
ryo_clash87『高橋睦郎詩集(現代詩文庫)』と『続・高橋睦郎詩集(現代詩文庫)』を読了。完成度の高い詩世界に驚くばかりだった。たとえば、『高橋睦郎詩集(現代詩文庫)』は『未青年』を読むような感覚があった。
gokuraku_oujyou八月や晝眞黑なる山かたち高橋睦郎 https://t.co/H0rygK1yJv
munekyunkomachi【今日の季語3154ー残暑、「残る暑さ・秋暑し」なども】《憎からず嬉しからずの残暑かな》《行き止まり残暑感じて引き返す》《見舞ふほどではなくなりし残暑かな》◆湯屋のある入江の町の残暑かな(高橋睦郎) #jhaiku #kigo #fhaiku #haiku
twryossy【今日の季語3154<232】残暑(ざんしょ):初秋の時候季語で「残る暑さ」「秋暑し」などとも。立秋を過ぎてもなお残る暑さをいう。朝晩は涼しさが感じられる時季にかえって猛暑が襲ってきたりする。◆湯屋のある入江の町の残暑かな(高橋睦郎) #jhaiku #kigo
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)