トップページ > 作家名一覧 > きから始まる作家名一覧 > 木崎さと子

木崎さと子

木崎さと子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

木崎 さと子(きざき さとこ、1939年11月6日 - )は、日本の小説家。芥川賞作家。
旧満州国の新京(現在の長春)に生まれる。父は応用化学者の横山辰雄(1904年 - 1993年、東京大学卒業、1961年工学博士、岡山理科大学教授から富山大学教授、名誉教授)。4歳で母を失い、継母に育てられる。皆川博子は従姉で、少女時代に文学を教えられた。1976年、夫のユネスコ本部出向で渡仏する。1979年、帰国、創作を始める。1980年、「裸足」で第51回文學界新人賞を受賞する(この時、木崎さと子の筆名を用いる)。1988年、『沈める寺』で芸術選奨新人賞を受賞する。

受賞歴

木崎さと子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2013.5.29 小川国夫さん 未発表作品・評伝 相次ぎ刊行

    ■原初への問い 3・11後の視点で

  • 2013.3.28 高橋・山口さんを表彰 とやま文学賞授賞式

    県芸術文化協会が主催する第31回とやま文学賞の授賞式が27日、県民会館で行われ、詩「光の棺(ひつぎ)」の高橋優子さん(57)=本名・守利(もうり)優子、富山市五福=と、短歌「肺葉(はいよう)の空」の山口桂子さん(66)=黒部市荻生=に賞状や正賞のブロンズ像が贈られた。

  • 2013.3.10 今週の本棚・情報:小川文学を考える講演会

    文芸雑誌での連載後、単行本化が待たれていた遺作・大作『ヨレハ記 旧約聖書物語』(ぷねうま舎・5880円)の刊行にあわせて、作家・小川国夫の特異な文学世界を振り返る記念講演会「小川国夫の残したもの」が、23日午後1時半から東京都中央区銀座4の教文館9階、ウェンライトホールで開かれる。

木崎さと子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

koshinokunibun〜富山文学ゆかりの地シリーズ②「瑞龍寺」〜高岡市関本町にある瑞龍寺は、高岡の町を開いた加賀藩二代藩主前田利長の菩提寺で曹洞宗の名刹です。少女期を高岡で過ごした木崎さと子の小説『楼門』では作品の重要な舞台の一つになっていま… https://t.co/5B1PcQW11g
raisen_bot2_qmaNo.67 次の1980年代の芥川賞受賞者と受賞作品の正しい組み合わせを選びなさい⇒村田喜代子―鍋の中、加藤幸子―夢の壁、木崎さと子―青桐
gairon_bot「別れをくり返す人は、自分自身を見つめたくない人じゃないでしょうか。」(木崎さと子)
bookrabu『空気階段の踊り場』を聴いたり、木崎さと子さんの「白い原」を読んだりした日。 #日記 #カクヨム新しく公開しました11月16日水曜日 - 箇条書き日記 - カクヨム https://t.co/uKv2SyMi2h
ShugoKondo若栗清子さんから『とやま文学』第29号(2011年3月)をお恵みいただく。第29回とやま文学賞受賞作「ボクの手紙」所収。木崎さと子さんの選評「文体という枠」と併せて拝読しました。深謝。
tatsuya10539163おはホイミン✨11月6日が誕生日
yokan7深い闇のなかでも、蛙は短い生を無心に唄うのだろう。(木崎さと子青桐)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    木崎さと子さんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)