トップページ > 作家名一覧 > わから始まる作家名一覧 > 和田芳恵

和田芳恵

和田芳恵さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

和田 芳恵(わだ よしえ、1906年4月6日 - 1977年10月5日 男性)は、日本の小説家・文芸評論家。編集者の傍ら樋口一葉研究に没頭。多くの伝記・研究をまとめた。私小説作家としても知られ、晩年には老人の性愛を描いた短編で注目された。
北海道山越郡長万部町出身。北海中学(現北海高等学校)、中央大学法学部独法学科卒業。新潮社勤務のかたわら同人誌に小説を執筆。
樋口一葉研究を行い、第二次世界大戦中に『樋口一葉研究』(1942年)などを刊行した。
戦後は大地書房に勤務、小説雑誌『日本小説』を創刊(「中間小説」を創始したと評される)。日本小説社を興して同誌の刊行を続けるが、経営に失敗し多額の負債を抱え、1949年から1952年まで失踪。
1953年より塩田良平と『一葉全集』を共編。1956年『婦人朝日』に名作モデル探訪を連載し、田山花袋の小説「蒲団」のモデル岡田美知代から最後の談話をとった。書き下ろしで刊行した『一葉の日記』(1956年)で、1957年日本芸術院賞を受賞。
小説『塵の中』で1963年下半期の直木賞を受賞。1975年『接木の台』で読売文学賞、1977年『暗い流れ』で日本文学大賞、1978年「雪女」で川端康成文学賞受賞。また『筑摩書房の三十年』(非売品、1970年)を執筆担当した。
1966年より土浦短期大学教授として日本文学を講じた。
1977年、十二指腸潰瘍による出血多量のため東京都大田区上池台の自宅で死去。墓所は茨城県古河市の宗願寺。

受賞歴

和田芳恵関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

和田芳恵関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kaidouchiwami三上於菟吉と長谷川時雨の将棋写真長谷川春子『大ぶろしき』より。『「待った」をした頃』の和田芳恵の文章によると三上於菟吉の所でも作家を集めて将棋大会をやっていたらしい https://t.co/RCqjSe2K9k
wabisukemori柏原芳恵と和田芳恵を間違えたとみえる…笑ってしまったよ https://t.co/iRFbnM9rqu
vtCosmos_1101正解は『一葉の日記』。『紫式部日記』と『和泉式部日記』はそれぞれ紫式部、和泉式部の作(『和泉式部日記』は他作説もあり)ですが、『一葉の日記』は和田芳恵による樋口一葉研究の評伝です。『樋口一葉日記』と言う樋口一葉の書いた本もあ… https://t.co/V3UTfNzkjE
yoidorefuufu花心の闇にひっそりと咲く白い花赤い花黒い花故和田芳恵宅 © Kentaurus#note https://t.co/rko65vRGKN
zassakuplus「宝島」創刊号(昭和37年11月)~春季号(昭和40年3月)※日本大学芸術学部文芸学科研究室の文化総合誌(年刊)で、編集発行人は神保光太郎。赤塚行雄、松原博一、牛原虚彦、藤田勢津子、中島健蔵、瀬沼茂樹、和田芳恵、久保田正文らが執… https://t.co/5HZjmpFN8v
DF3vllllBCDye4y和田芳恵の『暗い流れ』読んでる。帰りに寄ったブック・オフで、駒沢敏器の本買う。
mizukami_jidai水上勉は和田芳恵の影響で武田麟太郎に耽溺した時代があったことを『文壇放浪』(中公文庫)に書いています。また「接木の台」などの和田作品に武田文学の「私」をデフォルメする方法が活かされているとも。このあたり秋聲文学が後進の作家たちにどのように継承されたかという視点で考えられそうです。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
和田芳恵さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)