トップページ > 作家名一覧 > てから始まる作家名一覧 > 寺久保友哉

寺久保友哉

寺久保友哉さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

寺久保 友哉(てらくぼ ともや、1937年6月4日 - 1999年1月22日)は、小説家・精神科医。東京都出身。
北海道大学医学部在学中の1966年に、『ジャンパー』で「文藝」全国学生小説コンクール佳作。同人雑誌「くりま」に小説を発表し始める。なお「くりま」同人には渡辺淳一・高橋揆一郎などがいた。京都大学で研修後、札幌市中央区に「オフィス街クリニック」を開業し院長として診療に当たるかたわら、小説を書き続けた。1974年、「停留所前の家」で第8回北海道新聞文学賞受賞。1976年から1977年にかけ芥川賞候補に連続4回ノミネートされたが、いずれも受賞には至らなかった(第75回『棄小舟』、第76回『陽ざかりの道』、第77回『こころの匂い』、第78回『火の影』)。1986年、精神病・神経症に関するコラムを北海道新聞に連載している(全51回)。また1978年発表の『翳の女』は、1987年に『恋人たちの時刻』のタイトルで映画化。澤井信一郎が監督し、野村宏伸・河合美智子・真野あずさらが出演した。2004年にはDVD化されている。
北海道(特に札幌市とその周辺)が舞台となった恋愛小説や、精神科にまつわる小説を残した。

受賞歴

寺久保友哉関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

寺久保友哉関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

a_ranking_newsBOOK☆WALKER期間限定セール(4/23まで) 寺久保友哉『恋人たちの季節』 323円https://t.co/7SEkEHID3N
orionaveugle@beatnick190 高橋実「雪残る村」、上西晴治「オコシップの遺品」、大森光章「王国」、木野工「粧われた心」、寺久保友哉「棄小舟」、小檜山博「出刃」、あたりが同人誌から芥川賞候補になった名作ですね。
DaluMatsu寺久保友哉の小説中に五百円札出てきた。あったなあ。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)