トップページ > 作家名一覧 > ひから始まる作家名一覧 > 平岡篤頼

平岡篤頼

平岡篤頼さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

平岡 篤頼(ひらおか とくよし、1929年5月2日 - 2005年5月18日)は、日本の仏文学者、文芸評論家、作家。早稲田大学名誉教授。
大阪市生まれ。1952年早稲田大学文学部仏文科卒業。61年大学院文学研究科仏文学専攻博士課程満期退学。1957-60年パリ大学に学び、1962年早大文学部講師、65年助教授、70年教授、2000年定年、名誉教授。
アラン・ロブ=グリエ、クロード・シモン、マルグリット・デュラス等、ヌーヴォー・ロマンの翻訳で知られているが、バルザックやメリメ等も翻訳し、小説も書くなど、幅広い活動をおこなった。
作家としては1968年にクロード・シモン著「フランドルへの道」でクローデル賞を受賞。日本文学評論「変容と試行」などを著し、1982年に「消えた煙突」で、1983年に「赤い罌粟の花」で2度芥川賞候補となる。早稲田大学文芸専修の創設や「早稲田文学」刊行、「早稲田文学新人賞」発展にも尽力した。平岡のもとで学んだ教え子には、栗本薫、重松清、堀江敏幸、小川洋子、角田光代、勝谷誠彦らがいる。
没後、遺族による寄付を基に「早稲田文学」で「剣玉基金」が設置された。

受賞歴

平岡篤頼関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

平岡篤頼関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

F_Shizuo「白樺」というのをもう一度誰か読んで、全体的にみてくれるとたいへん面白いと思うんです。違うんです、それぞれ。似てるのは、生い立ちだけですよ、社会的地位だけですね。(平岡篤頼との対談)
m1000nin@Tori_Corleone アラン・ロブ=グリエ脚本ですし、観なくちゃいけないのに、なんだかハードル高そうで
PoohMapleweb ちくま「昨日、なに読んだ?」「File12.サンキュータツオ・選 :三人の師と出会った本中村明『名文』、平岡篤頼『パリその日その日』、野村雅昭『落語の言語学』」https://t.co/wQO1O0664h
AmitaMune1130平岡篤頼は未読だが、帯見て絶対面白いよなって思う。他の著作も探していたらすさまじくテキトーな帯を見つけてしまった。堀江敏幸ってデカデカと書いてたら売れると思いやがって。 https://t.co/fX7WdmRdn2
DurasienneMd堀江敏幸さんのお話に間に合った。拝見するの四半世紀ぶり。ビュトールの執筆スタイル、話し言葉や読むことによる練り上げ・反復の話が面白かった。『レペルトワール』を通してフランス文学の豊かさを再発見しよう。平岡篤頼先生のお名前が出て、日仏学院でモビールのお話をされていた姿を思い出した
consabaFile12.サンキュータツオ・選 : 三人の師と出会った中村明『名文』、平岡篤頼『パリその日その日』、野村雅昭『落語の言語学』|昨日、なに読んだ?|webちくま https://t.co/3laBfcifg3 #life954… https://t.co/heDKmVZGL7
Niwanionegaiおととし亡くなった高橋英夫の蔵書だった平岡篤頼『文学の動機』を買う。めっちゃいっぱい書き込みがしてあるので、読むのが楽しみ。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)