トップページ > 作家名一覧 > わから始まる作家名一覧 > 和田芳恵

和田芳恵

和田芳恵さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

和田 芳恵(わだ よしえ、1906年4月6日 - 1977年10月5日 男性)は日本の小説家、編集者、文学研究者。樋口一葉研究をライフワークとした。代表作は『一葉の日記』(1943年)。
北海道山越郡長万部町出身。北海中学(現北海高等学校)、中央大学法学部独法学科卒業。新潮社勤務のかたわら同人誌に小説を執筆。
樋口一葉研究を行い、第二次世界大戦中に『樋口一葉研究』(1942年)などを刊行した。
戦後は大地書房に勤務、小説雑誌『日本小説』を創刊(「中間小説」を創始したと評される)。日本小説社を興して同誌の刊行を続けるが、経営に失敗し多額の負債を抱え、1949年から1952年まで失踪。
1953年より塩田良平と『一葉全集』を共編。1956年『婦人朝日』に名作モデル探訪を連載し、田山花袋の小説「蒲団」のモデル岡田美知代から最後の談話をとった。書き下ろしで刊行した『一葉の日記』(1956年)で、1957年日本芸術院賞を受賞。
小説『塵の中』で1963年下半期の直木賞を受賞。1975年『接木の台』で読売文学賞、1977年『暗い流れ』で日本文学大賞、1978年「雪女」で川端康成文学賞受賞。また『筑摩書房の三十年』(非売品、1970年)を執筆担当した。
1966年より土浦短期大学教授として日本文学を講じた。
1977年、十二指腸潰瘍による出血多量のため東京都大田区上池台の自宅で死去。墓所は茨城県古河市の宗願寺。
娘の陽子は詩人吉岡実の妻である。

受賞歴

和田芳恵関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

和田芳恵関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

8getter高見順『終戦日記』文春文庫 た-11-7 275p より1946年7月3日条和田芳恵を指す鷺沢文香「昔の人も、小倉餡でコーヒーを嗜んでいたようですね」相川千夏「意外と合うものなのよ」P「コーヒーと最中で一人15円、焼そ… https://t.co/IQg3WewOXk
kanro300●限定版 暗い流れ 和田芳恵・署名入り 限定220部の90番 昭和52年河出書房新社 背革装・天金 https://t.co/2O92UzY4qr
aosasa一葉さんのとこ和田芳恵さんだの大橋さんだの、そういう辺りを紹介していて実にいいですね(和田さんは一葉さんの遺族公認の研究者でござる、妹さんの片付け手伝ってた(研究者たちがまとめて戦く(あと文字かわゆい
tnkss3この「筑摩書房の三十年」を書いた和田芳恵(1906~1977年)は俺の母校である国縫小学校の大先輩!あんな田舎町の町外れの小学校から後の直木賞作家が生まれたと思うと感慨深い! https://t.co/YZtIIwyBMk
__G3N末富東作→初見貫作は草。面白そう直木賞とは……これじゃ読者にウケないよな、と思われていた作品でも、受賞すると一気に世間に歓迎されることがある不思議。――和田芳恵「転心」 - 直木賞のすべて 余聞と余分 https://t.co/xsXu0XNhb8
souls825今日の北海道先人カード(7)和田芳恵(長万部町)無人のフロアにカードが無造作に置いておった……https://t.co/Uxh3ZHPyms#北海道先人カード#和田芳恵 #長万部町#長万部町民センター#直木賞作家… https://t.co/AsRk0ZncSF
mizukami_jidai秋聲長男の徳田一穂も少しだけ登場するのですが、この一穂や和田芳恵、武田麟太郎、梅崎春生らが、神田の焼け跡で水上が山岸一夫と興した虹書房に集まっていたと。水上の師の宇野浩二は本郷にいたので、これは書かれていないですが至近距離の徳田家にも行ったことがあるのではないかと推測します。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
和田芳恵さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)